エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】不倫【セフレ】

ゴルフのコンペでお知り合いになった方と、不倫を始めました。
私は、ここ13年セックスしていませんでした。所が先日、知り合った方と
居酒屋に行き飲んで帰るときに、町外れに赤いカーホテルの看板が見えたので
私から、誘いました。そして中に入り私が先にお風呂に入り、そして彼が後から
入ってきて一緒に入りました。何と久しぶりの、男の人との御一緒のお風呂でした。
お互いに興奮してきて、私もアソコが濡れるのが分かり、彼もアソコが勃起して
いるのが解り、お互いにもう我慢が出来なくなり、お風呂から上がりベッドに入り
セックスが始まりました。それはもう凄い濃厚なセックスでした。私に主人も
してくれないような事を沢山してくれました。私は生まれて初めてアソコを舐めて
貰いました。私の主人は夫婦生活でも、ただチンチンを私のアソコに入れるだけの
セックスを何年も繰り返しやってきました。ですから私もセックスはこう言う遣り方
なのかな〜と思いつつ何十年も過ぎてきました。
それが、こんなセックスを経験しましたら。狂いますよね・・・
体位も勿論色々してくれました。まだ私も62ですが、充分に濡れました。
もう主人には、申し訳有りませんが、主人とは遣りたく有りません、因みに彼は

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2015年3月21日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】従兄弟【セフレ】

私と小学校4年生のかずくんと1年生のゆうくんで海で遊んでました。
家が海の近くなので水着のまま家に帰ったんですが、
「みか、かずくんとゆうくん洗ってあげて!」と母がいうので
風呂につれていきました。2人とも砂だらけ。ゆうくんは海パン履いてなくて
オチンチンまで砂まみれでした。私も裸になってかずくんを裸にしました。
先にゆうくんを洗ってあげました。小指の先くらいで可愛かったです。
ゆうくんはずっと私のオッパイ触ってました。ずっとそうしていたかったんです
けど、もう一人いるので、急いでゆうくんの体を拭いて「ゆうくん上がったよ」
とおばさんに渡して今度はかずくんの番。私の前に立たせて洗ってるとゆうくんのまねをしてオッパイ触り始めました。
Hな子。ゆうくんと違ってオチンチンがちょっと大きいのでスポンジだと
洗いにくくて手で洗ってました。洗ってると、えっと思う間にムクムク大きく
なってきました。握るようにしたらツルっと皮がむけてピンっと立っちゃった
んです。当時処女だったのでそうゆうのを見たのも触ったのも初めてでした。
そうゆう知識はあったんですけど。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年3月20日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】過去最悪の経験【セフレ】

もう本当に最悪。何で私がこんな目に遭わなくちゃいけないの…..
今考えただけでも背筋が寒くなる
高校生になって早4ヶ月が経った夏休みのある日…
当時私はバトミントン部の合宿である旅館に泊まった。二泊三日の合宿で本当に充実した練習になるはずだったのだが、
二泊目の夜、消灯してから少したった時、トイレがしたくなった。なので寝る部屋から少し離れたところにあるトイレに行った。
友達を誘ったが、皆今日の練習がよほど疲れたのかみんな寝ている。
トイレを終え、手を洗っていると誰かが入ってきた。鏡に反射されたその人の顔を見ると、男の人だった。
その人がいきなり抱きつき、私の口をハンカチのような布でおさえ首筋を舐めてきた。
本当に気持ち悪かった。でも私はそこが弱点でもあるので少し感じてしまった。
「感じているの。さっきから体が痙攣しっぱなしだよー 」男がいきなり言ってきた。
口をふさがれている私は何も言えずただひたすら抵抗するしかなかった。その抵抗も男にとって無駄だったが。
だが何かおかしかった。さっきからすごく眠い。意識が飛びそうなほど…
ようやく分かった。たぶんさっきのハンカチになんか薬がつけられていたんだと思う。
そのまま意識が飛び最後に男の声が聞こえた。
「ようやくか」と….

