エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【彼女】彼女と結婚しようとしたらおっさんと同棲になった話 【彼氏】

<>1:名も無き被検体774号+2013/01/25(金)23:29:14.71ID:4IhbhGwc0<>

たったら書いてきます
人生何があるかわかりませんねw

<>2:名も無き被検体774号+2013/01/25(金)23:29:37.43ID:n6vQuYBE0<>

え?

<>4:名も無き被検体774号+2013/01/25(金)23:31:58.62ID:FUnzsOVdO<>

スレタイでワロタから期待

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年5月10日 | エッチ体験談カテゴリー:恋人との体験談

【寝取られ】大事なものは大事にしろ 2【NTR】

「そんなことになったら、嫉妬と後悔で倦怠期なんて一発で吹っ飛びますよ。
もう絶対に相手を離さない、もう絶対に相手以外には触らせない。余計に夫婦仲が固まりますよ」「で、でも、私、ユウくん以外の赤ちゃんなんて、産みたくないよ……」
「避妊なら大丈夫ですよ。アフターピルを持ってますから、後でお渡しします。
僕はそういう方面にもコネがあって、それだから、あんなに高い信頼度をつけて貰ってるんです」
 智香は少し考え込む様子を見せたが、入口に押し当てられている逞しいものを物欲しそうに眺めた後、
意を決したように友一に視線を寄越した。
「あのね、ユウくん……私、ユウくんがいいなら、いいよ」
 決断は友一に委ねられた。サトウも智香も、期待するように、圧力をかけるように、友一を注視している。
 駄目押しにサトウが言った。
「どうせやるなら、徹底的にやりましょうよ。
中途半端じゃ、中途半端なことにしかならなくて、却ってギクシャクしちゃいますよ」
 その言葉が決定打となったわけではない。ただ、結論自体はその論法と酷く似ていた。
 ゴムをつけた上での挿入も、中出し前提の生挿入も、挿入という点、一線を超えたという意味では変わらない。
ならば、どうせならば行き着くところまで行った方が、せめて性的興奮くらいは満たせるだろう。これが結論だった。
 友一は無言で頷いた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年4月3日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】大事なものは大事にしろ 1【NTR】

不安と緊張と興奮のないまぜになった表情を浮かべる貴島友一は、傍らに寄り添う妻の顔を見た。
 
 智香のおっとりとした清楚な顔には、友一と同種の、しかしどちらかと言えば不安と緊張が主の表情が浮かんでいる。
薬指に指輪の嵌まった左手が、不安そうに彼の腕に添えられている。
 夫の友一が二十六歳、妻の智香が二十五歳の二人は、幼い頃から互いだけを見てきた幼馴染同士であり、
そのため、二十代も半ばに達した今、軽い倦怠期を迎えていた。
お互いから新鮮味が失われ、互いに異性としての魅力を感じなくなりつつあるのである。
 彼らはその倦怠期を打破するため、友一の発案により、とある試みに臨もうとしているところである。
 円らな瞳が真っ向から友一を見据えた。そこには不安と恐怖があった。
乗り気でない妻を押しきる形での決定だったため、友一の心はずきりと痛んだ。
「なあ、智香、どうしても嫌なら……」
 思わず口にしかけた言葉は「いいの」というやや強い言葉に打ち消された。
「だって、見られるだけなんでしょ。それなら……恥ずかしいけど、別に……」
「お前がそう言うなら……」
 二人は、スワッピング相手募集用の会員制サイトで知り合った青年を待っているところである。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月21日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】裏 続無防備妻【浮気】

