エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】勿体無いほど美形の人妻⑥【セフレ】

剃毛とアナルプラグを命令した3日後、いつものようにS子と密会しました。S子と初めて会ったのは9月。季節は過ぎすでに1月になり寒い時期になっています。駅で待っていたS子はロングのコートを羽織っていました。
コートの下はガーターとストッキングにブラのみ。勿論ショーツなどは穿かせていません。車に乗り込んだS子は少し上気し顔を赤らめていました。
コートの下の自分の格好を想像していたのだと思います。“寒くなかったか?”と聞くと“寒くは無いですけど・・・少しスースーする感じです。”私は車を人通りの少ない場所に移動させ、S子にコートの前を肌蹴るように命令しました。言った通りの格好で来たのかチェックする為です。S子はコートの前ボタンを外し、コートを少し広げます。ルージュのブラが覗き、その下には同色のガーター。きれいに剃りあげた下腹部、黒の網パンスト・・・命令通りの格好です。そのままラブホへ直行することにしました。
“シャワーは浴びてきました・・・”部屋の暖房を最強にして入れます。
しばらくは寒いのでTVを点けアダルト番組を見ます。10分ほどで部屋が温まってきました。
Sにを部屋の鏡の前に立たせコートを脱ぐように命令しました。
何度も書きますが、可愛く美しくスレンダーながら胸はD~E。目の前に現れたのは、男のチンポに虜にされた淫乱堕天使そのものです。
“きれいだよ・・・”私は心からそう思いました。恥丘はきれいに剃りあげられ、割れ目の上部が丸見えです。
鏡に手を付き足を広げてお尻を突き出すように命令しました。
“あああ・・・恥ずかしい・・・”そう言いながらもS子は言われた通りのポーズを・・・アナルにはプラグが突き刺さり、指で広げさせたオマンコはヌラヌラと光っています。“なんだ、もう濡らしているのか?困った淫乱だな・・・”“アン・・・恥ずかしいから言わないで下さい・・・”そう言いながらも何かを催促するみたいにS子の腰が前後に揺れます。
私がS子を気に入った理由は、チャンネルの切り替えが見事な事です。スイッチが入るまでは可愛い女。
火が付くと止めどもなく淫乱な女に変身する。男にとって女が馴れ馴れしくなると興醒めして来ます。
私はバッグの中からワセリンを取り出し、S子のアナルからプラグを抜き取りました。
肛門にたっぷり塗り、人差し指でアナル内部まで塗り込めて行きます。“ああっ・・・・アン・・・”緊張と恥ずかしさで喘ぐS子。
オマンコからは糸を引く涎が止めどなく流れ出しています。ゆっくりとアナルをマッサージしながら、S子にオナニーを命じました。S子は自分の右中指に自らの愛液を掬い取り、左指でクリを剥き出しにするとオナニーを始めました。“痛くないか?”“痛くは有りませんが、少し変な感じです・・・”いやらしい下着を身にまとい、鏡に顔を押し付けアナルを指で刺激されながらのオナニー・・・“はあぁ・・・堪んない・・・いやらしい女・・・お尻掘られてオナニーして・・・ああん・・・”腰を前後に蠢かすS子。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2015年2月27日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】隣の少女【セフレ】

隣の少女投稿者:シン投稿日:6月23日(土) 2時38分13秒
俺は今のアパートに住んで約三年になる。
204号室、1番奥の部屋だ。三月下旬、長く空き部屋だった隣部屋(203)にリフォームが入った。誰か越してくるようだ。
四月一日(日)
俺はバイトを4件掛け持ちしている。
朝からバイトだった。昼に一度部屋に戻り、夕方からのバイトに備え昼寝。
誰か引越してきたようだ。
四月四日(水)
バイトは休みで、一日中寝て過ごす。夜7時頃、隣に越してきた住人が菓子折りを持って挨拶にきた。
いまどき珍しい。
三十前半の、真面目そうな女性とその娘さんだった。娘さんは小学生か中学生か?
よく、ここで、芸能人なら誰かに似てるとかいうが、そうそう都合よく誰かに似てるなんて事はない。
娘さんが、強いていえば、卓球の石川佳純?ちゃんに似ている。あくまででである。
母親は中島と名乗り、隣に越してきたんでよろしくということだ。
娘さんもぺこりと頭を下げた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年2月22日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】痴女と出会って人生終わりかけた話する【セフレ】

