エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【大学生】清楚な後輩の家の前で聞き耳をたてていたら【ヤリマン】

18 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:24:15.75 ID:8A/1doqW0
清楚で綺麗な後輩(1年生)と友達になって、
よく話をするんだ。
真面目でそっち系の話はしずらい雰囲気。
ところが最近、他の男の影がちらつくようになった。
それでも感覚的には処女としか思えない。
で、ある日30前後の男と歩いてるのを見た。

19 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:27:51.76 ID:8A/1doqW0
そういう関係じゃないだろうと思いつつも、
その男のことは当人から聞き出せず。
車に一緒に乗ってるとこまで見てしまった。
彼女のアパートは知っていたので、
たまにその前をなんとなく通り過ぎる。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年5月9日 | エッチ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】憧れの人が薬で変えられた【ヤリマン】

今から10年以上も前ですが、大学生の頃の話。
僕は20才、彼女もいなくて童貞でした。
でも好きな女の人はいました。
その人は同じ年でA○Bの大島さんに似ていたので「優子」とします。
優子は別の大学に高校時代からの彼氏がいました。
僕も彼氏を見たことがありますがかなりイケメンでした。
優子は派手ではないけれど、清楚で清潔感があって、近寄りがたいオーラがありました。
飲み会の時になっても下ネタにはあまり参加しないでニコニコして聞いてるだけで、話をふっても笑って答えないような可愛らしい女の子でした。
彼氏がいるのだからエッチはしてるんでしょうが、それが全く想像できない人でした。

夏になると皆で海に行ったことがあって、そこで優子が巨乳だって事に気づきました。
本物の大島さんもおっぱいが大きですが、もっと肉づきがよくて大きいです。
その日を堺に何度も優子でオナニーをするようになりました。
そうして僕にとって優子は憧れの女性で、最高のオナペットになってしまいました。
でもたぶん僕だけではなくて、友達も皆同じだったと思います。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年5月8日 | エッチ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【人妻】美しき叔母【浮気】

昔話を聞いて下さい。
当時、私は北陸のある県の普通高校に通学する真面目な一高校生だった。
あるとき、勉強に疲れたので一休みしようと自分の部屋を出て、台所に入った。お菓子でもつまもうと思ったのである。
台所のテーブルの上に週刊誌があったので、お菓子と一緒にその雑誌を手に自分の部屋に戻った。
週刊誌のページをくくると、そこには「私が落ちた快感地獄」というタイトルでいくつかの投稿記事が載っていた。
「よくこんな記事書くよな!」と馬鹿にしながら読み始めたのだが、そのなかの一つの記事に釘付けになった。
若い甥に犯され、若さに蹂躙され、ついにはそのセックスの虜になってしまった人妻の物語が書かれていたのだ。いま思えば、それこそネタ記事の一つに過ぎなかったのだと思うが、昔の田舎の高校生にはそこそこ刺激的な記事であった。
その記事を読みながら、私は一人の女性を思い浮かべた。それは、母の弟にあたる叔父の妻、すなわち叔母のことであった。
玲子さんといい、私より12歳年上だった。
玲子さんに初めて会ったのは、私が小学校5年の時である。子供心にも「なんて綺麗な人なんだろう!」と思った。目は憂いを込めたように光っていながら、それでいて知性と優しさを感じさせた。鼻筋は通って、唇も形良い人だった。
身近や同級生でも、それなりに綺麗な子はいたが、玲子さんほどきれいな人はなかった。
いまの女優さんでいうと真野あずさに似ていたかもしれない。
そんな美人が叔父の奥さんになったのである。私は、小さいときから叔父に懐いていたので、とても嬉しい気持ちになった。
叔父の家に遊びに行ったりすると、しらずしらずのうちに、眼で玲子さんの姿を追っていた。そばにいて彼女の声を聞いているだけで幸せだった。
「俺は女の人を好きにならないかもしれない」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年5月8日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【高校生】放課後のひと時【エッチ】