私の妻は無防備だ。人間的羞恥心というものに昔から欠陥があるらしく、裸を見られても恥ずかしいと思わないし、胸やお尻をさわられてもちょっとふれた程度にしか感じない信じられない体質の女性だ。
それ以外は頭もそれなりに良く普通の生活もでき、ごく普通の女性だが、羞恥心という部分だけは知的障害者レベルらしい。
以前こっそり相談しに行った医者の話では何千人の一の確率でたまにそういう人がでてきてしまうと言われた。
医者からは「こういった病気は一生治らないが、一般的な判断もでき普通に生活できるから、当然施設等に入院させることも難しいし、とりあえず旦那さんが気をつけて見ててあげるしかない」と言われひどく落ち込んだ時もありました。
それからは私は妻を気をつけて見るようにしてきました。しかし私はそんな妻や、妻を狙ってくる男達を見ている間にどんどん自分の中で何かが変わっていってしまうのでした。
私の妻は自分の格好をまったく気にせず、夏場はいつもきまったワンピースで出かけます。
何年も着ているそのワンピースは胸元がのびきってしまっており、すこし屈むだけで胸が見えてしまい、縮んだ裾は膝小僧もまるだしで、ちょっと動作を激しくするだけでチラチラパンティを露出させていました。
洗濯の繰り返しですこしはげた薄手のニット地は、普通に立っているだけでパンティやブラジャーの模様、さらにはおへその黒い影までくっきり透けさせる。しかしそんな私の妻は、そんな自分の格好もまったく気にせず外出し、行くところ行くところで男達の視線を集めた。
気がつくと男達に囲まれ胸元やパンティを覗かれているのはしょっちゅうで、さらにはエスカレートした男達に体中をさわられてしまうのも度々あった。
そして私が何よりショックだったのは、そんな妻が覗かれることをまったく気にもしなかったのは言うまでもないが、それどころか体をさわられていても、抵抗もしないで普通の態度でいるのが、信じられなかった。
それを見た私は当然これ以上ないくらいのショックを受けた。しかしそんな現場を見ていくうちにそんな妻の様子にだんだん興奮するようになっていってしまった。
九月 ある残暑の日曜日
私達家族は休日で天気もよかったため、デパートで買い物をし公園で遊んでくることにした。
さすがにデパートに行くときぐらいはそれなりにオシャレをしているつもりか、いつもジーパンをはいていく妻だったが、いけない妄想をもつようになった自分は、あえてジーパンを隠しいつものワンピースを出しておいた。
「パーパー、あれっ、わたしのジーパン知らん?」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月29日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】続 無防備妻【浮気】

そのうちやっと男達のセクハラから解放された妻が、まるで捨てられた人形のように哀れもない格好でスベリ台を滑り降りてきた。
しかし下では獲物を待っている狼達が、やっと解放された妻が降りてくると、喜びながら一斉に手を差し伸べ、妻に飛びついた。
滑り降りてしりもちや肘をついている状態の妻を、やさしく介抱してあげるという名ばかりのセクハラ行為。
しかも最初の頃みたいに遠慮などなく、ひたすら何十本もの手が妻の体中を這いずり回った。妻の胸やお尻を掴みながらゆっくりと妻を起こしてあげるやさしい男達。そして立ち上がった後も妻の胸やお尻に付いた砂ぼこりをひたすら丁寧に丁寧に手の平で払ってあげる親切な男達。
そのうち二組の親子がコンクリ山のほうにやってきた。
男達はそれに気付くと、あわててその親切を止め、妻から少し離れた。
妻はやっと男達の親切行為から解放されると、少し離れた木陰の下に行き、そこの根元に座り込んで休憩をし始めた。
男達のほうは集まって何か話をした後、横の広場に子供だけを連れて行き、自分達の練習していた道具類か何かのかたずをし始めた。
妻が一人で座って休んでいると、しばらくして男の一人がジュースを持って戻ってきた。
「ねえさーん これっ どーぞー 飲んでもいいっスよー」
「あー ありがとー ちょうど欲しかったのー いくらー」
「あー いいっスよー いいっスよー」
「えー わるいわー 出すわよー」
「いや ほんとにいいスから」
「ほんと? じゃーいただきまーす でもあれだねー おにいさん達やっぱり若いわ わたしなんてもうヘトヘト」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月24日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気】初めてです。主人以外と【不倫】

