エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】小2のあなる【セフレ】

今から10年ほど前の話やけど、俺は近所のゲーセンに行って一人でよくメダルゲームをしてた、その日も日曜やし朝から一人でゲームしてたら小額2〜3年生くらいの女の子が、床に落ちてるメダルを拾ってゲームしてた、俺の足元ら辺に落ちてるメダルを拾いにきた時にその子に「メダルないんか?」 って聞いたら「うん、お金ないねん」
って言った、「一人で来てる?」って聞いたら「うん」 って答えた。
俺はこれはチャンスかもっ!と思った、俺は結構メダル持ってたから「お兄ちゃんのメダル分けたろか?」 って言ったら「ほんまに〜いいの?」 って喜んだ、
「その代わりお兄ちゃんのお願い聞いてくれるかな〜?聞いてくれたら分けたるけど」
って聞いてみたら「うん、ええよ〜」 って言った。
「ここやったら無理やからちょっとついて来てくれる?」 「うんわかった」
とその子を外に連れ出して、ゲーセンのあるビルの2階の踊り場につれて来た、2階はテナントが入って無いから人が来くることは無いの知ってた、踊り場に行く途中に名前と歳聞いたら7歳で小2やった、名前は舞(仮名)
踊り場のとこで、「お願い事言うけど恥ずかしいから絶対内緒やでっ」て言うたら舞ちゃんはコクッって頷いた。
「舞ちゃんのお尻にカンチョーさしてほしいねん、お兄ちゃんがもうええよって言うまでカンチョーさしてくれたらメダル一杯あげるで」 って聞いたら「ええ〜嫌や〜なんでカンチョーなん?」 って笑いながら言ったからこれはイケるって思い財布から1000円出して「さしてくれたら1000円もあげるで〜」 って言うたら「う〜ん、、、」 って悩みだしたから「とりあえず後ろ向いてみ」 って言って舞ちゃんを後ろに向けてツンツンって軽くカンチョーして「なっ、こんな位やから大丈夫やろ?ほなちょっとやってみよっか、こんなんでメダルも1000円ももらえるんやから舞ちゃんラッキーやで」 と言ったら「う〜ん、ええけどあんま痛くしたらアカンで」
とOKが出た。
「ありがとうすぐ終わるからな、ほなちょっと4つんばいになって」 っ言って舞いちやんを踊り場に四つんばいにさして服の上からお尻の穴を指で何回か押したりぐりぐりってやった、「どう?全然痛くないないやろ?ちょっとスカートあげるで、、、」
舞ちゃんのワンピースのスカートを捲り上げて今度はパンツの上からお尻の穴を指で押したりした、特に舞いちゃんが嫌がる感じがなかったからそのままパンツをずりおろしたら「なんでパンツ脱がすん?」 ってちょっと不安そうになったから
「パンツにウンチ付いたらあかんやろ、ちょっとじっとしててや」 って言い人差し指をなめて舞ちゃんのお尻の穴に入れてみた「なにしてんの〜」 ってこっち見て言うから「すぐ終わるからちょっとそのままカンチョーさしてな〜力入れたらアカンで〜」
って言いながらゆっくり指を挿入した、入り口らへんはちょっときつかって嫌がったけど何回も唾つけてやったら第二関節まで入った、入り口越えたら舞ちゃんもあんま痛くなさそうやった、「どんな感じ?あんまし痛くないやろ?」 って聞いたら「うん、、、なんか気持ち悪い感じ」 って言うた、俺はその指にゆっくり力を入れて「もっとお尻の奥まで入れたら気持ちよくなるからな〜力入れたらアカンで、、、」
って言って指を根元まで入れようと思いそのままゆっくり挿入した、小2の女の子のア○ルに俺の人差し指が根元まで入った、なんかグッと暖かい物で締め付けられてて舞ちゃんの脈がア○ルからわかった。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2014年9月10日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】小さな彼女9【セフレ】