エッチ体験談検索用タグ

||||

2015年3月19日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】逝かせてやるよ【セフレ】

大学時代の話
当時、H経験も浅かったんだけど
Hに対して淡白で、イクと言うことが今一つ分からない
って言うようなことを仲の良い男友達にもらしたことがあったのね。
そうしたら、その男友達の彼が
挿入なしで逝かせてやると言い出して
彼も私にも恋人がいたんで、抵抗はあったけど
「絶対に挿入はしない」という約束で、うけました。
その日、彼(男友達)だけでなく彼の友達も来てとまどいましたが
彼とは幼なじみのような関係で、信頼もしていたので
3人でということになりました。
目かくしをされ、手首を頭の上で縛られました。
二人の男の人の手が、やさしく衣服を抜かしていく感覚
それだけで、いままでにないドキドキ感がありました。
一人が胸をさわって、もう一人が足の付け根のあたりをさすってきたときは

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|

2015年3月19日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】黒人の巨根に狂った妻【セフレ】

私45才妻30才すわっぴんぐパーティに何度か参加してるうち55才になる男性に今度知合いの黒人紹介するから 一度ぐらい経験してみたら?と 妻が嵌められてる最中に言われたので怖くないの?って聞くと 優しくてムードがあって奥さん絶対満足しますよ! と言われたらしい。
結局 朝までに自分の携帯教えてしまいました。その日の夜に電話があり黒人さんがぜひお会いしたいとのことで週末に別なすわっぴんぐパーティお断りして会うことになった。妻はスケベそうな体つきでむっちりです巨乳でF以上かも! 子供を産んでないから垂れてませんタンクトップにミニスカで出かけました。時間どうりに着くとかなり前に着いたらしい。黒人さんが2人とこのまえの親父さんです話を聞いてから2人とも今日まで 出してないとの事若いからたっぷりでるよ!と親父さんも楽しみみたいだね。 しかしほんとに真っ黒だねアフリカ系らしい。 親父さんの車をスーパーに止めて自分のアルファードでホテルに行きました。日本語が少しできるから ホッとした部屋に入り妻がシャワーを浴びようとするとそのままがいいと言うのでとりあえずビール一気飲みで乾杯すぐに 片方がキスを始めた もう一人は服を脱がして おまんこをこねくりまわしたピチャピチャグチョグチョ状態で妻はフンフン感じて腰をクネクネさせておねだりしちゃって親父さんに奥さん早く欲しいんだろ?って聞かれても フンフン感じまくっていました。ぼくは早く黒人の極太ペニスを見たくてイライラしてました。ようやく裸になりびっくり!ベッドに寝かされて足をエム字にしてクンニが始まり妻はとうとう早く!としがみついていきました極太ペニスすごい迫力です入れられる前から喘いでいましたとうとう頭が入ったようです妻はすごい声を出していますゆっくりゆっくり少しづつ少しづつピストン始まったからもう大変です妻の耳元で痛くない?って聞いても快楽の世界に入ったようですもうすぐ出る!とその時親父さんが おまんこの中にローション入れると妊娠しないからと口にローション入れて口移しをしました 今まで極太ペニスが入ってたから 三回口移ししました。 どうやら中出ししたいのかも!いつの間にかビデオ撮影始まりました。ピストンされてローションが泡を立てて僕の心臓バクバクでしたクライマックスが来て妻と正常位きつーい合体 そしてフィニッシュ!!精子とローションが泡となりおまんこと極太ペニスの隙間から吹き出して来ました妻は失神状態でしたつぎの黒人はさらに太くてあまりの刺激に妻は潮を吹いたみたいでベッドは大変です今度はいろいろ体位を変えてよほど溜まってたのか2人で三回づつやりまくりました。やっとこれで終わりかなと思ったら妻が 足を開いて誰か来て!と親父さんが嵌めに行ったら妻が激しく腰をクネクネさせたからすぐに中出ししちゃいましたよまた会う約束をして今日は帰る事にしました。妻は後ろのシートで座位でまたがり着くまで嵌めていました。 中出しされるまで スーパーの駐車場でいきまくりました。 やっと帰宅してシャワー浴びて 寝てしまいました。あの時のビデオは何処に流れたのだろう!今ではパーティ参加は黒人か巨根目当ての日々ですどなたか巨根のかたよろしくお願いします

