エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【近親相姦】さや 〜参の回〜【秘密】

ある種の出来心から始まった俺の盗撮DAYS。
沙耶が実家に戻る度に実行した。

何度見ても美しい肢体。顔。乳。陰毛。

俺はお礼として精液を飛ばした。

抜き終わった後に気付く。

興奮は射精ではなく、もしかすると盗撮行為のスリルの方が上かもしれない、と。そんなことも思うが、しかしレンズ越しの沙耶を見つめるとその裸体がすべてと思わざるを得ない。

そんな日々が一年続いたある夏の日。

妻が妊娠した。そうか、と俺は思った。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2013年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】さや 〜参の回〜【秘密】

ある種の出来心から始まった俺の盗撮DAYS。
沙耶が実家に戻る度に実行した。

何度見ても美しい肢体。顔。乳。陰毛。

俺はお礼として精液を飛ばした。

抜き終わった後に気付く。

興奮は射精ではなく、もしかすると盗撮行為のスリルの方が上かもしれない、と。そんなことも思うが、しかしレンズ越しの沙耶を見つめるとその裸体がすべてと思わざるを得ない。

そんな日々が一年続いたある夏の日。

妻が妊娠した。そうか、と俺は思った。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2013年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【フェラチオ】包茎相談3:叱咤と努力【クンニ】

芳子「私が初めて付き合ってエッチをしたのが15歳、中3の時で、相手は1つ下の部活の後輩。ウチのお父さんも祐平みたいに少し恥ずかしがり屋で、ちんちんを見せなくてね、それまで、ちんちんを見たことがなかった私にとって、彼とエッチをすることになった時は凄く興味があったんだ。もちろん、保健の授業とかで絵で勉強はしたけど、実物を見るのはその時が初めてでサ。最初は試験管みたいなんだろうなって思ってたんだけど、おちんちんを見た時はビックリしちゃってね。イメージと違って大きくて血管もあって、皮もしっかり剥けててね。当然、彼も初めてだったから大きくなってたんだけど、私、思わず近くにあった巻尺で長さを測っちゃったの。そしたら、20センチもあって、中2でこんなに大きいんだぁと思って驚いたの。中2って言う事はまだ成長期だからこれからまだ大きくなるんだなと思ってね。次に付き合ったのは高2の時で、相手は同級生。私、付き合った人のおちんちん、全部測ってるのよ。その人は22センチだったかな。やっぱり、高校生になると大人で、しっかり剥けてたね。1番大きかったのは、次に付き合った人だね。私が20歳の時で、相手は一回り上の32歳だった。凄く大きくて25センチもあった。小さくなった時でも14センチあったね。それで、その後で付き合ったのが今の旦那。旦那も高校生の頃に付き合ってた人と同じ位あったかな?だから大体の一般の大人のおちんちんは分かるんだ。みんな、それ位なんだよね。私、色々見てきてるから大丈夫だよ。」
何と、芳子が今まで見てきたペニスは全て祐平の包茎より遥かに大きいものだった。芳子は20センチ位のペニスが一般成人男性の大きさだと思っており、祐平の手の中に隠されているペニスもその位だろうと予想していた。それだけに大人の包茎のペニスに興味津々だった。逆に祐平は自分の包茎がそのどれにも劣って小さい事に衝撃を受けていた。何度も男性との肉体関係を持った芳子からすれば祐平に安心させたつもりでいたが、反対に祐平は自分の包茎が他人のものより著しく小さい事を知らされ、余計に見せられないでいた。
何秒か沈黙が続き、祐平は未だに股間を手で隠していた。
すると、さすがに芳子は祐平の態度に嫌気が差したのか、「はぁ、」と溜め息を捨てた後で鋭く言った。
芳子「祐平、もういい加減にしなさい。」
祐平「ご、ごめんなさい」
祐平は少し怯えたように言った。
芳子「何度も言ってるけど、先生、祐平にもっと自身を持ってもらいたいの。先生だって、恥ずかしい事を今話したんだよ。それとも、ここまでしておいて、結局何も変わらなくていいの?」
祐平「い、いや」
祐平は芳子の質問に否定した。
芳子「だったら、さっさと手を退けなさい!」
今までゆっくり自分のペースで脱いでごらんと優しく話していた芳子はさすがに待ちきれない様子できつく祐平に当たってしまった。祐平は驚いたが、次の瞬間、芳子は我に帰ったように怒った事を後悔し、祐平に謝罪した。
芳子「ごめんなさい、こんなに言ったら余計、いやだよね。」
祐平「い、いえ、僕に自信がないのが悪いんです。」
祐平も弁解した。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【近親相姦】さや 〜弐の回〜【秘密】

風呂を上がると、

「こーくん、お疲れー」

なんて沙耶はやさしく声をかけてきた。

淫売のくせに、俺を欺いている。彼女は俺が下着を愛撫しているのを知っているのに、知らない振りをしている。そう思った。

我慢できず、俺は一人部屋に戻った。

追いかけて来た妻は不安そうに疑問を投げかけてきたが、興味はなかった。きっと俺は怯えて見えただろう。名前も知らない不安は胸ぐらを掴んで言った。

『この変態野郎め。淫売以下のクズ野郎』

俺は小さく笑いながら、妻に「大丈夫だよ」と答えた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】さや 〜弐の回〜【秘密】

