エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】思い出の中のパンチラ【セフレ】

就寝前に何気なく卒業アルバムを手にとって卒業写真をみていた。
いろんな思い出が思い出されるが、性的な体験も鮮明に覚えているものだと思った。
そして、暫くの間、自分にとっての性的な体験にのみ意識を集中し回想にふけっていた。
あれは3年生の秋。
夏休みが明け、秋学期が始まってからのことだった。
校内の生徒はまだ夏季の制服だった。
女子生徒は半そでのシャツに紺色の薄手のスカート。スカートの丈の長さは厳しく指定されていないようだった。
それは、学校に向かう途中の通学路で偶然に見かけた、前方を歩いている女子生徒から始まった。その女子生徒を以下、仮名で絵梨奈さんとよぶことにする。
絵梨奈さんとは別の学級であることが解かっているだけだった。夏休みが明けて久々に通学路で絵梨奈さんを見かけて、久しぶりに女の子の姿をみた気分になった。絵梨奈さんの制服姿は夏休みの期間に入る前に見たきりだった。絵梨奈さんの夏の制服の後ろ姿を久々に見てその可愛いらしさに興奮を覚え、朝から気持ちが高ぶった。
前方を徒歩で通学している絵梨奈さんが学校の門に入っていくのが見えた。学校の門を通過し校舎に入った。その校舎の廊下に入ると、絵梨奈さんが前方に歩いているのが見えた。絵梨奈さんの教室も3階にある。3階の教室まで階段で上がる。その階段に差し掛かったとき、絵梨奈さんは1階から2階に続く階段の踊り場に上がり終えようとしているところだった。その瞬間、通学中の絵梨奈さんの普段の姿からは見ることのない、その踊り場に踏み込む直前の絵梨奈さんの後ろ姿からみえる太ももと、中が見えそうで見えないスカート姿は凄く色っぽかった。校舎のなかでも段数が多いところではお○んこの形が解かるほど食い込ませて穿いている白色のパンツがスカートの中から鮮明にみえ、その日はいいものを見ることができた一日になった。でも見えたその後は、頭の中はなかなか興奮が収まらず、ズボンのなかは下着で窮屈に押さえつけられたまま熱くなった。見えた興奮から鼓動が急激に高まり、乱れた呼吸を整うまで他人目の付かない場所でしばらく休んでいた。平静心になってから教室に入ることにしていた。
この日が人生で初のパンチラを体験した日になった。その日の帰宅後、お風呂に入ろうと脱衣所で着衣を脱いだ時に、しぼんでいた先端が粘液でヌルッとしていたことに気付いた。生で見たパンチラの興奮が先端に反映されて出た精液だと直感した。お風呂に入っている時もその日のパンチラを思い出すだけですぐにそり返って固くなってきた。スカートの中がみえた姿を思い浮かべながら自分の精液でヌルヌルになったパンパンに膨れた先端を包皮で包み込むようにしてゆっくりと刺激すると凄く気持ちが良かった。でも、射精の誘惑に打ち勝ち、寸止めでとどめることにしていた。
その日から絵梨奈さんのパンチラに病み付きになっていた。あのパンツの向こう側にあるところに熱くなっているものを入れたいという衝動はスカートの中を見た回数が多くなるほど強くなっていった。移動中に向かいから歩いてくる絵梨奈さんを偶に見かけた日で、通りすがった後でその日の絵梨奈さんのスカートの中を思い出したときには絵梨菜さんに女を感じた。
校内にはほかにも意外と結構可愛い女子生徒がいた。なかにはあまり性格のよくなさそうな感じが普段の顔立ちに出ている女子生徒もいたが、年頃のためか妙な色っぽさがあった。その女子生徒を仮名で真衣さんと呼んでおく。真衣さんは背が高いし股下も長い、しかも健康的な脚が制服のスカート姿でもわかるほどだった。くびれがありお尻も大きくグラマラスな体型だった。そのような抜群のプロポーションの真衣さんはいつも中が見えるほどスカートの丈が短かった。短かったのは見たければ見ればとわざと見せるためだったのだろうか――。スカートの中が見えるのはほんの僅かな瞬間しかないものの、真衣さんのは食い込ませるように穿いている青色のショーツだった。下着は成人女性と同じものを着用かと変に納得した。絵梨奈さんのをみたときとは違った興奮を覚えた。そのような日はとても満足のいく一日になった。
他にはスパッツをはいている人、水泳の授業で着用する水着を着用しているのが解かる人もいた。他にも何人かの分を楽しんでいた――。
結局のところN人分のスカートの中をみて、顔貌が十人十色であるようにスカートの中の事情も十人十色であると一人で勝手に納得した。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年6月24日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】少女の花びら ③【セフレ】