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年3月15日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】合コンに誘われて【セフレ】

今から5年程前のこと。当時、学生だった私は
中学の同級生清美から電話がきて
合コンに誘われました。清美とは同じクラスだったけど
そんなに親しくなかった、、なんで突然電話なんて
来るんだろう、、って思ったけど暇だったのでok。
合コンの場所は居酒屋。人数は男:女=3:3。
相手の男達はみためはかっこいいかんじだけど
遊んでる人っぽかった。色が黒い(肌の)
普通に盛り上がってカラオケに行く事になったんだけど
男の一人がこの近所に住んでるっていうことで
その男の車をとりに行こう、ということになった。
で着いたマンションで清美が急に「腹痛い!」って
言い出して、皆でその男の部屋にいった。
6人だとキツキツで変な密集感があって
当時ウブだった私はそれだけでドキっとしたなあ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年3月15日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】大人の私は我慢して…。【セフレ】

「会いたかったよ〜(><)。会えたとき、いっぱいぎゅーしてネ」
「もちろん!離さないぜ…!」
(サムイですかね?)メールで約束したのに…。
彼…たくちゃん(仮名ですけど)、仕事で遅くなって、会える時間が遅めになって、
スーパーで、「今日はおうちデートだね〜」って話しながらの買い物中、
「あーっ!おにーやん!おにーやん!!」
バタバターって、すっごい笑顔で駆け寄ってきたのは、2人の小さい子ども達でした。
その小さい子ども達(3才と2才の子です♪)は、彼の親戚の子ども達です。
このスーパーでの出会う確率はなんと7、80%ですー。
「おにーやんだっこ!だっこ!」
たくちゃんにひょいひょいっと、だっこされていました…。
私のこともだっこしてぇ〜〜って思っちゃいました。
…いつも思っちゃってましたけど…。
アパートにつくまで、大人の私は我慢ですー…。(ドン引きですかね?)
たくちゃん、上着のフードで遊ばれたり、ほっぺみょみょーんってされてます。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||

