エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】すっちーとの体験談 【セフレ】

朕が小学校6年生のときでした。
いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。
母が正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。
家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。
でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。
また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな、松嶋ななこのような背が高くて目が大きくて、本当によく覚えているのがシャツから零れ落ちそうなおっぱいでした。
90くらいはあって後にわかったのですが、Fカップでいつもどきどきしていました。
正樹君とは小学1年からの仲良しで家に遊びに行っておかあさんが写真を見せてくれながら、海外の特にエジプトの話を聞かせてくれたときのことをよく覚えています。
思えば朕が性に目覚めたのもこの奥さんが原因でした。
話をしてくれているときとかもいい香りのする香水が鼻をつき、お風呂上りでそのままタオル一枚で出てきたり、きている洋服も家の中ではホットパンツにキャミソールの格好で初めて朕々がたったな・・・という自覚を覚えたのも正樹君の母親でした。
3年生のときでした。トイレを借りたときにトイレを通るときに横にあった脱衣所でおかあさんの真っ赤なレースがついたパンティーを見つけてしまったのです。
痛いくらいに興奮した朕はだめだということもわかっていながら、手にとってしまい、トイレに入ってまだ先のかぶった朕々を思い切りしごいてしまいました。
パンティーを鼻に当てるだけで、なんかいやらしくかすかに残ったすっぱい匂い。
奥さんがつけていたのかと思うだけで5回くらいこすって股間が快楽のつぼにはまり、そのばにへたり込んでしまいました。
精子なんてもちろん出ません。それから10分くらい何回したかわかりません。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2013年7月21日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】隣のおばさんPART8【浮気】

水曜日おばさんからメールが「来て」8時を今日も回ってた。
おじさんが出かけた後すぐにだ。
俺は裏の勝手口からいつものように入っていく。
おばさんは俺を待っている、相変わらずTシャツに乳首が2個突き出している。
俺はおばさんを抱きしめてデープキスをする。おばさくんは俺の舌を吸う・・・・・。
俺はTシャツの下に手を入れて乳房を揉みしだく。俺は指の間に乳首を挟み強く挟む・・・。
乳首はたちまち勃起して堅くなっていく、俺はTシャツをまくりあげて乳首を口に含んで軽く噛む・・・・・。
おばさんは声を殺してもだえる、俺の手はおばさんのスカートの中に侵入する。
おばさんのあそこはもう洪水状態で、ヌルヌルして俺の指を吸いこむ・・・・。
俺はおばさんを床に寝かせスカートをめくりあげるとおばさんおあそこはピクピクしている。
俺はたまらずおばさんを口に含みビラビラを舌ですくい上げる、おばさんは腰を浮かせて俺の口におばさんを押し付ける。
俺は舌をおばさんに突き差し出し入れして、ピチャピチャ舐める・・・・・・。
おばさんは頭を振りながら行ってしまうった。眼は茫然とうつろになっている。
俺はズボンを下ろしおばんさんあてがい、腰を前に突き出しと、俺は深くおばさんに飲み込まれた・・・・。
俺は構わず深くおばさんを攻めたて出し入れを繰り返す。おばさんは頭を振りながら腰を大きく俺にぶつけてくる。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2013年7月15日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【童貞】僕の初エッチ 【処女】

僕が小学校6年生のときでした。
いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。
母が正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。
家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。
でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。
また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな、松嶋ななこのような背が高くて目が大きくて、本当によく覚えているのがシャツから零れ落ちそうなおっぱいでした。
90くらいはあって後にわかったのですが、Fカップでいつもどきどきしていました。
正樹君とは小学1年からの仲良しで家に遊びに行っておかあさんが写真を見せてくれながら、海外の特にエジプトの話を聞かせてくれたときのことをよく覚えています。
思えば僕が性に目覚めたのもこの奥さんが原因でした。
話をしてくれているときとかもいい香りのする香水が鼻をつき、お風呂上りでそのままタオル一枚で出てきたり、きている洋服も家の中ではホットパンツにキャミソールの格好で初めてちんちんがたったな・・・という自覚を覚えたのも正樹君の母親でした。
3年生のときでした。トイレを借りたときにトイレを通るときに横にあった脱衣所でおかあさんの真っ赤なレースがついたパンティーを見つけてしまったのです。
痛いくらいに興奮した僕はだめだということもわかっていながら、手にとってしまい、トイレに入ってまだ先のかぶったちんちんを思い切りしごいてしまいました。
パンティーを鼻に当てるだけで、なんかいやらしくかすかに残ったすっぱい匂い。
奥さんがつけていたのかと思うだけで5回くらいこすって股間が快楽のつぼにはまり、そのばにへたり込んでしまいました。
精子なんてもちろん出ません。それから10分くらい何回したかわかりません。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2013年5月30日 | エッチ体験談カテゴリー:初体験談

【人妻】僕の初エッチ【浮気】

僕が小学校6年生のときでした。

いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。

母が’正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!’といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。

家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。

でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2012年12月25日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