エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】友達のパンツで抜いたったwwwwwwwwww【セフレ】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水)23:57:17.19ID:xVAYDr400<>
先月の話です、
同じサークルの4人で宅(女)飲みしてた訳だ

酒に弱い俺は開始1時間でくたばって寝てた
その間も他の3人はもちろん飲み続けていた

1時間くらいして目覚めた俺はほろ酔い状態であった訳だが
俺には酔うと一気させようとする癖がある。
計2時間飲み続けている他3人に一気を強要する俺
止まらない一気ともどすの繰り返し
そのとき俺は一気はせずにちびちび飲んでいた

結局3人はそのまま倒れるように寝てしまった
その後一気させた申し訳なさに缶の片付けや床の掃除を一人黙々とこなしていて、ふと

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||

2015年6月23日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【会社】初パイズリは37歳 【職場】

私はサラリーマンとして中間管理職というポジションで働いています。
妻と子が二人いてどこにでもあるありふれた家庭です。

私はおっぱいが好きで、妻はDカップあって満足していた。
基本的には今でも毎週セックスしています。
ある日、私の下に新人の女子社員が配属されてきました。
ポニーテールがよく似合う若い娘で顔は芸能人で言うと瀧本美○さんに近い。
背は160センチくらいで普通。
まだ初々しいリクルートスーツに胸の膨らみがボリューミーでした。

彼女が配属されてから数日、歓迎会で話をして評価を得たいのかかなり話をしてきた。

それから仕事をする上で、二人で営業に行くこともあり
帰りに呑みに行く機会が何度かあった。
当然私みたいなスケベ親父はおっぱいが気になって仕方がない。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年6月22日 | エッチ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【友達】黄(き)濡れの貴婦人 【セフレ】

先日、親友の仁美が一人暮らしの私の部屋へフラリと遊びに来ました。
仁美は学生時代からの親友で、女優の広末涼子と小雪を足したような美人です。
美しさを鼻にかけることもなく、優しく想いやりがあり、人懐っこく
サークルのアイドルのようだった彼女の友達であることを、
私は秘かに自慢に感じていました。

仁美が私の部屋から帰る際、「しばらく預かって欲しい」と紙袋を私に渡しました。
中を覗くとと数十本のDVDのようでした。
「これ何?DVD?なんでうちに?」と問いかけると
「韓国ドラマの録画なの〜。友達に借りてきたんだけど、今日は旦那が家にいるから・・・
持って帰り辛くて(笑)今度取りにくるまでお願いっ!!
●●は韓流ドラマなんて興味ないから邪魔だろうけど」
と答えが帰ってきました。
「韓流なんて、全く興味ないって言ってなかった?」
私が尋ねると、仁美は少し慌てたようなそぶりで

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年6月17日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【妹】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも 【兄】

僕は、大学2年でまだ19歳です。
中高と男子校に行ってしまったので、女の子とは本当に縁のない日々を送っていました。

それが、今年の夏、一気に色々な体験をする事が出来ました。きっかけは、夏休み前にかかってきた、叔母からの電話でした。
叔母さんは、僕が赤ちゃんの頃にオムツを替えてもらったり、まだ僕が小さい時にも色々なところに遊びに連れて行ってもらったりで、すごく仲が良いのですが、頭が上がらないところもあります。

そんな叔母に、従姉妹のほのかちゃんの家庭教師を任命されました。でも、それはただ働きと言うことではなく、ちゃんとした報酬ももらえる、バイトみたいな感じでした。叔母さんは、そう言うところはきっちりとしてくれるので、貧乏学生の僕にはありがたい申し出でした。

そして、久しぶりに叔母さんの家に行き、ほぼ1年ぶりくらいにほのかちゃんに会いました。ほのかちゃんは、5年生にしては落ち着きが有る、妙に大人っぽい感じの美少女に成長していました。
僕の中では、ほのかちゃんは真っ黒に日焼けをして、刈り上げ頭のボーイッシュすぎる女の子というイメージだったので、驚きました。

『お兄ちゃん、久しぶり#12316;!! 元気だった!?』
ほのかちゃんは、見た目こそ美少女になっていましたが、中身は元気でボーイッシュなままでした。
『よかったわね。ずっとお兄ちゃんお兄ちゃんって言ってたもんねw』

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年6月15日 | エッチ体験談カテゴリー:妹との体験談

【友達】漫画喫茶での出来事【セフレ】

俺が漫喫に行った時の話だ。
一人でエロマンガを個室で読んでいた所、
隣に若い女性2人組みが個室に無理矢理2人で入ってきた。
俺のよくいく漫喫は、微妙下から隣が覗けるぐらいの隙間があるんだ。
その隙間からつい出来心で覗いたらさ、いきなり暗いの。
ん?と思ってみてると、ケツが目の前にあって暗かったわけ。
やたら興奮してさ。
すると隣の部屋の女が1人トイレに行くって言い出したから、
俺も何気なしに顔を見る目的でトイレに行ったんだよ。
で、顔確認。やべーマジ可愛いって感じでさ。
それからさらに興奮だよ。部屋に戻った俺はまた下から1人で待っている友達を覗いてた。