2015年3月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】信じられない出来事【セフレ】

偶然この掲示板を発見して、どうしてもあの日のことを告白したい衝動にかられました。私は28歳のOLです。1か月ほど前の日曜日、郊外に住んでいるお友達に会うため、久しぶりにバスに乗りました。始発のバスターミナルから乗車して1時間の予定。バスの後ろ側の席に座りました。私の後から乗り込んできたちょっとヤクザ風のがっしりとした体格の中年の男性が、他の席がガラ空きなのに、迷う様子もなく私の隣りに座ったんです。その日はたまたまミニのタイトスカートを履いていたので、とっても嫌な感じでした。そしてバスが発車して5分もたたないうちに、その人が平然と私の太ももを撫でてきたんです。突然のことで、そして恐怖と嫌悪感で声も出せないでいると、その人が囁きかけてきたんです。「あんたスタイルいいな。バスに乗る前から見てて、あんたがバスに乗ったんで俺も乗ったんだ。少しさわるだけだからな」と低音の怖い声で。身を固くするだけで何も言えなかった。パンストの上から太ももから足首のところまで全部撫でられて、それから太ももの内側を掴むように撫でられて…。どうしてこんなことに…。嫌悪感で鳥肌が立ちました。そして「少し脚開けや」と言われて、恐怖のあまり言うとおりにすると、手でミニスカートをずり上げて、パンティとパンストの上から私のあそこを撫で始めたんです。回りに乗客はいないし、怖くて声も出せなくて、されるがままでした。そのうち胸もさわってきて、そして耳を舐められて「あんた、ほんとにいい女だー。あー、たまらねーよ。俺もうビンビンだぜ」と卑猥なことを言って…。そして「俺のち○○触れよ」と言って無理矢理私の手を…。恥ずかしいけど、びっくりしました。ズボンの上からだけど、信じられないくらい大きくて、そして固くて…。それを言われるままにさすったり握ったりしているうちに、自分でも不思議だったけど、少しだけ変な気持ちになってしまって…。するとその人が、パンティとパンストの上からクリトリスのあたりをさすりながら「どうだい。いいだろう。少し感じてきたんじゃないのか?どれ、ちょっと立ちな」と言いました。「どうしてこんなことになっちゃったんだろう」と思いながらも、とにかく怖くて、言われたとおり立ち上がると、いきなりパンストとパンティを膝のところまでずり下げたんです。小さい声だけど「イヤ!」と言うと、そのまま手を引っ張られて座らされて、手であごを強くつかまれて「痛い目見たくなかったら、黙って言うとおりにしな。気持ちよくしてやっからよ」と言われたので、怖くてうなずいてしまったんです。そして脚を大きく広げられて、指でアソコをいじられて、クリトリスをつままれて…。「ほうら、もうこんなに濡れてるじゃねーか。さあ、俺のも直接しごいてくれや」と言って、ズボンのジッパーを下げて、上着で隠すようにあれを出したんです。初めてみるほど黒くて、亀頭が光っていて…。本音を言うと、思わず見とれてしまって…。手を導かれて、その熱くなったものを握りました。本当に手で握りきれないほど太くて、そして長くて固くて…。今度は、彼が添えた手を離しても、自分から手を動かして、ゴツゴツしたあれをしごいてしまいました。その間も、あそこを指で愛撫されて…胸をもまれて…耳を舐められて…見た目は怖いけど、愛撫はとってもソフトで優しいの。彼の指が私の中に入ってきた時には、もう私のアソコから、とってもいやらしい音がでるほどヌレヌレになって…恥ずかしいくらい感じはじめて、彼のものをしごきながら「あぁーん」と甘い声を出してしまったんです。気がつくと、パンティとパンストがこれ以上伸びないほど、自分から大股を開いていました。すると突然彼が私のあそこから指を抜き「さあ次で降りるぞ」と突然言ったんです。何が何だかわからないまま、パンティとパンストをはき直しました。彼も自分のものをきゅうくつそうにしまいました。彼は「さあ」と私の手を引いて立ち上がり、前の方へどんどん歩いて行きます。そして二人分の料金を払って…。あの時、どうにかすれば逃げることができたと思います。でも、何もしなかった。どうして…。きっと心のどこかに「この人について行ってみたい」という気持ちがあったんだと思います。バスから降りるとすぐタクシーに乗りました。そして街の方へ逆戻りして…。タクシーに乗っている間も、彼はスカートの中に手を入れて私のアソコを…。気がつくとホテル街の前。手を引かれたまま素直に彼とホテルの中に入りました。部屋に入ると、いきなり抱きしめられて口づけ。「さあ、舌を出して」と言われて素直に舌を出して…。強く抱きすくめられて、タバコ臭い舌を絡められて、そして強く舌を吸われて…この時にはもう「ああ、私はこの人に犯されてしまうんだ」と言うより「この人に抱かれるんだ」と思って観念していました。「あんたみたいな若くてイイ女抱くの久しぶりだぜ。たまんねえ。ほら、ち○○ビンビンだ」という下品で乱暴な言い方にも変な気持ちになって…。口づけして、首を舐められながら服を脱がされ、ブラとパンティとパンスト姿でベッドに寝かされました。そして彼は裸になってベッドへ…。パンストを脱がされる時は、自分から腰を上げてしまいました。その時目に入った彼のち○○は、ものすごく大きくて、そしてびーんと真上を向いていて…。