パンツを脱ぐため一度閉じた足が、力なく再び開くのを私はただ一点に集中して見つめていました。
現れたソレは今まで目にしたモノとは別物のようでした。まだ幼い少女ですから、陰唇などはなく
綺麗なスリットであることは変わらないのですが、中心部からは愛液が滴り落ち、普段はスリット
に硬く閉ざされた幼いツボミが充血しピンクに染まりその下には、ココよと言わんばかりに膣が
ヒクヒクと脈づいているのです。
そのツボミをそっと指で突っつくと、ミキちゃんは恐ろしいほどに反応しました。指の動きに呼応
して「はんあっ、はんあっ」とハッキリとした声を発し全身をビックンと反らすのです。
2分ほどでしょうか、ソフトにソフトにクリトリスを刺激していると、全身がピンクに紅潮し、
「ウゥッ、ウゥッ もはぁっ」と、嘔吐でもするのかと思うような声を上げ始めたのでこれ以上の
刺激は危険なのではと思い、手を離すと、自らの手で私の手を中心部へと導こうとするのです。
言葉は在りませんが、止めないでと懇願しているのが私にはわかりました。
私はそっとミキちゃんの唇にキスをし、また瞳を見つめました。すると、ミキちゃんはウンウンと
頷くような動作を繰り返すのです。ミキちゃんの真意はわかりませんが、私はキスを求めていると
理解し、全身をやさしくキスしました。耳、首、肩、胸、お腹、太もも・・・
太ももから内側にキスをしていくとミキちゃんはスーッと足を開きます。何回か繰り返してハッキ

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年9月10日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ヘルメット中学生【セフレ】

ヘルメット中学生削除依頼
1: 投稿者:オヤジぃ ◆1rc/ds6b9g 2010/04/23 20:21:55(zEEap4.A)
投稿削除

久しぶりの休みだったもんで、朝から獲物を探していたら、路地の奥の住宅から自転車に乗った中学生が家から出てくるのが見えた。かなり小柄で可愛らしかったので、ズボンに手を突っ込み、珍をシコシコしながら女の子に近寄って行った。5mぐらいまで近寄った所で目が合った。女の子は最初は私の顔を見ていたが、すぐに視線は私の股関にいった。何をしてるのかな?という顔をして通り過ぎようとしたので、「何してるか分かる?」と声を掛けたら、女の子は自転車から降りて首を横に振って「何してるの?」と聞いてきたので、ズボンを下ろしておっきくなった珍を女の子の前でしごいて見せてあげた。女の子は「あっ!」と小さな声を出してうつむいてしまったので、「ちゃんと見てて」といって無理矢理顔に近づけてシコッてみた。女の子は嫌々ながらも視線は私の珍を見てくれた。そのうちに興奮が絶頂に達して、思いっきりSし、白い濁液が道端に飛び散った。その様子を見ていた女の子が私の顔をみながら一言、「おじさん、変態?気持ち良かったの?」と言われてしまった。またその声が少し震えていて可愛かったから、「明日も見てくれる?お小遣いあげるから」と言うと「お母さんには内緒にしてくれるならイイよ」ということで明日も言ってきます。

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2014年9月9日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】友達の娘と‥【セフレ】

友達の子に13才の女の子がいる。俺の事をおにいちゃんと呼んで、よくなついている。
みんなで飲んでいると、まだ膝の上に座ってくる。先日の宴会の時もあぐらをかいて座っている俺の足の間に、まだ小さいお尻をのせてきた。いつもと違うのは俺には話しかけてこなくて、無視をしている。そのうちにメグ(仮名)がお尻を、周囲に気付かれない様に小刻に動かし始めた。お尻の割れ目が俺のチンポを擦るように動かしている。スカートの中のパンティを直接擦り付けている。チンポはすっかり勃起して、メグのおまんこをパンティ越しに刺激している筈だが、メグは相変わらず無視。と、突然振り返り
「おにいちゃんコンビニに行こう」
と言い出して、驚いて黙っている俺の手を掴んで立ち上がると歩き出そうとした。
「じゃあ、行ってくるよ」
仲間にそう言うと二人で家を出て歩き始めた。外は夕方から、夜に変わっている。
「おにいちゃん、メグに感じた?」
家から離れるといきなり尋ねてきた。
「びっくりしたよ。でも、どうしてあんな事をしたの?」
俺が聞き返すと、メグは
「エッチな事に興味があるの。だからおにいちゃんに教えて欲しいの」
「俺で良ければ教えてあげるけど‥」
「おにいちゃんのおちんちんがごりごりして気持良かった。凄く感じた!」
コンビニには行かずに近所の公園に向かった。少し木の陰になっているベンチに並んで座る。「それでメグは感じたらどうなった?」
「あそこが熱くなって、いっぱい擦り付けちゃった」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||