隣にいる一人の子を覗いてたら、さっきトイレに行った子が帰ってきた。
また俺の目の前に座るもんだから、彼女のお尻が目の前にw

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年6月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【痴漢】中央線のポニー 【強引】

朝の中央線の■■駅車内は混雑するというのは有名な話みたいですね。
当時のオレはそんなこと全く知らなくて、■■駅の隣の××駅で朝7時半に下車した。
目的は皮膚科。
季節の変わり目になると手の荒れがひどくなるんです。
手が常にヒリヒリしてて、仕事中も常にイライラする。
色々な皮膚科に行ったけどダメ。
同僚に相談したら、××駅前の皮膚科がいいって話。
朝予約して、夕方に会社を抜け出して診察してもらう計画を立てた。

無事、病院で受付を終え(この時点で30人近くの診察待ち)8時ちょい過ぎに××駅の上りホームに戻るとすげぇ人だかり。
階段もドミノ倒しが起きることを考えると怖いくらい。
なんだこれ!?これがデフォなの?と思いつつも
ホームに入り、とりあえず列が一番短いところに並んでみる。学生がけっこう多いなと、ふと思った。
階段付近は込み合うから空いてるドアから乗車してくださいとアナウンスが流れる。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2015年6月14日 | エッチ体験談カテゴリー:痴漢体験談

【友達】少女の花びら ⑧【セフレ】

『 第八章  裏名milk小学校 』

“グッチャ ズイクッチャ グッチャ ズイクッチャ”と授業中の女子トイレから
肉と肉が擦れるイヤらいし音がする
俺は夏季制服に衣替えした裕子がたまらなくなり女子トイレに連れ込んで
バックでセックスをしている最中だ
裕子のスカートを捲り上げ小さく可愛いお尻を掴んで引き寄せ
「今日は熊の絵があるパンツだな たまらねぇなぁ 」
裕子は瞳を”トロリ”させて振り向き「だって 先生 絵柄のパンツ好きでしょ」
超ロリ好きの俺はアニメ柄入りのパンティを見ると興奮が高まり裕子の膣内で
肉棒が”ビックンビックン”と鼓動しながら更に強大化して行く
裕子の発達途中の膣内口を引き裂くように時々”ズッキッビリ”と鈍い音がする
純白シャツの上から乳房を揉み回しながら「最近 裕子ちゃんのオッパイは
また大きく成ったな 先生が揉んでいるからかな」
「そう ママが大きいから裕子も うっ そこそこ 先生そこよ ああん」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年6月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】亜希【セフレ】

初めまして、私は亜希と言います
私、恥ずかしい思いをすることが今、とても好きなんです
それは、私がある画家の先生に付いてモデルを始めた事がきっかけでした。
もちろん、ヌードです 先生の前で一枚ずつ着ている服を脱いでいく恥ずかしさ、最後の一枚を取ってしまったとき何とも言えない恥ずかしさで、私のアソコが熱くなってくるんです
特に最近では、お互いに馴れたせいもありますけれど恥ずかしいポーズをとらされることがあります。
ちょうど、背後位のような格好なんです
描いている20分から30分の間は、姿勢を変えられませんそのとき、私の足の開き方が少ないと言われ、先生が私の側に来て、そして足下へまわりました。
そして、大きく足を開いたんです、私は身体を支えるのがやっとでした、先生の目には私の恥ずかしい所がはっきりと見えていると思った時、熱いものが溢れてくるのが分かりました
先生が見ている、と思うといてもたってもいられないほど感じてしまいました。
本当はその時、先生に触って欲しいとすら思いました
休憩時間になって私はトイレへ駆け込み、夢中でオナニーをしました。
自分で触ってみて、こんなに濡れてしまっている私のアソコを見られていたのかと思うと、もうたまらなくって、先生の目を思い出して、激しく擦ってイッテしまったんです
こんな淫らな思いを告白したくて書きました
こんな私にメールを頂けるようでしたらお願いしたいと思っています

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年6月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】夫婦のオナニー【セフレ】