『 第三章 狭過ぎた膣内 』

俺は裕子の股間に顔を埋め舌先で縦筋を押し広げるように嘗めた
裕子は驚き顔で「汚い所を嘗めるなんて・・・先生は変態よ」
ふっくらと盛り上がった大陰唇の縦筋を指先で押さえ広げて処女膜に
届くように「ぺっちゃくっちゃずずずっちゅつぺろり」と舌先で嘗めると
縦筋の上から隠れていたクリトリスが突起して出て来た
クリトリスを口で含んで「ずずずずずっちゅつぺろりずずずずっ」と
吸い込むと裕子は首筋を伸ばし身体は弓のように返り「あぐっうっあっあっ」
「どうだ 裕子ちゃん 気持ちがいいだろうが えっ どうだ」
膣内口からはベトベト愛液が溢れ出てその愛液を「ずずずずっ」と
嫌らしい音を立てて啜るとロリ特有の青臭い匂いがした
裕子は首を左右に振りながら「先生 やめて 恥ずかしいよ あっそこは駄目っ」
「裕子ちゃんのオマンコは小さいなぁ 指先一本でも狭過ぎるぜ」
俺は立ち上がりズボンから巨大化した肉棒を取り出した

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】少女の花びら ⑧【セフレ】

『 第八章  裏名milk小学校 』

“グッチャ ズイクッチャ グッチャ ズイクッチャ”と授業中の女子トイレから
肉と肉が擦れるイヤらいし音がする
俺は夏季制服に衣替えした裕子がたまらなくなり女子トイレに連れ込んで
バックでセックスをしている最中だ
裕子のスカートを捲り上げ小さく可愛いお尻を掴んで引き寄せ
「今日は熊の絵があるパンツだな たまらねぇなぁ 」
裕子は瞳を”トロリ”させて振り向き「だって 先生 絵柄のパンツ好きでしょ」
超ロリ好きの俺はアニメ柄入りのパンティを見ると興奮が高まり裕子の膣内で
肉棒が”ビックンビックン”と鼓動しながら更に強大化して行く
裕子の発達途中の膣内口を引き裂くように時々”ズッキッビリ”と鈍い音がする
純白シャツの上から乳房を揉み回しながら「最近 裕子ちゃんのオッパイは
また大きく成ったな 先生が揉んでいるからかな」
「そう ママが大きいから裕子も うっ そこそこ 先生そこよ ああん」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年6月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】修学旅行最終日【セフレ】

修学旅行最終日って割とはじけるよね。
俺たち男3人、女3人はクラスの超真面目派だった。他の部屋がうるさいので
避難・・ツーカ、真面目すぎて、周りにじゃまにされ、自然に1つの部屋に集
まってきた。
他の部屋ではモクと酒盛りが始まっていたが、もちろん、この部屋だけがひっ
りとしていた。先生も、最終日は大目に見ているらしい。
俺たちは、いつも群れる6人ではあったが、この日だけはなんとなく雰囲気が
違った。

6人のうち、AとB子とは半年位前から付き合っていた。
どこまで進んだのかと4人で追及すると、KISSまではしていることを
知った。
4人で、ここでヤレとはやし立てると、この2人、俺たちの前でKISSを
した。しかも、舌交換ありありのKISS。
俺とあとの3人は、KISSの経験もなく、また、目の前で舌がからんでい

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年6月10日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました 【NTR】

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。
正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。

俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。

俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。
加奈子は大学3年生で、俺が2年生。彼女は、一つ年上でした。

でも、可愛らしい感じの彼女は、年上という感じはなく、俺は年下のような感じで接していました。
俺の人生で初めて出来た彼女でしたが、彼女は俺の前に2人と付き合ったとこがあったようでした。そして、色々と彼女の過去を聞きたがる俺と、聞かれたことには素直に答える彼女の影響で、俺の寝取られ性癖は徐々に形作られていきました。