風呂を上がると、

「こーくん、お疲れー」

なんて沙耶はやさしく声をかけてきた。

淫売のくせに、俺を欺いている。彼女は俺が下着を愛撫しているのを知っているのに、知らない振りをしている。そう思った。

我慢できず、俺は一人部屋に戻った。

追いかけて来た妻は不安そうに疑問を投げかけてきたが、興味はなかった。きっと俺は怯えて見えただろう。名前も知らない不安は胸ぐらを掴んで言った。

『この変態野郎め。淫売以下のクズ野郎』

俺は小さく笑いながら、妻に「大丈夫だよ」と答えた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】さや 〜弐の回〜【秘密】

風呂を上がると、

「こーくん、お疲れー」

なんて沙耶はやさしく声をかけてきた。

淫売のくせに、俺を欺いている。彼女は俺が下着を愛撫しているのを知っているのに、知らない振りをしている。そう思った。

我慢できず、俺は一人部屋に戻った。

追いかけて来た妻は不安そうに疑問を投げかけてきたが、興味はなかった。きっと俺は怯えて見えただろう。名前も知らない不安は胸ぐらを掴んで言った。

『この変態野郎め。淫売以下のクズ野郎』

俺は小さく笑いながら、妻に「大丈夫だよ」と答えた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【フェラチオ】びっくりしたこと1【クンニ】

「ゆずか[名前を名字に代用]、お前委員会に入ってないのに帰るの遅くねーか?」ゆずかの顔が赤いことにふと気づく。「どうした?熱があるのか?」ゆずかは黙って首を横に振る。「もしかして好きな人でも思っているのか?」ゆずかはぴくっと体が震えて、今度は首を縦に振った。ちょっとショックだったが、同時に誰が好きのか、聞いてみたくなった。「誰が好きなの?教えてくれ」と頼むと、案外あっさり口を開いてくれた。「私の好きな人は、えっちゃん[自分のあだ名で、同級生の間では普通、むしろ名字で呼ばれるのは珍しい]、あなただよ。!」ゆずかは珍しく大声で言い、更に顔が赤くなっていた。自分は状況が飲み込むと混乱した。「えっえっ、いつから?」「小学五年からずっと好きだったの、あなたの明るさと、少しエッチなところが」「もしかして、俺がパンツ覗いてることも。」「当然しっていたわ、でも好きだったから短パンは履かなかったわ。突然だけど、私のこと好き?」ゆずかの真っ直ぐすぎる視線をみつめて自分の気持ちを言う。「僕は去年からだけど、君のことが好きでした。」その瞬間ゆずかは満面の笑みになり抱きついてくるなり、キスをした。初恋の人とキスが出来た。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年6月14日 | エッチ体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【近親相姦】新たな家族。ー序章ー【秘密】

「おいっ、どういうことだクソ親父!」ある日、両親が離婚してから半年が経とうとしていたある昼下がり。
亮介は声を荒げていた。無理もない。「いきなり新しい家族を紹介する。」だなんて言われれば誰でも腹は立つ。
「まぁ、待て。とりあえず落ち着け。」と父親に制止させられた亮介は歯を食いしばり椅子に座った。
「入りなさい」と一言親父が言う。しばらくしてドアが開けられた。
そこには、しっとりとした艶と母性がにじみでた落ち着いた雰囲気を持つ女性と
その後ろに亮介と年齢がさほど変わらないであろう娘らしき少女。
この二人が今日から新しい家族ということらしい。年上の女性は涼子。そしてその娘を鈴音と言った。
何となく父親がこの人を新しい家族に選んだのかわかった気がした亮介は悔しくて仕方がなかった。
と、同時にどことなく、二人の魅力に引かれている自分にきがつくのであった。
この日から亮介の日常が大きく変わり始めたのは言うまでもないであろう。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年6月14日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】義妹と淡い気持ち8ー完結ー【秘密】

「お兄、それすごく恥ずかしいよ・・・///」美菜ははにかみながら嬉しそうに僕の事を見つめた。「うん、僕も同じ事おもった」つられて僕もはにかむ。幸せな甘い時間が流れ、ただ見つめ合ってるだけで胸にある感情が溢れ出す。「今だって、これからも・・・。ずっと一緒にいようね」まるで磁力に引き寄せられたかのように二人の顔が近ずいてゆき、そして・・・                       ー1年後ー                                                         僕等は、周りの反対を押し切り街を出た。今は美菜のお腹の中に新しい家族が産声を上げるその日を楽しみに、二人の事を知ってる人のいない街でひっそりと暮らしています。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年6月14日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】義妹と淡い気持ち6【秘密】

そう、忘れられない大切な約束。「大きくなっても、忘れないでね!」幼い日の幼き約束。小さい頃はただ不思議な事と新しい発見に満ち溢れていた。なんで空は青いのか、なんで人はみんな違う顔をしているのか・・・。今思えばそんな事ばかり考えていた気がするほどに考えていた日々。そんな日々を一人の女の子が変えていって、その女の子が美菜と知った時はいろんな意味でショックだったのを遠い日に起きた出来事の様に感じてしまう。「たぶん、あの日出会った時から美菜が好きだって思った。」どさくさに紛れて告白。今度は自分から自分の言葉で美菜に気持ちを伝える。「昔はさすがにこのドキドキする理由が解らなくて、一日中考えた。でも解らなくて・・・美菜に十年ぶりに会ってやっと気づけた。俺は美菜の事がずっと好きだったんだって」(一人称で「俺」はあまり使わないはずだったのだが、この時だけは使っていた。)美菜はお兄・・・と一言呟いて恥ずかしそうに目を伏せる。「世界中の誰よりも美菜の事が大好きです、僕と付き合って下さい。」自分でもこんな恥ずかしい告白をしたなと後になって気付くのは言うまでもなく・・・。

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年6月13日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

このページの先頭へ