私35歳の普通の主婦です。主婦業11年で子供も2人います。主人は8歳年上ですが、優しく普通の夫婦だと思います。夜も主人ペースですが、頻繁な方だと思います。
そんな主婦ですが、この9月に浮気してしまいました。し始めてしまいました。最初は無理矢理な感じでしたが。
 相手の方は、家がとても近くで、下の娘が同じの幼稚園の子のパパ(ユウちゃん)です。ユウちゃんは、もう年少組のときからの知り合いで、もう2年、一緒に送り迎えをしてる仲なので、ほんとに気軽に話せる仲なのです。家族ぐるみの付き合いです。だから、ユウちゃんにされるとは、思いもよらなかった。ただ、私も容姿にはまだまだ自身ありで、ジムのプールでは、ちょっぴり優越感なくらいです。ユウちゃんは、1つ年下で背が高く細身な感じで、幼稚園ママのなかではイケメンパパで噂されてます。だから私もユウちゃんと仲の良いことも、優越感に浸っていたのは事実です。
ユウちゃんは、もう何度も幼稚園へ送った帰りに、うちで、お茶してました。当然、他のママさん友達も、一緒の時も多かったです。ただ、彼とは、とても気が合いました。ユウちゃん宅は、奥様が公務員で、彼は、旧家の花生産農家に婿に入ったそうです。今は、それほど大きくやらず、主に不動産収入だそうです。
 9月始めのその日も、幼稚園の送りの帰りに、いつも通り 「寄ってけば」て軽く誘い、いつも通り、うちのダイニングでアイスティーを前に、お喋りを聞いてもらってたと思います。その日、別に普段のTシャツにジーンズで、インナーも大した物でなく、逆に恥かしいぐらいのショーツでした。ユウちゃんは、キャミやスタンクトップや短パン姿も見てるのに、何でその日にって感じです。
 お喋りしながら、何かをしに椅子を立ち、テレビの前にきたときです。後ろから強い衝撃を受けました。それは地震でも起きたかと。それはユウちゃんが後ろから覆いかぶさってきたとは全く思わなかった。私は、何かあったか と誤解したぐらい、予知してない事でした。
状況を理解するのに、間があったと思います。「何、何・・・何!なに・・・」と私は声を出していたと思います。その口にユウちゃんの唇が押付けられて理解したと思います。顔を左右に振りながら、「何・何・何・・どうしたの?」って叫びながら。
ソファーに倒されながら、次にはカーペットの上に倒れていました。それでも、突然の事に「何・何・なに」と口にしてました。
ユウちゃんは、「好きです好きですアイさん」と連呼しながら、もうTシャツを捲り上げブラに手がありました。私も懸命に擦り起きようとしましたが、ビクともしません。ホントに一瞬でブラをズリ上げられ、白昼のリビングの明るさの下で、私の胸が半分あらわにされた。私は両手で胸を隠しながら「ダメダメ駄目!」と口にしていたと思います。スイッチが入ったユウちゃんは、ひるむことなく、両手で私の両腕を掴みました。私も必死であり、手は解けなかったので、ユウちゃんは、手を離しました。その時、私、暴力を振るわれる、顔を殴られる予感が頭を過ぎりました。
しかし、ユウちゃんは、「好きですアイさん」と顔を寄せてきたのです。それは、とても愛らしいスキンシップでした。私は「どうしたの?ユウちゃん」と口にしましたが、ユウちゃんは「好きです」と言いながら顔を摺り寄せてます。少し間があり、ユウちゃんも私も落ち着いた間を感じたと思います。
そして、私は起き上がろうとカーペットに手を着いたとき、彼の顔が私の胸へ移りました。強い刺激を感じました。ユウちゃんは私の胸をかぶりついてます。またユウちゃんにスイッチが入り、私の胸は完全に剥き出しに現れました。無我夢中で彼は、胸を口にしながら揉みくちゃにしてます。Tシャツは頭が抜けるところまで揚げられ、手は万歳の様な格好になり抵抗しにくくなってしまった。その為か手を袖から抜いてしまい私の上半身はブラが首のところにあるだけのレイプされている姿だったと思います。
私は「ダメ、やめて、やめて」と口にし、彼の頭を押し退けたりしていたと思います。足を折り曲げガードしていたと思います。さすがに必死な態度をとっていたと。ただ、私の頭の中は、意外に「どうしよう・どうなちゃうかな?」とユウちゃんより冷静に考えてる自分がいたと思います。口では「やめて!・駄目!」と言いながら、[しちゃうの?まずいでしょ・でも、彼なら・・いいかぁ?]なんて冷静にいる私がいたと思います。
           
彼の手はジーンズのボタンに。「ダメ!やめて!」と強く叫んだと思います。もうその時はブラは横に落ちていました。ユウちゃんのスイッチが、また切れた感じで優しく胸を口で愛撫するだけに。そして「好きです好きです」の連呼。私は「どうしたの?何かあったの?」などと説得めいた言い方をしながら、ユウちゃんの愛撫を受けていました。「私も好きだけど、こんなのまずいでしょ」と訳の分からなく話してました。彼は「好きです・アイさん」と口しながら胸を愛撫してます。それがしばらく続いたと。当然、驚きの中でも、子宮は少しずつ感じ始めていたと思います。
また、ジーンズのボタンに手が掛かり、「ダメダメ!やめて!」て叫んだと。一瞬でボタンが外されチャックが下ろされ両脇から、グィッと、ジーンズが膝までおろされました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年1月10日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【友達】萌奈莉のイケナイ日記 【セフレ】

