エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】酔わせてその気にさせればすぐ【セフレ】

私は41歳で妻はバツイチで35歳。
結婚して3年ですが、私との間にも前の旦那の間にも子供はいません。
仕事をお互い続けながらの生活なので、妻も何かと社交の場は多く、出かけることがあります。
妻は酔いやすい体質なので極力控えるように言い聞かせてはいるのですが、やはり上司などに勧められると断わりきれないようで、度々酔い潰れて会社の友人に送られてくる事があります。
つい先日もやはりいつもと同様に仲間の美恵さんにタクシーで連れ添われて帰ってきたものの、相当の泥酔状態で、リビングに連れてくるのが精一杯でした。
仕方なく毛布をかけてやったのですが、しばらくすると直ぐに寝息を立ててしまいました。
連れ添いの美恵さんもかなり酔っていたらしく「麗(妻の愛称)ったら・・・もう本当にしょうがないですねー」と言って私の肩にもたれ掛ってきました。
私は「美恵さんも、かなり酔ってるね」と言うと美恵さんは「うふふ 酔ってまーす」などと大声を張り上げる始末。
それでも執拗に私の体にもたれ掛ってくる美恵さんを無碍に振り払うわけにもいかず、しばらく寄り添ったような格好になっていると、美恵さんは私の股間に手を伸ばしてきたのです。
「ちょ、ちょっと美恵さん・・・酔ってるでしょ?」と手をゆっくりどかそうとすると、美恵さんは更に強く股間を握ってきて、「麗が寝ちゃったから・・・私が気持ち良くしてあげたい・・・」と言い出してくるのです。
私は躊躇しました。
美恵さんは好みの女性ではありますが、やはり麗の親友でもあるわけですし、男女の関係になってしまうのはまずいと考えました。
しかし理性は美恵さんから重ねてきた唇によって一瞬で吹き飛んでしまいました。
舌は絡まり、自然に私の手は美恵さんの豊満な胸をやさしく鷲づかみ・・・美恵さんの手は吐息と同じ呼吸で激しく私の股間を揉みしごいてきました。
私も美恵さんもさすがに妻の寝ている横では気が引け、二人は自然にリビングを出て奥の寝室に向かっていました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2015年2月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】彼がいるのに【セフレ】

同棲中の彼氏K君は仕事をしようとせずに遊んでばかりいるので、K君と別れてMさんと付き合おうとアルバイトが終わってから、アパートに荷物を取りに行きました。
 アパートでK君に止められて、部屋でお酒を飲むことに・・・。
 別れる、別れないの話になって、K君に「別れないでくれ、オレ、お前がいないとだめなんだ・・・」と涙を流しながら必死で泣きついてくるので、かわいそうになり抱きしめてあげました。
 私はお酒のたっぷり入っていて、手を上げるとストンっと下ろしてしまうくらい酔っていました。
 カラダが言うことを聞かない状態で、抱きしめられながら床に押し倒されて、私はMさんのことを想い、涙が出て横を向きました・・・。
 涙が私の耳のほうまで流れてきました・・・。力が入らず抵抗できませんでした・・・。
「もう・・私達、だめだよ・・・できない・・・だめ・・・やめて・・・」
 K君はいつものように私のTシャツ、ブラを脱がしてきて・・・
 私は仰向けの状態で自分の胸を見ると、すでにK君がうれしそうに私の乳首を転がすように愛撫し、胸を揉んでいました・・・
 K君と別れようと思ってここに来たのに・・・K君の顔がかこんな近くに・・こんな簡単にカラダを許しちゃうなんて・・・。
 ふと見ると、もうパンツを脱がして私のアソコをクンニし始めていました・・・。K君の頭を手でつかんでグッと力を入れるとK君と目が合いました。私のアソコの毛を舐めて口に含んでくれたりしてくれました・・。
 さらに下の方に愛撫が進み、おしりの穴に(Mさんは、おしりは全く愛撫してくれない)・・・。
 両手でおしりの肉を引っ張り、おしりの穴を開いてベロッと舐めたり、舌をすぼめてグリグリしてきました。
 おしりの穴にK君の舌がくっつく時は穴が暖かくなり、K君の鼻からの息がかかると唾液が冷えてスーッとしました。その温度差が何とも気持ち良かったのを覚えています。
「仕事帰りでお風呂入ってないから(アパート、アルバイト先のトイレは和式でウォシュレットないので)・・・そんな汚いところ、くさいよ・・・」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年2月4日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】サークルの巨乳の先輩との体験【セフレ】