男女共学の高校に在籍していた。3年生の5~7月ごろのこと。晴れの日の15時過ぎ、黄昏時の校内の光景を眺め、一日の授業が終わった後に得られる解放感は、いつも爽快だった。この爽快感に加えて、一時の間だけだったが、放課後に、束の間のささやかな楽しみがあった。スカートの中の覗き見だった。対象は、同じクラスの女子生徒だった(以下、「Aさん」)。自分の所属するクラスの男女比は、男子生徒20名、女子生徒18名。クラス全体の様子は、4月当初から、女子生徒たちのグループは、細かく分裂していた。同じクラスの男子生徒たちの大半が仲良く固まっているのとは対称的だった。Aさんも例外ではなく、いつも5人の友達と仲良くしていた。(ついでに言うと、私はどちらかというと物静かでおとなしい性格だった(イマドキで言う草食系か? )が、休み時間はいつも同じクラスの男子生徒と4人で過ごしていた。)Aさんの男子生徒たちからの評判については、クラス内ではプチマドンナ的な評判はあったものの、それほど話題になるわけでもなかった。学校全体でも、評判がきかれるほどAさんは有名ではなかったようだった。自分にとってAさんは、関わる機会もなく、教室に着いてもクラス内でたまに見かけるだけの存在だった。Aさんのことは休み時間しか様子を見ることはなかったが、いつも5人で仲良く過ごしていた。過ごしている様子から、元気で明るくて活発な子という印象だった(ついでにいうと、話している時に時々見せる笑みも爽やかで明るく印象的だった(追記1)私は根暗な性格ではなかったが、Aさんとは性格が対照的だと感じていた。比較的内向的な私と大してAさんは社交的な感じだった。)。Aさんの外見は、身長165~170センチくらい。顔立ちは、松×○理○似(追記2)。四方八方からみても、健康的で肉感的な身体だった。胸は小ぶりな感じ(大きすぎずちょうどいい大きさだった。サイズはB~Cくらいか? )。股下は机の高さよりも数センチ上ある長脚で、太ももが丸出しで、丈が股下から数センチ下に位置しているほど、丈の短いスカート姿だ(このスカートの短さは校則違反だろと思ったが、注意されることはなかったようだった)。髪は黒色で、束ねず、彼女の脊髄あたりまで伸ばしている。背からお尻にかけてのくびれは見とれてしまうような美曲線を描いていた。お尻の丸みはスカートの上からでもわかるほどだった。このように説明的に言っても稚拙で伝わりにくいと思うが、一言で言うと、長身長脚の美女で、グラマラスという表現が合っている(と個人的に思う)。イマドキで言えば、AKBやNKB級の美女といえばイメージがつきやすいだろうか。教室に入って見かけたとき、なんとなく似ているという印象をもつだけにとどまっていた。Aさんはチア部に所属している。そのことは、始業式後のホームルームで、担任からクラス生徒全員に簡単な自己紹介をさせたときに初めて知った。Aさんには友達がいるようだった。いつもクラスでAさんと一緒に居る5人のうちの1人だ(以下、「Bさん」)。Aさんと同じチア部だ。放課後、Aさんはいつも、Bさんと2人で部室に向かっていた。校内は広く、校舎の建物も多かった。おまけに、複雑な回路になっていた。校門に出るには、建物の構造上、3階の渡り廊下を通るようになっていた。その渡り廊下を通り抜けた先にAさんの部室があった。この校舎の階段はかなりの急こう配になっていた。毎回この階段を上がるのは面倒だと思っていた。(続)
(追記)イメージ画像(転用)すべてAさん本人ではないことを断わっておく。
1.話している時にときどき見せる笑みのイメージ
tp://gakinko.net/bbs/pantsu27/img/3013.jpg 
2.Aさんによく似た顔立ち
tp://gakinko.net/bbs/pantsu27/img/8435.jpg
ほか、3.制服姿のAさんの後姿のイメージ
http://gakinko.net/bbs/pantsu27/img/3263.jpg
4.Aさんの清楚な感じ
tp://gakinko.net/bbs/pantsu27/img/9148.jpg

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年5月5日 | エッチ体験談カテゴリー:高校生との体験談

【高校生】外人に犯された先輩【エッチ】

水泳部の女先輩の話です。
その人は私が高校に入学した年には3年生だったので、ほんのわずかしか一緒に練習したことはありません。
2年の先輩から聞いた話で恐縮ですが、
その先輩が2年生の夏の大会に出場した帰りに、部員全員で海へいったそうです。
いわゆる打ち上げみたいなものだったらしいですが。
学生なので、試合で着ていた競泳水着のまま、羽目をはずしてはじけたところ、白人男性にナンパ?
されたらしいです。他の人が言うには自分たちと同じかちょっと年上・・
片言の日本語で話しかけてきて、少し話はしていたけど一緒に遊ぶとかはなくて、すぐどっかにいったそうです。
みんな気にすることもなく遊んでいたんですが、その先輩がどっかいったまま帰ってこないから探しにいったら
海岸の林っぽいところで、白人2人がかりでヤッてたそうです。
こっちに気づいた白人は逃げたそうですが、その時先輩は裸にされて前と後ろから同時にやられて
逃げた後もしばらく動かなかったそうです。
その先輩は大人しい子で、見つけた女の先輩はショックだったと言ってました。
男性陣がもっと追及すると、白人の上でおっぱい揉まれながら腰をふらされていたことも判明
見たことを思いだしながら一人Hしているんだろと追及すると、ドキッとしたあと必死で否定していたそうです。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年5月4日 | エッチ体験談カテゴリー:高校生との体験談