わざとなのか、ブラとパンティを脱がさないまま、体中を舐められました。脇の下や手足の指の一本一本まで。その頃になると、見た目とは違う彼の優しい愛撫に、自分でも恥ずかしいくらい愛液が溢れ出してくるのがわかりました。ブラを外され乳首を強く吸われた時には、自分でも信じられないくらい「アハーン」という甘い声を出してしまったの。彼は何度も何度も「あー綺麗だ。最高だぜ。俺のものだ」と言いながら顔を下半身のほうに…。脚を広げてパンティの上からあそこを見て「おーすごく濡れてるじゃねーか。嬉しいぜ」と…恥ずかしかった。「さあ、見せてもらうぜ」と言ってパンティに手を…。また自分から腰を上げて協力してしまったの。明るい照明の中、大股開きにされて、そして指で広げられてアソコを見られました。見られていることにもとっても感じちゃって…「おー、綺麗じやねーか。あんた、あんまり遊んでねーな。何人とした?」と聞かれ、恥ずかしさの中で小さな声で「二人です」って本当のことを言ったんです。「そうかい、嬉しいぜ。たっぷり可愛がってやるからな」と言ってアソコに舌を。体がとろけそうでした。舌と指を使ってアソコの回りや表面、そしてクリトリス、そして中…。「ああーん。あはーん」と、恥ずかしいくらい甘い声を出して、声がだんだん大きくなって…。気がつくと、自分から大股を開いて、彼の髪をわし掴みにして、そして腰が浮き上がって…。その後、四つん這いにされて、お尻を高く突き上げて、後ろからアソコを舐められて、そしてお尻の穴まで舐められて…生まれて初めて…。「さあ、ち○○しゃぶってくれや」と言われて、言われるとおり彼のものを握って、少し嫌な臭いがしたけど、彼の言うとおり袋をもみながら、舌をたくさん出して根元のほうから舐め上げました。そしてカリを舐めって、大きな亀頭にキスをして、透明な液体が出てくる亀頭の先を吸って、そして全体を口に含んでしゃぶって…。でも彼のものが大きくて全部はしゃぶれなくて、本当にあごが外れそうになりました。そして「ああ、これが私の中に…」と思うと、子宮のあたりがジーンと痛くなって、また熱い愛液が溢れ出してきたんです。「ああいいぜ。たっぷり濡れてるじゃねーか。さあ、はめるぞ」と彼が言って、大きく開いた私の股間にあれをあてがった時には、急に怖くなって腰を引いてしまったけど、彼に「さあ、いい娘だ。天国味あわせてやるからなー。さあ、脚広げて」と言われて、観念して自分から、また大きく脚を広げました。彼のものが入ってくる。大きくて、固くて、長くて、そして熱くて、時間をかけて彼のものが全部私の中に入るまで、とっても痛かった。でも、彼がゆっくり突きはじめると、だんだん下半身から快感がこみ上げてきて、付かれるスピードが早まるたびに、快感もどんどん高まって…「あああ、はあーん、ああーん」と声が止まらなくなって。私の中が、全部彼のもので埋まっているみたい。彼も「あー最高だ。たまんねー締まりだぜ。おまえいい女だー」と言って、更にピストンの速さを上げて…もう私は達していました。今までに味わったことのないような強烈な快感に浸って、頭の中が真っ白になって、体が震えて…。後ろから突かれ、彼の上になって、何度も絶頂を迎えました。体位を正常位に戻して彼がスピードを速める頃には、気が変になるくらい感じて、体が一つになっているところからは「クチャッ、クチャッ」と卑猥な音が聞こえて、体全体が切なくなって、恥ずかしいけど、口からよだれまでたらしてしまったの。本当にたまらなく気持ちよくて、彼につかまろうとした時「ああーいいーたまんねー。もう出る。出るぞー」と言いました。「あっ大変ゴム付けてない」と思ったけど、焼け付くようなピストンの快感に負けて、彼にしがみつきました。それと同時に、私の中の奥深くに突き刺さった彼のものが一段と大きくなって、彼が「うっ」とうめくと同時に、子宮に熱い精子がどくどくと注がれるのがわかりました。精子が注ぎ込まれる感覚に、私もたまらない快感を覚えて、またイッてしまったの。セックスが終わった後、優しく髪を撫でてくれたのが嬉しかった。そしてその後また、2度精子を注ぎ込まれました。一度に3回もセックスしたのは初めて。
2回目と3回目の時、彼は私のあそこの周りに媚薬クリームというものをすり込んだの。本当に生まれて初めてでした。気持ち良くて気持ち良くて、体全体が溶けてなくなってしまいそうで、自分の体が空中を漂っているような感覚。本当に大声で叫んでしまいました。セックスがこんなにいいなんて…こんなに気持ちいいなんて…。恥ずかしいけど、3回目に彼に精子を注ぎ込まれた時は、気が狂うほどのあまりの気持ち良さに、我慢していたおしっこをたくさん漏らしてしまいました。彼とは、あっけなくホテルの前で別れたまま。実はもう一度彼に会いたくて、同じバスターミナルに何度か行ってみたけど、結局会えませんでした。心配していた妊娠もしてなかったけど、本心で彼にもう一度会いたい。彼の女になりたいの。今この投稿をしている最中も、あの時のことを思い出して、恥ずかしいくらいパンティーを濡らしています。あんなセックスをまたしてみたい。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年3月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】キモオタ豚野郎【セフレ】