加奈子は、バイト先のファミレスで、何度も店長にホールに移って欲しいと言われるくらいにルックスが可愛らしい子でしたが、恥ずかしがりで人見知りだったので、キッチンから移動することはありませんでした。
彼女の、整形疑惑が出るほどにぱっちりした二重まぶたと整った顔立ちは、少し外国の血が入っているんじゃないのかな? と思うほどでした。今でこそ増えたハーフタレントみたいな感じで、今でいうと、ダレノガレという子をもう少し日本人寄りにした感じの顔でした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年6月7日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【M男】家庭教師先のJKに調教された僕 【痴女】

僕は大学4年生で、早々に就職も決まっていたので、バイトの家庭教師をしながら、のんびりと毎日過ごしていました。
もともと、それほど社交的というわけではなかったので、大学の3年ちょっとの間に彼女を作ることは出来ませんでした。

でも、もともと彼女が欲しいという気持ちも、性欲ですらも少なかった僕は、とくに焦りもなく大学最後の4年生という時間を楽しんでいました。
そんなある日、夏休み限定でやることになった女子校生の家庭教師で、僕の人生は大きく変わりました。

斡旋会社の指示で初めてその家に行ったとき、その家の大きさに怯みました。普通の家の2倍……もしかしたら3倍くらいはあるかもしれないそのお宅の駐車場には、ポルシェとAMGが止まっていました。どちらも一生僕が乗ることのない車だと思いましたが、逆にそこまで行くと、羨ましいとも思いませんでした。

そして、感じの良い奥さんにリビングに通されて、紅茶を出されて娘さんの帰宅を待ちました。
紅茶なんて飲む習慣のない僕でしたが、奥さんが出してくれた紅茶は、本当に香りもよく、美味しいと思えるものでした。相棒で杉下右京が紅茶を愛するところを見てもピンとこなかった僕ですが、その気持ちが少しだけわかった気がしました。

そして、10分ほどして帰宅した彼女……美帆ちゃんは、絵に描いたようなお嬢様でした。
肩甲骨のあたりまで伸びた艶やかな黒髪と、小脇に抱えたヴァイオリンのケース、そして、上品な挨拶をされて、僕は住む世界が違うことを感じました。彼女は、堀北真希とか、10代の頃の仲間由紀恵みたいな、正統派の美人顔で、スリムな体型をしていました。胸は、ほとんど主張していない感じで、貧乳なところもお嬢様っぽくて近寄りがたい気持ちになりました。

僕は、色々な意味で圧倒されて、本当に僕なんかでいいのかなと感じ、奥さんと美帆ちゃんに僕でいいのか聞きました。すると、不思議なことに美帆ちゃんが僕のことを凄く評価してくれて、この先生が良いとまで言ってくれました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2015年6月3日 | エッチ体験談カテゴリー:M男の体験談

【友達】立ち入り禁止の階【セフレ】

エレベーターのドアが開いた
俺と事務員のA子は見当たらない在庫を探しにその倉庫に入って行った
倉庫の中には長い間放置されているような段ボールや商品が山積みだった
探し物はA子からの頼みごとだった
A子は「こっちでこの箱を一緒にどけてもらえません?」と俺を手招きした
A子は高い所に置いてある段ボールをとるために背伸びして爪先立っている
体の関係もあったA子に後ろから抱きついて、「何を探すんだっけ?」
「本当は、こうしてほしかったんじゃないの?」
スカートの上からマンコをなでてやったら、もう息が荒くなっていた
首筋にキスをして、耳をかんでやった
右手はスカートの中に入れてクリトリスを嬲ってやった
左手は制服の裾から乳をもんだ
A子の胸は小さいが感度はいい
セックスにもオープンで、声も最高だ
万が一を気にしてか声は押し殺している

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2015年6月2日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】聡子13歳 その1それはお昼休み。【セフレ】