2014年9月5日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】小さな彼女7【セフレ】

ミキちゃんもこの春で3年生になり、身長もさらに伸び今じゃ145cmに迫っていて初潮を迎えるのも
時間の問題じゃないかと思う今日この頃です。
そんなある日ミキちゃんに「生理は来た?」と尋ねると「まだだよ」と笑顔で
答え、私を見つめて「なんでぇ〜?」ととろける様な口調で顔を近づけて迫ってくるのです。
私の知識では女の子は身長145cmほどになるとかなりの子が初潮を迎えると、どこかで目にしたこ
とがあったので、なんとなく聞いたのですが、ミキちゃんは私が何かを企んでいるとでも思ったの
かそんな理由では納得してくれず、とても不機嫌になってしまったのです。
ミキちゃんはクラスで後ろから3番目、でも、胸が全然膨らんでいないことをかなり気にして
いたのです。自分より身長の小さい子でも胸が膨らみ始めているのに、ミキちゃんは全然膨らむ
兆しの見えない自分の胸にとても心配していたのです。そんな中、学校の授業で体の事を勉強し
初潮を迎えるころ胸が膨らみ始めると説明されたとかで、私がミキちゃんの胸のことを気にして
生理があったかどうかを聞いたと思っていたのです。
いつものように私の前に座りミキちゃんの肩越しに私が覗き込むように話をしていたのですが、
ミキちゃんは私の顔と自分の胸を交互にみなが「○○君、ミキの胸大きくなるの待ってくれる?」
と言うのです。もちろんと私が大きくうなずくと、さらに嬉しくなることを言ってくれたのです。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2014年9月5日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】小さな彼女7【セフレ】

その刺激に耐えながら、クリトリスを重点的に攻めはじめてまもなくすると、はじめて試した
時のように突然
「ァハッ、ハッ、あっ、止めて、そこ止めて、ヤメテ」とペニスを握る手にグッっと力が入り、
訴えてきたのです。私のペニスもガマン汁でベトベトになり、限界寸前でした。
クリトリスを更に刺激した次の瞬間ミキちゃんの口から予想もしなかった言葉が発しられたのです。
「アッ、待って、待って、アッ、怖い、怖い、待って」全身硬直し、足はピンと突っ張り、クロス
させ、つま先をクッ、クッっと伸ばし、「はっ、怖い、怖い」と。
私はミキちゃんにもう止めるか聞くと、目に涙を溜めて、止めてと懇願するのです。クリトリス
の刺激を控え、指を止めると「ハァー、こないだみたいになるの気持ちいいけどっ、怖いの」と
力んだ声で訴えて来るのです。その愛らしい顔を見た次の瞬間私は限界を超えてしまいました。
自分の握っていたペニスが突然痙攣をし、大量の白い液体を発した事にミキちゃんは相当ビックリ
した様で、痙攣のたびに飛び散るその軌道を一回二回と目で追いかけ、顔や髪の毛、胸にまで飛び
散った液体を不思議そうに眺めながら、それでいて困った顔をし「どうしよう」と見る見る収縮し
ていく私のペニスを握りながら、気が遠くなりそうな私の顔を見て言ったのです。
しばらくの沈黙の後、私は、ミキちゃんにしてもらったから気持ちよかったよ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年9月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】潔癖症【セフレ】

私は今まで男の人と 長くつき合ったことがなく、
今では男 友だちからも敬遠されていて、 女友だちも私は男嫌いだと思っています。
すごくガードが堅く勉強ばかりしているように思われているのです。
中学とか高校、大学と新たな世界では、友だちの中で私がまず男の人から 声をかけ
られる。でも、私は潔癖症というか少しでも男の人の不潔なことを 見つけると、も
うダメになるの。息や体のくささは勿論、男くささだけでも嫌になってしまう。
こんな私も、去年国立大学に現役で合格して、去年の春から中一の男の子(今は中2)
の家庭教師を始めたの。高3の時は全国模試・英語で名前が載ったこともあるの。
その中1の子は今までつき合った男の人(でも1ヶ月も続いたことないの)とは違って
女の子のように可愛い子だという印象があったのに、やっぱり 男の子は男の子だったの。
6月ごろ、素足にタイトのミニで彼の机の横に椅子を並べて、 勉強を教えている時に、
その子に問題の与えて待っている時に、ほんの少しうとうとしてしまったの。
ほんの少しの時間だと思う。ふと目が覚めると、その子がね、机の下に潜り込んで、絨
毯にはいつくばる ような恰好で、少し開いた私のスカートの中をのぞき込んでいたの。
その子の露骨な姿を見たとき、体に電気が走ると言うか、ジーンとしびれるようになって