自分の中で、おそらく後にも先にもない、最高の経験です。

大学のサークルでの体験です。

スキーのサークルで、サークルとは言え、結構真面目というか、堅いというか、シーズンオフはしっかりトレーニングして、シーズンに入ったら、雪山に住み込みのアルバイトしたり、長期の合宿を組んだり、
大会にもいくつか参加したりして、体育会系のノリで、上下関係もしっかりした、そんなサークルでした。
僕は当時、大学2年で、3月の大会に向けて、1週間の合宿中でした。
あ、相手女の人の事を先に書いた方がいいのな。同じサークルの4年生で、ゆうかさんとの体験です。

佑香さんは、3年の時に怪我をしてから、競技には参加しないで、マネージャーのような形でサークル活動に参加してました。
同じサークルの4年生の同期の人とずっと付き合っていて、身長は160くらい、どちらかといえばちょっとぽっちゃりで、胸が大きくて、Gカップあります。
僕も、同期の2年の子と付き合っていて、胸のサイズは彼女経由で知りました(笑)

外見は、芸能人でいうと、歳は違いますが、永作博美さんにすごく似ていて、体育会系のサークルでしたが、穏やかで優しい性格の人でした。
たくさんあるスキーのサークルの中から、このサークルを選んだのは、正直佑香さん目当てでした(笑)

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2015年2月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】悪戯が・・【セフレ】

数年前、家に友人があそびに来た時のことです。
私は23彼女の美由は20です。美由とは同棲をしてました。
友人が来るまで時間があるし、どうしても、エッチがしたくなり、美由に腕を縛り目隠しをして、フェラをしてもらいました。
いつも美由とは、こんな感じなので美由も普通にしてくれました。私は黙って、静かな中「チュ・チュパ・チュパ」とイヤらしい音だけが、部屋に響きわたりました。私は、ミニスカートのしたから手を入れ、パンティー越しに触ると、少し、湿ってました。「ひろ、感じちゃう」「もう濡れてきたね」「あん!言わないで」そして、パンティーの隙間から指を入れると、もうビショビショでした。「パンティー脱がすよ」「う・うん」美由は腰を浮かした。私はパンティーを脱がし、指を入れ前後に動かした。「あん・・いや・・」「俺は今から喋らないから、誰かにヤられてると想像して」
「あん・・あ・あん」美由は異常なくらい濡れていた。
「あ・あー、逝きそう」
その時、突然の腹痛に「少しトイレに行って来るから、帰って来るまでこのままでいてね」
「いや、三浦くんきちゃう」
私は、そのままトイレに入った。

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年2月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】少女の花びら ⑦【セフレ】

『 第七章 美少女の野外性処理 』

「えっ 何だって 本当ですか 教頭先生 」
教頭は俺の肩に手をやり「期待しているよ ははっ」と教室を出て行った
情報化時代の波に乗り遅れない為にも来週から全校児童にパソコンを教える事に
なり昼前出勤が朝の一時間目から仕事をしなくては成らなくなった
一年生は パソコンの起動と終了 塗り絵・OSの基本操作 から
六年生は文字入力 スケッチ  画像変更(回転・コピー・切り込み・移動)
インターネットの使い方などさまざまだ
パソコン部はホームページ作りを主にやる事になった
「暇だと言っていたのが悪かったのかなぁ 教頭は噂通り強引だな
しかし OB達がパソコンを7台も寄付したもんだ」と
つぶやいていたら教頭がまた来て「あっそうだった 今から職員会議が
始まりますので先生も出席してください」
俺は教頭のハゲ後ろ頭を見ながら教頭の後に続き職員室に入った

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年2月1日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】母の噂【セフレ】

二年前の夏、村に帰省したチンピラが「母とHをした」と言う噂が流れた。
都会から嫁に来た母(体型が井上和香風)が村で目立つからと思っていた。
先日、盆前の清掃で母と丘の上にある墓周辺の草抜きをした帰り、一台の車
が近ずき、例の男が下りて来た。
僕はそのまま歩き曲がり角の木の陰から、隠れて見ていた。
二人は挨拶や話していたけど、男が回りをキョロキョロした後、急に母の体
を引き寄せキスしようとした。母は「ちょとぉ〜」と言いながら逃れようと
体を捩った為、体が反転し背後から男が抱きつく形になった。
男は母の首筋に吸い付き、脇の下から手を伸ばしオッパイを体が反り返る位
激しくモミだした。
それでも母は笑いながら「いや〜ん、もぉ〜」と身もだえしていた。
男の片手が下がり、母の正面からGパンの中に手を入れ、股間をまさぐり始
めると、さすがに母がマジ切れし「いい加減にしてよぉ!」と怒鳴った。
男は体を離し、二、三言文句を言った後、股間に入れていた指の匂いを嗅ぎ
ながら車え帰って行った。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2015年1月31日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】離婚のキズが癒える間も無く・・・【セフレ】