数年前の話なんだがそんときは俺は大学1年生だった。
高校の頃はモテたわけじゃなかったが環境に比較的恵まれていたらしく彼女がいなかった時期がなかったような高校生活だった。
大学にあがりその当時付き合っていた彼女と会う時間が減りってしまいムラムラする日々が続いていた。
んでまあ会う時間が減ったのが原因だろうが彼女が浮気した。結構な期間付き合っていた彼女だったのだが即効別れた。
まあマンネリだったし愛情も薄れてたしね。だけどそっからどんどんムラムラが加速していった。

そんな自家発電生活を繰り返していた時にその当時全盛期だったmixi()から一通のメッセージが来た。
「暇だからかまってー」みたいな感じの。
コミュニティなどに積極的に所属していたわけじゃなかったので知らない異性からのメッセージなんて来ること皆無だった。大いに警戒した。
どうせ業者かなんかだろうと彼女のホーム画面に飛んでみるとぱっと見普通の女の子っぽい。
なんだ?これはなんなんだ?新手の詐欺か美人局か?と思ったがそこは年頃の男の子、即効メッセージを返した。
んでなんだかんだ話すと地元も近く趣味もあったので距離がすぐに縮まった。アドレスも交換して今度地元で飲もうという話になり浮足立っている俺がいた。
でもプリクラとかはもらったがそれが詐欺並みのプリクラで超絶不細工がきたら・・・とか
ホントに美人局で彼氏を名乗るDQNがきたら・・・とか色々不安になったがそこは年頃のry
当日ルンルンでおしゃれして待ち合わせ場所に行ったらそこにいたのは

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年2月21日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【会社】エロい同期 【職場】

俺の自慢の体験を共有した。
というより聞いて欲しい。

会社の同期に理香っていうアイドル的な娘がいたんだ。
可愛いくて、性格も良くて人気だった。
俺は配属もたまたま一緒で、仲も良かった。
ちなみに向こうは留年してるから一個上。
一年目は二人で遊びに行ったりもしたけど、可愛い笑顔に癒されていた。
俺も理香も相手がいたから恋愛にはならなかったけど、正直理香と過ごす時間は良かった。
下心はガッカリあった。
だが、度胸が無かった。

飲みに行った時に対面に座ったときに足と足がぶつかって、ドキドキした。
遊んでいるとたまに見えるパンチラと言うサービスは勃起物でオカズにさせて貰った。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | エッチ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【友達】酔わせてその気にさせればすぐ【セフレ】

私は41歳で妻はバツイチで35歳。
結婚して3年ですが、私との間にも前の旦那の間にも子供はいません。
仕事をお互い続けながらの生活なので、妻も何かと社交の場は多く、出かけることがあります。
妻は酔いやすい体質なので極力控えるように言い聞かせてはいるのですが、やはり上司などに勧められると断わりきれないようで、度々酔い潰れて会社の友人に送られてくる事があります。
つい先日もやはりいつもと同様に仲間の美恵さんにタクシーで連れ添われて帰ってきたものの、相当の泥酔状態で、リビングに連れてくるのが精一杯でした。
仕方なく毛布をかけてやったのですが、しばらくすると直ぐに寝息を立ててしまいました。
連れ添いの美恵さんもかなり酔っていたらしく「麗(妻の愛称)ったら・・・もう本当にしょうがないですねー」と言って私の肩にもたれ掛ってきました。
私は「美恵さんも、かなり酔ってるね」と言うと美恵さんは「うふふ 酔ってまーす」などと大声を張り上げる始末。
それでも執拗に私の体にもたれ掛ってくる美恵さんを無碍に振り払うわけにもいかず、しばらく寄り添ったような格好になっていると、美恵さんは私の股間に手を伸ばしてきたのです。
「ちょ、ちょっと美恵さん・・・酔ってるでしょ?」と手をゆっくりどかそうとすると、美恵さんは更に強く股間を握ってきて、「麗が寝ちゃったから・・・私が気持ち良くしてあげたい・・・」と言い出してくるのです。
私は躊躇しました。
美恵さんは好みの女性ではありますが、やはり麗の親友でもあるわけですし、男女の関係になってしまうのはまずいと考えました。
しかし理性は美恵さんから重ねてきた唇によって一瞬で吹き飛んでしまいました。
舌は絡まり、自然に私の手は美恵さんの豊満な胸をやさしく鷲づかみ・・・美恵さんの手は吐息と同じ呼吸で激しく私の股間を揉みしごいてきました。
私も美恵さんもさすがに妻の寝ている横では気が引け、二人は自然にリビングを出て奥の寝室に向かっていました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2015年2月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】淫乱【セフレ】