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年9月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】小さな彼女6【セフレ】

しばらく見ていると、ミキちゃんはモザイクで隠されたその部分を指さしながら、
「アレじゃモヤモヤしてて良くわからないから、○○君の見せて」と言ってきたのです。
分かってはいますが、何を?と聞き返すと、恥ずかしそうに伏し目がちにして、私の股間を
チョンとタッチしてきたのです。私はもうそれだけで発射してしまいそうになりながら、
ミキちゃんの顔を見ると、着ていたピンクのワンピースを大きくまくり上げ
「オレンジのパンツだぁ」と足を広げて見せてきたのです。
会話としてはとても不自然ですが、二人の間では妙に意志の疎通が出来ていて、ミキちゃん
は自分の気持ちを精一杯伝えているのだと直ぐに気が付きました。「え〜」と
私が言いながら、意地悪そうにミキちゃんの顔をのぞき込むと、見る見る顔が真っ赤になり、
だってぇーっ 、と少女独特の口こごもった言い方でテレを隠しているのです。そして、
「早くっ、見せてよ」と言うのです。
私がミキちゃんの顔を見ながらジッパーに手を持っていくと、ミキちゃんはゴクッっと音を
立ててつばを飲み込んだのです。いや、音はしなかったかも知れませんが、そのように私に
見える程の態度をしていたのです。
私がジッパーを開け出しずらそうにしているとズボン脱いじゃえば良いよ、と股間の一点を

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2014年9月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】洗脳14(ミニゲーム)【セフレ】

俺は二時間も風呂に居た。風呂場を片付け、風呂を出る。妹は無事にミッションをクリアー出来るのか?
元気に風呂場を出て行ったが…。俺がお風呂出たよ〜っと姉さん達の場所に行く。俺の彼女が、随分長い風呂だったね…何してたの?と聞かれた。俺は何もしてないよ〜っと嘘をつく。
本当に?俺は『本当。あれ?妹がいない…』あのね…妹が風呂から出てきたら無言なのよ。何も言わない。俺は『何でかな?』時計を見ると精子を入れてから10分かな?俺は『何処に居るんだ〜?』妹を呼んでみた。何処かで【ドンドン】と音がする。妹は『ん〜!ん〜!!んんんー』居やがった。部屋のすみで壁に寄りかかっている。俺と彼女の会話で笑いたかったらしい。彼女は、妹の口に何か入ってると気になるらしい。妹は『んんんーんー』唾液と混じって量が多くなってるようだ。俺は『口の中に何入れてるの?口を少し開けて見せな。』と妹に言ったら、妹は上を向いて『あ〜〜ん』と見せた。精子が口内で泡になっていた。俺は匂いをかいだ『クンクン…』精子の匂い。妹は口を閉じた。俺は彼女に『口の中を見たよ。匂いも確認した。歯磨き粉だ!!』
妹は『んんんーんんん。』【ドタドタドタ】必死に我慢している。

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年9月2日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】小さな彼女5【セフレ】

最近、彼女は私とミキちゃんの態度に何かを感じているのか、私とミキちゃんが
二人きりにならないようにしているようなのです。一方ミキちゃんはというと、
二人きりになった時しかイチゴのビリビリは出来ないと、強く言い聞かせたからか
私と二人きりになろうと、必死なのです。
突然、ケーキが食べたいと言いだし、じゃぁ買いに行こうと私が彼女に言って立ち上
がると、みんな一緒に行くの?と聞く始末なんです。ママだけで買ってきて、と。
ミキちゃんの行動に気が付いた私は気が気じゃありません。
隣の部屋で彼女が洗濯物を畳んでいるにもかかわらず、今なら大丈夫だよと言って
パンツを脱ごうとしたり、トイレに立った私についてきて一緒に入ればママには
わからないから大丈夫と言ってみたり。
先日の連休中彼女はお店を休んでいてずっと一緒にいたので、ミキちゃんと二人きりに
なることが難しいと考えたのか、突然ミキちゃんが彼女に向かって
「ママはお店に行けばいいのに」とまで言うのです。その一言に彼女の表情がそれま
でのにこやかな笑顔から見る見る変わり
「ミキっ、なんでそんなに○○君と二人きりになりたいのっ?なんかおかしいよっ」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2014年9月2日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