私の通う中学の教室は、この時間ものすごい熱気で溢れかえっている。おしゃべりに花を咲かせる女子生徒たち、プロレスに興じる男子生徒たち、そして無数のグループに分かれ、雑誌や漫画を覗き込んでいる生徒たち…
 私も、そんな熱気の中の一つだった。今私の周囲には、3人の女生徒が集まっている。3人は黄色い声を上げながら、タレントやスポーツマンの先輩たちの話題に興じていた。彼女たちとは、入学してすぐ知り合った。向こうから、私に声をかけてきたの。その時から、私と彼女たちとの間には、誰にも言えない秘密があった。
 私、いまから恥をかくの。死んだ方がいいとさえ思えるような恥。
 それが彼女たちとの「約束」だった。約束を守らなければ、今の私には破滅しかない。
 私の後ろにいた優子が、突然私の頭をはたいた。何の脈絡もない。力も入っていず、痛いこともなかった。端から見ていれば、じゃれあっているようにしか見えないだろう。
 …でも、これが合図…
 「やぁ、いったぁい!」
私は「打ち合わせ通り」、右後ろに座っていた子の膝をはたいた。
 「あ、私じゃないよぉ!」 
私にはたかれた子、茜が笑いながら叫ぶ。
 「あんたのせいよ!」
彼女は、いいざまに優子の脇腹をつついた。くすぐったそうにけたたましく笑いながら、優子がまた私をはたいた。
 …始まる…
 彼女たちの手が、一斉に私に襲いかかってきた。脇腹を、脇の下を、胸を、うなじを、彼女たちの手が這い回る。彼女たちは歓声を上げながら、私の身体をもてあそんだ。正面にいた美智子が、私のおっぱいを力任せに握りしめる。
 「ああはあっ!」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年5月22日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ホームラン【セフレ】

 うちの野球部には、ひとつの“ごほうびルール”があります。それは、試合でホームランを打ったら、マネージャーとエッチできるというものです。
 マネージャーはわたしだけしかいないので、必然的にわたしがエッチすることになります。すべては甲子園に行くため、とわたしも割り切っています。4番バッターの吉田君とは、もう何回したか分かりません。
 だいたいホームランを打つ人はいつも決まっているのです。でも、今日は、意外な人が起死回生の逆転ホームランを放ちました。“バント職人”と呼ばれる、2番バッターの鈴木君です。
 試合を終えて学校に戻ると、マネージャー室に鈴木君がやってきました。すでに、顔を真っ赤にして緊張しています。
「あ、鈴木君」
「あの……マネージャー……その」
「分かってるよ。大丈夫だよ。エッチしに来たんでしょ」
「……うん」
 鈴木君は硬直したまま、まったく行動を起こそうとしません。緊張しきった鈴木君の学生服やワイシャツを、わたしは一枚ずつ脱がせていきます。
「鈴木君、今日は頑張ったね」
「うん……、マネージャーとどうしてもエッチしたかったから」
 わたしは嬉しくて、鈴木君にキスをしました。舌を入れて絡ませると、鈴木君は目尻をとろんとさせて、かわいらしい表情になりました。クチュックチュッ、音を立てて舌を絡ませながら、ズボンとトランクスをおろします。
「鈴木君、エッチするのはじめて?」
「……うん」
 唇を離し、下に視線を向けて驚きました。そこにはメジャー級のオチンチンが勃起していたのです。はちきれんばかりに硬直しています。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年5月21日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】先輩【セフレ】

この前、部活の先パイとたまたま「一緒に帰ろ」って言われ、一緒に帰ッてたんです。
 そしたら、先パイが急に手を握ってきて、アタシのおっぱいをもんできて、「大っきいおっぱいだね」っ言ってきて、すごいあせった!!
 そして先パイの家まで連れて行かれ、先パイの部屋に入いちゃった。
 部屋を見ていると、先パイがベッドにアタシを押し倒し、キスをしてきたの!!
 びっくり。
 あんまりしゃべらないし、「どうしよ〜」って思ったの。おっぱいをもみながら、「ずっと好きやってん」って言うの。
 制服を脱がせてきて、ブラをはずしてきたの。
 アタシはDカップなの。大きな手でゆっくりおっぱいをもんでくるの。
 乳首をかんだりして、スカートの中に手が入ってきたの。パンツの上から3本の指でもんできたの。
 パンツはグッショリ。
 とうとうパンツも脱がされたの。
「きれいなおまんこだね、色はきれいなピンクでおいしそうだな〜。食べようかな〜」って恥ずかしい事を言うの。
 ベッドの上でM字型にされて・・・
 舌でおまんこを舐めた来たの。
 アタシはビクビクしていたの。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2015年5月16日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