以前電車の中で偶然ボックス席で出会った女装の公立高校の先生との事を書きます。
これは前にも何度か続けて投稿した事があるんです。出会った時は本当にびっくりしたわ、その先生の気持ちが良く分かり、すっかり仲良しになったんです。その女装の先生に誘われて車で公園まで出たんです。先生はフレアのミニスカートで下着は黒い後ろ穴あきのパンティトッキングなんです。なんか見るからにいやらしい雰囲気なんです。
私もノーパン生足でキャミのミニスカートで行ったんです。車の中で「私太股が太すぎて恥ずかしいわ」と言うとこのくらいがそそっていいんだよ知り合いはいないんだから大丈夫と言うので安心したんです。先生もすごく化粧が上手でどうみても女性そのものなんです。公園の中に車を置いて2人で降りて歩き出すと垣根の内側にホームレスの人が5、6人たむろしているんです。ボロボロの服とズボンで年齢は全く判らないくらい顔に精気がないんです。2人で側にいくと1人が私の膝をじっと見てるんです。私ちょっとためし
てみたくなって、歩きながらハンカチを落としたんです。そしてすぐちょっと戻ってホームレスに尻を向けてハンカチを拾いながら顔を見たんです。するとホームレスの人は全員目を大きく見開いて食い入る様に見てるんですランランとして精気がみなぎっているんです。口を開けてる人もいるんです。
それで私急にころんでみたくなって、四つんばいでつっかかった様に両手をついてころんだんです。すると全員「大丈夫!」と言いながら側に駆け寄ってきて抱き起こしてくれたんです。でも1人はしっかりお尻の下に手を入れてまんこを触って指を入れてるんです。
そしてすぐにその指を鼻の下に持っていって匂いを嗅いでいるんです。もう1人はしっかり脇の下から手を入れておっぱいを揉んでるんです。
先生も私の横で四つんばいにころんだんです。するとホームレスの1人が先生のミニスカートを捲くったんです。
そして後ろから眺めてアレーちんぽあるどバイかこの女と言うと俺こっちがいいと言いながら先生に3人私に3人と分かれてむらがってきて皆ズボンもパンツも脱いでチンポ出すんです。
垣根があるので人通りからは誰も見えなくて皆安心してるみたいです。
私には1人がまんこ舐めて1人がおっぱい舐めて1人がチンポを私の口に入れるんです。もうすっぱい様な匂いがきついんです。でも青筋が浮いていてすごく太いんです先からダラダラ先走り汁が出ていて今まで何年も出してい
ないみたいです。私舌をチンポに巻き着けてジュボジュボしてやると「うー気持ちいいど出る出る出るどー」と言って口の中が一杯になるくらい何度も出すんです。すごく濃いみたいでマヨネーズを直に口に入れたみたいなんで
す。ゴクゴクと2回で飲むとその人更にチンポを喉まで入れてきたのでそれも飲む様にゴクとすると「うー吸い込まれそうだ気持ちいいー」と言うんです
既にもう1人はチンポを私のまんこに後ろから刺してるんです。「うーすごい締め付けだーこんな吸いこまれるまんこ生まれて初めてだー」と言いながらゆっくりピストンしてるんです。「けつが大きくてももが太くてたまらん吸い込まれそうだーいい女だー」と叫ぶんです。隣では先生のチンポを舐める人と肛門を舐める人に分かれてベロベロやっていて先生「いやいやあーいい、いい、といやといいを交互に言っていてもう1人は先生の口にチンポを入れてるんです。
そのうちに先生の肛門にチンポを入れ始めたんです。
すると先生「エイズが怖い」と言ったんです。すると1人が「わしらは男ばかりでもゲイもいないしエイズもいないんじゃー」と

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年1月31日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【浮気】友達のデカ尻の彼女をバックで挿入 【不倫】

スペック。友達の彼女Mは学生、俺は社会人のフツメン。Mは身長150後半、Cカップ、ヒップ90台のめっちゃ細身でギャル服からロリータまで着こなす。女に嫌われて、男にもてはやされる、正直あり得ないスペックの女の子でした。