「う~ん、今日もいい天気だわぁぁぁ~」
 朝から愛犬のりゅー太と一緒に元気にジョギング中。
 身体を動かすって本当に気持ちいいっ♪この朝の陽射しを堪能しないな
んて勿体無いよねぇ~。「わんわんっ」
 私の名は綾凪 萌奈莉(あやなぎ もなり)、高校1年生。
 特に美人というわけでもなく、スタイルも顔も平凡な女の子です。
 ちょっと元気が有り余ってるとこがあるって、よく言われるかなぁ~。
 まあネガティブよりはいいでしょ♪
 さあ、今日もダッシュダッシュで駆け走るわよぉぉっ!「わんっ♪」
 学校に行く前に近所のジョギングコースを愛犬と一緒に走るのが私のい
つもの日課。小さい頃から続けてるから、高校生になっても続けているの
よねぇ~。朝シャンなんかよりもこっちの方が大事なのっ。
 色気がねーと言われそうだけど、別に男子にもてようと思ってないから
これでいいのよっ。
「さあ、りゅー太。もっとスピードアップするわよぉ~」「わんわんっ」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【童貞】最悪な男に処女捧げたった 【処女】

スペック

私 当時
中2 地味友達少なめ 半登校拒否
顔は中の下 身長は150ぐらいかな

相手 薄い顔で極度の狐目 弥生顔 以下(弥生人)

中学時代、特に恋愛をするわけでもなく
見ためにもまったく気を使っていなかった私は
学校でいじめにあい、どんどん引きこもりになっていった。
家で過ごす暇な時間をどう潰すか考えた末、いきついたのは
当時流行していたモ○ゲーだった。

当時のモ○ゲーは、今ほど規制はなく割りと自由に連絡先が交換できたため

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年8月4日 | エッチ体験談カテゴリー:初体験談

【学校で】いじめられっこ同士をホモカップルに調教 【エッチ】

強姦は知らないが、いじめられっこ同士をホモカップルに調教するいじめはあった

隣のクラスといじめられっこを持ち寄って、相互手コキで勝負させて
負けて先に射精させられた方をボコったり、勝った方のチンポをしゃぶらせたり、尻穴舐めさせたり
制限時間内にどちらも射精させられなかったら、罰ゲームとしてシックスナインさせたり

それで最初は男相手だから上手く立たなかったいじめられっこも
毎日男同士で絡ませて、しごいたり舐めさせたり、尻穴を舐めたり指を入れさせたりうちに
拒絶反応が薄らいできたみたいで、男にシコられたり舐められながら射精できるようになって
そのうち下半身裸で向かい合わせるだけで、条件反射でビンビンに立つようになった

毎日のように相手の尻穴を舐めさせたり指を入れさせてたけど
初めて尻穴にチンポを入れさせようとしたら嫌がったから
アナルセックスした日は殴る蹴るの暴行は無しという条件で納得させた
それからそいつらはアナルセックスが日課になって、進級してもずっと続けさせられて

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年7月6日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談

【人妻】続 無防備妻【浮気】

そのうちやっと男達のセクハラから解放された妻が、まるで捨てられた人形のように哀れもない格好でスベリ台を滑り降りてきた。
しかし下では獲物を待っている狼達が、やっと解放された妻が降りてくると、喜びながら一斉に手を差し伸べ、妻に飛びついた。
滑り降りてしりもちや肘をついている状態の妻を、やさしく介抱してあげるという名ばかりのセクハラ行為。
しかも最初の頃みたいに遠慮などなく、ひたすら何十本もの手が妻の体中を這いずり回った。妻の胸やお尻を掴みながらゆっくりと妻を起こしてあげるやさしい男達。そして立ち上がった後も妻の胸やお尻に付いた砂ぼこりをひたすら丁寧に丁寧に手の平で払ってあげる親切な男達。
そのうち二組の親子がコンクリ山のほうにやってきた。
男達はそれに気付くと、あわててその親切を止め、妻から少し離れた。
妻はやっと男達の親切行為から解放されると、少し離れた木陰の下に行き、そこの根元に座り込んで休憩をし始めた。
男達のほうは集まって何か話をした後、横の広場に子供だけを連れて行き、自分達の練習していた道具類か何かのかたずをし始めた。
妻が一人で座って休んでいると、しばらくして男の一人がジュースを持って戻ってきた。
「ねえさーん これっ どーぞー 飲んでもいいっスよー」
「あー ありがとー ちょうど欲しかったのー いくらー」
「あー いいっスよー いいっスよー」
「えー わるいわー 出すわよー」
「いや ほんとにいいスから」
「ほんと? じゃーいただきまーす でもあれだねー おにいさん達やっぱり若いわ わたしなんてもうヘトヘト」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 212

このページの先頭へ