結婚して1年2か月になる29歳の男性です。妻は私より2歳年上です。ある日、晩御飯を食べながらテレビを見ていると、ニュースで若い男性が下着を盗んで捕まった事件を報道していた。それを見ていた妻が「女性の下着を盗む事件て多いのね。貴方は絶対にそんなことしないでね。でもそんなことをする男性の心境ってなんだろうね。」と私に聞いて来た。「よくは説明できないけど、やはり女性の大切なところを覆っている部分って男性が最も興味を示すところだし、そこを隠すものだから・・・」とうまく説明できないままに言うと「そうなんだ?女性には理解に苦しむ感覚ね。ところで貴方はそんなこそ思ったことある?」とひつこく聞いて来た。「そりゃああるよ。唯、理性がなんとかそれを押さえているだけだよ。」と。実は私も結婚して間もなく妻のパンティーをお風呂に入った後の汚れたものを見たくて、夜中にトイレに起きた時、こっそり脱衣場に行って手に取り、妻のあそこについている黄色くなった部分を鼻に当てにおいを嗅いだり、舌で舐めていた。ある日寝ようと布団に入ると枕の下に妻のパンテイーが置いてあった。それも決して新品ではなく洗濯はしているもののあの部分がすっか黄色くなっていた。
これは妻が置いてくれたものに違いない。妻はまだ階下でかたずけをしているし、その後は風呂にはいるはずだからすぐには上がってこない。私は妻の大切な部分が当たるところを口に含み、トランクスを脱ぎ、オナニーをした、射精感を感じ、とうとう念願の妻のパンテイーをペニスにあてがい射精した。ところが翌朝、そんなことを忘れ、急いで出勤してしまった。会社についてそのことに気が付いたけどもう今からどうすることも出来ない。妻に気ずかれないことだけを祈った。その日仕事を終えて家に帰ると一番に布団の所に行ったがその射精した妻のパンテイーはなかった。信じられなかったのはそれとは違うパンテイーが同じように枕の傍に置いてあった。そのことを妻に尋ねることもなくその日の夕食を2人でした。妻はなにも言わない。そして今日まで一切妻の口からは聞いてこない。唯違って来たのはセックスの時、私が妻のパンテイーを脱がせそばに置いて愛撫をしていると妻は自分の脱いだパンテイーを手に取り、黙って正常位になっている私の口にパンテイーを押しこんだ。妻を見るとにこりとわらったような気がした。以来ずっと私の枕の傍には日替わりのように妻の選択したパンテイーが置いてある。
私はそんな妻にネットで2本男性のペニスを形どったバイブレーターを細いのと太いのと買って黙って妻の枕の下に置いておいた。使っているのかいないのかはバイブを見てもわからない。そんな時、しばらく経って夜中に尿意を催し、起き上がろうと思った時、隣で寝ている妻の布団の下半身の部分が大きく盛り上がっている、脚を立てているのだ。耳を澄ますと下半身がすれるような音がして、妻の吐息が聞こえる。もしかして、オナニーをしているのではと思い、トイレに行くのを止め、息を凝らしていた。次第に鼻息が荒くなり、そして・・・バイブのスイッチが明らかに入ったブーンという音が布団の下から聞こえて来た。
胸が早鐘のようになった。両脚を立てた布団も動いている。暗い中で目が慣れた私はそっと横を向き妻を見ると口を開けて明らかに悶えていた。そしてついにセックスの終局を迎えた時の声が妻から聞こえて来た。その後妻はこっそり起き上がり下着をつけて、バイブを元の位置に戻し、なにごともなかったような仰向けに寝た。もうピンピンになった私のペニスを元通りすることが出来ず、妻に身体を求めようと思ったのだが、今夜は妻と同じようにオナニーをして果てたなり、未だ寝入ってないことはわかっている妻の隣で、、いつもしているように妻のパンテイーを口に含み、きっと寝耳を立てているだろうことを思いながら、しらん顔で、今まで以上に、妻の名前を呼びながら、卑猥な言葉を妻に聞こえる程度の大きさで、しごいて、妻のパンテイーに射精した。翌朝食事の時、面と向かいながら食べたが妻はなにも言わなかった。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年6月12日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ブルマの思い出【セフレ】

「あっ!あっ!出るっ!出るっ!ユキちゃんのっ!ユキちゃんのブルマァーッッ!!」
こんな調子で毎夜毎夜、学校の忘れ物置き場から盗んできたブルマを幼馴染の由紀子ちゃん
のブルマと思いこむようにしてオナニーしていたのは、もう30年以上前のこと。
当時は、ほぼ毎日自分の目の前にブルマが晒されているような日々でした。
体育の時間、大掃除などなど。
その都度、好きでもない女の子がただブルマをはいているというだけで、そのブルマを盗み
見るように視姦していたあの頃。
私は、某地方の山村に住んでおり、そこの小学校5年生でした。
オナニーは小2の頃から覚えだし、精通自体も6年生になる頃に始まりました。
早い話が、女に目覚めるのが早かった「早熟少年」です。
由紀子ちゃんは1学年上の6年生で、やはり彼女も身体の成長が早い子でした。
水着姿から浮かび出る、発育しだした乳房や丸い腰周りに幼馴染でありながらも「女」を感じ
取り、彼女を思い、オナニーし始めたのもその頃でした。
ところが、彼女の一家が彼女の中学進学と同時に山を下った町に越す事となり、私の小6時代は暗い1年でした。
唯一、慰めになったのは近所の子供数人と写した運動会の写真で、ユキちゃんのブルマ姿を見ながらオナニーする事でした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年6月11日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