きっかけは、俺がかなり凹んでた時に、友達の彼女Mが一晩中付き合ってくれた時から始まりました。夜中だしどこも行けないね〜なんて会話をしていた。

その時に「ホテル行っちゃうか」なぁんて軽い乗りで俺が言うと、少し悩んだMが「良いよ」って言ってくれて、俺たちはホテルへと向かった。

まぁそん時は凹んで荒れてたんでイチャイチャってより、Mの細いのに尻はデカイというエロボディをオナホ代わりするような、まさにヤるだけみたいな感じだった。

ぶっちゃけマンコにチンポを入れたら洒落にならない具合の良さに眠気も理性も飛びました。ゴム越しでもわかるヌルヌルに吸い付くようなキツさだった。

それでいて高すぎなく低すぎないあえぎ声にバックからガンガン攻めまくり、最後はフェラという流れだった。このフェラがぶっちゃけ風俗嬢顔負けの気持ちよさで、あっさり出しちまって一晩は終えちゃったんだ。

それ以来、お互い寂しいときは慰めあう中になりました。一番燃えたのはまったくその気が無かった時に友達の彼女が泊まりに来て軽く話してた。

「俺君は私がこんな格好してても襲わないし〜」なぁんて、下着姿で言われた時です。「そんな格好みて興奮しないわけないだろ?」と言いつつ背後から抱き寄せ、やや強引に下着に手をいれて愛撫開始。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年1月30日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【友達】非通知【セフレ】

誰が見ても中年と言われる歳になれば、多少の不安や悩みはあるものだと思うのです。
私も人並みには持っていますが、この程度の事なら今の時代、幸せな方なのだろうと納得させていました。
それが一本の電話で壊れてしまうのですから脆いものなのですね。
残業を終わらせて時計を見ると7時を過ぎ帰り支度を急いでいる時に、その電話はやって来たのでした。
携帯のディスプレイを見ると非通知でしたが、得意先の相手かもと思い出てしまいました。迂闊ですね。
「もしもし」
少しの沈黙の後、男の声が聞こえました。
『・・・奥さん、今日は帰りが遅くなりますよ・・・』
私よりもずっと若い声に感じます。
「はぁ?どちら様ですか?」
『・・・今日は返さないかもしれないな・・・よろしく・・・・』
意味不明な電話で、相手にしてもしょうがないと思い切って帰路につくと、そんな事も忘れてしまいました。
妙な事が当たり前に起こる時代に一々気に等していられません。
私の勤める会社は中心地から少し離れているので、自家用車での通勤が許されています。
愛車に乗り走らせていると今度は妻からの着信です。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年1月27日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】あみ【セフレ】

バイト帰りに犯されました�ナイフで脅されて車の中で…�
2人ぃて…抵抗出来ナィまま全裸にされて
ぉっぱぃを2人に舐められて乳首立ちまくったら
1人がクリ舐めながら…もぅ1人がディープキスしながら両乳首クリクリ�たまに乳首レロレロ�
クリは優しく優しくすごぃ長く舐めれて
『んふっっぁあっ』って声漏れた�そしたら
『気持ちいいんだね�淫乱まんこだ�』って指入れて来てグチュグチュ音させてかき混ぜられてイキそぅになったら止められての繰り返し��
ディープキスしながら
唾液もぃっぱぃ飲まされてドロドロになったお口にぉチンポ突っ込まれて
フェラさせられて
クリ舐めてた人はぉまんこにぉチンポこすりつけて来て何回かスリスリした後奥までゆっくり入れられてゆっくり出し入れ�クリも乳首も触られて軽くイキそぅになってたら『イッたら中に出すから�』って言われて
生理前だけどさすがにソレはャダって思ったから我慢してたら
すごぃ奥まで突かれて
ぁみは奥弱ぃからソレされるとイッちゃうけど
我慢しまくってたら円を描くょぅに腰グリグリされて…ィカされました�

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年1月19日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】出会い系でGカップ【セフレ】

先月の出会い系体験談。
ネットで紹介されているウソじゃなく、リアルなガチ体験談なんで。
出会い系歴:2年
年齢:28歳
仮名:エイジ
先月、いつも使っている出会い系サイトを物色していた。
目ぼしい女の子にメールを送ったが、誰からも返事が来ない。
他に出会える出会い系サイトが無かったから、連続で使いすぎたのかも。
ある夜に仕事帰りにスロットを打った。
そこで運良く4千枚も出て、サラリーマンには嬉しいボーナス。
そのレシートを写メで取って、出会い系サイトにアップした。
▼スロット好きな女の子メールしない?
これがダメなら、他のサイトを使おう。
だってもう2ヶ月で3人にも会ってるし。
そう考えながら帰りの電車で書き込みをした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年1月19日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