<>147 :恋人は名無しさん :2007/04/03(火) 11:01:34 ID:Lbnmdpu90<>
投下。果てしなく長文なので規制も長いしのんびり行こう。
俺29歳、会社員 ×1
彼女A 26歳 会社員
Aの上司B 37歳 妻帯者
Aからのアプローチで付き合いだした俺とA。
最初離婚の傷もあって体の関係は無かったが、Aは優しく
変な言い方だが信頼できると思ってやった。
そして数ヵ月は年下の癖に包容力があって、健気なAと戸惑いながらも幸せだった。
離婚の理由を聞かれた事はあったけど、はぐらかしたままだったが
「過去の事は気にしないよ。今のあなたが好きだよ」と言ってくれた。
こんないい子にはその内はっきりと言わなくちゃいけないな、と思ってたが踏ん切りがつかなかった。
ところが数ヵ月後Aが妊娠してしまったという。
「大好きなあなたの子を産みたいです」と結婚を迫られたが
俺の×1の原因は俺の無精子症。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2015年1月31日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕2 【NTR】

僕は、トイレで下着の中の精液を拭きながら、まだドキドキしていた。さっきは、目の前で真希が、着衣のまま土方さんに口でイカされた。僕はその姿を見て、イッた自覚もなく射精してしまった。
僕は、射精の感覚がわからないほど、強い興奮と快感の中にいたということになる。

射精する前から、射精したときと同じくらいの快感をずっと感じていたというのは、自分でも驚いてしまう。そんな事があり得るのだろうか?
あまりのショックに、脳がエラーを起こしたとしか思えない。

でも僕は、自分でも驚くほどの量の精液を出していながら、興奮がまったく収まらないし、勃起も収まるどころか、まだガチガチのままだ。

この後、どんな凄い展開が待っているのだろ……僕は、やめて帰るという選択肢はまったく考えず、この後のことを考えて、震えるほど興奮していた。

そしてリビングに戻ると、想像に反して、二人は何もしていなかった。それどころか、土方さんがキッチンに立ち、何か料理をしている。
真希は、さっきイカされた直後とは思えない感じでテーブルに座り、普通な感じで何か飲んでいる。

そして、強烈に良い匂いが漂ってくる。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年1月31日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】ひきこもりのつぶやき 6【セフレ】

目を覚ましたら昼過ぎ。
シャワー浴びながらオシッコ&ウンチ。
髪乾かしてから出かけた。
ヒラミニ&Tシャツで。
マクド空いてた。
誰もいないからクリいじっちゃった。
軽くイケた・・。
紙ナプキン水で濡らして手を拭いてマンコ拭いて出たの。
それからあちこち歩きまわってワンピ探した。
ノースリーブで黒でミニの。
私って色白なんだ。
髪染めてないし。
黙ってると大人しそうに見えるみたいね。
ついでにストッキング買った。
黒の。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年1月29日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】王様ゲームで【セフレ】

<>19:えっちな18禁さん:2009/08/01(土)23:54:45ID:syPZH20c0<>
普通とは違う王様ゲームが仲間うちで一時はやったことがあるな。
割りばしじゃなくてトランプでやるんだけど、キングとクイーンとエース、2、3、4…のトランプでやってた。
まぁルールはほとんど王様ゲームと変わらないんだけど、クイーンは強制的に参加するってルール。
普通は1番と3番が…っていうところをクイーンが絶対参加だから、クイーンと1番とかクイーンと3番って感じ。
王様と一緒に女王様も最初からわかってるからかなりきわどい。
女王様が女の子だったらいきなり野球拳とか…。
自分が王様で自分が狙ってる女の子が女王様だったらいきなり王様と女王様が〜とか…。
もちろん逆もあるし、なにより男が王様になると男同士の可能性が減る。
逆に女が王様になると男同士の可能性が上がる。
だから結構駆け引きがあってかなり盛り上がる。
最初に普通の王様ゲームで飲み系の命令連発して盛り上げてからってじゃあそろそろエロ系って感じのときにやるのがお勧めだな。

実際やった話は円あるならするけどいる?

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月29日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