私が高校のころに好きだったKは、
今思えばつまんないヤツだった。なんであんなヤツ好きになったんだろ。
デブでゲーオタでネクラで、努力もしないクソ野郎。
女の子を勘違いさせて傷つけまくるクソ野郎。
私の想いに気づいていながら、デブのくせに余裕かまして私が話しかけるのを待ってやがるの。キモイ。
政経の授業でもさ、私が前回休んだのわかってるくせにプリント貸してくれないの。わたしは待ってたのに。
仕方なく、今の彼氏に借りたよ。
Kはさ、ホントキモイんだ。卒業式の話もしたよね。
でさ、最近になってmixiで「あの頃はゴメンなさい」って謝ってきてんの。
知らねーよ、デブ!カス!お前みたいな恋愛負け組は死ね!
多分、友だちとかもいなくてニートなんだろうね。生きてる価値ないわー。
死ねよ、K。あとKみたいな境遇のウジウジしたゴミクズども同罪ね。
ホント、Kには死んで欲しい。私の貴重な高校時代返せって感じ。
あんたなんかに捕まらなきゃなー、私の青春返せよキモオタ豚野郎。
(大阪府柏原市 アパレル業 mixiネーム:もめん豆腐ことイシイユウコ 27歳)

エッチ体験談検索用タグ

||

2015年3月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】中学校2年生掲示板【セフレ】

名前: []
悩み相談委員会中学校2年生掲示板 – このスレが所属する板
——————————————————————————–
中学校2年生掲示板/ 悩み相談委員会を全表示

レス数が 1000 を超えています。残念ながらこれ以上は書き込めません。
1   陽・改め・つっち~ [2006/04/08(土) 17:58:55]
えっと……、中一板でもやっていたスレを中二板
でもやりたいなぁ~っと思って作りました。
(聞いておりませんね、そのとおりです)
うん。きっと中二になって、不安や悩み事も少なくない事でしょう。
後輩と上手く話せない・やっていけない。
勉強についていけない・分からない。
告白したくても、なんと言ったらいいのかが分からない。
彼女と最近話しが弾まない。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年3月12日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