【大学生】デリ初日の短大生に中出し【ヤリマン】

俺にとっては、もう気持ちよかったってもんじゃないくらい最高の体験だった。万引きのような良心に背く時に感じるスリルで、あそこがムズムズして夢精しそうな感覚と、本来の体の気持ちよさとで、最高に気持ちよかった経験を紹介しよう。
去年の夏、世間が夏休みに入ったころ、不倫で付き合っていた若い女に振られたばかりの俺は、久しぶりにデリヘルで若い肌をむさぼろうと、ネット検索。すると、「今日から体験入店」「18歳のスレンダー」「もちろん業界初体験!」という娘がいる店を発見。ピンときた俺は、早速電話して、その娘を指名。すぐに大丈夫だとのことで、近所の安いラブホに移動し、到着を待った。
待つこと15分。ホテルに入ってきたのは、とてもデリヘル嬢とは思えない、普通のジーンズとTシャツを着た、地味目な、大人しそうな、いかにも真面目そうな娘だった。いかにも学生が、ちょっとした夏休みの短期バイトに来たような印象。実は危ないバイトなのにね。
顔も普通に可愛く、確かにスレンダーだった。そして、明らかに緊張していた。それもガチガチに。「ラッキー!!」俺の中で悪魔がささやいた。この娘ならいける。好きなように遊んでやるぞ。こんな真面目そうな娘だし、初日ならきっと病気の心配はないだろうし、どこまでできるかわからないが、できれば生で中だしで俺の種を送り込みたい。
と俺が画策しているうちに、部屋の中に入ってきた彼女だが、何も言えずに立ちすくんでいる。本当にかなり緊張しているようだ。よおしよおし、俺のペースでいくぞ。ちょっと怖いお兄さんを意識して(本当はへたれ)、低めの声で話しかけてみる。
俺「緊張してるみたいだね」
姫「あ、・・・はい、すみません」
俺「黙ってないで、早く俺に時間とコース聞いて、お金もらって、お店に電話しちゃってよ」
姫「あっ、はい、すみません、時間は?・・・」
という感じで最初から俺のペース。いい感じだ。お金を払ったところで、さらに動揺させるために、質問してみる。
俺「ねえ、18歳ってほんと? 実は22くらいでしょ?」
姫「あ、いえ、本当です」
俺「じゃあ、この前まで高校生?」
姫「はい。」
俺「じゃあ、今は学生?」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年5月3日 | エッチ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】小さな気遣い【ヤリマン】

俺は今兄貴と母親と3人でマンション暮らしをしている。
さて今年はとても暑い。去年も猛暑で暑かったが、東日本大震災があった今年も猛暑が続いている。
そんな夏の今日、俺が自宅に戻ると隣の号室に住んでいる中学生の女の子が彼女の自宅の前で荷物もおいて座り込んでいる。彼女は体育着姿で座っていた(おそらく部活帰りだろう)。鍵がなくては入れない。親も帰ってきていないようだ。
 
この様子を見て俺は冬も似たようなことがたあったなぁと思い出す。
 冬の寒い日、この時は女の子ではなく、彼女のお兄さん(当時中学生で今は高校生)が鍵もなく、彼の自宅には誰もいなくて、ドアの前でたたずんでいた。このとき俺はボーっと通り過ぎて自分の自宅に戻った。後でよくよく考えて見ると、寒い日、自宅には入れなくて長い時間外にいて寒そうだった。ココアとか暖かいものでも差し入れすればよかったかなぁと思った。
 もしかしたら隣の号室の子供はまた家に入れない状況があるかもしれない。そのときは飲み物を差し入れしよう。お隣さんだしね。そう俺は思った。
 俺が自分の自宅に入ると母親がちょうど夕食を作っていたところだった。俺は母親に言った「隣の人鍵がなくては入れないみたいだよ。水とか冷たいものでも飲ませてあげて!!」
母親「いつもこの時間親が帰ってきているのに…お兄ちゃん?」
俺「いや、妹の方。お兄ちゃんは冬に家に入れなかったことがあるけど。」
母親は冷たいカルピスを作りながら「自分で渡したら?」と言う。
俺「いや、絶対やめたほうがいい。」
母親「なんで?」
俺「なんとなく。(外にいるのがお兄さんの方だったら俺が自分でで渡すところだが、妹となるといろいろと考えてしまう。年頃の中学生の女の子が大人の俺に話しかけられたら怖がるし、警戒するだろう。現に今の世の中物騒で年頃の女の子は男に声賭けでもしようものなら不審に思われがちだ。第一俺は女の子にきやすく話しかけられる性分ではない)」
 俺の母親は冷たい飲み物を持って隣の中学生の女の子に飲ませてあげた。俺はちょっとした用事があるから母親が女の子に飲み物を渡すより先に自宅を出てマンションの階段を降りる。すると母親の声が聞こえた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年5月3日 | エッチ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【高校生】電車の中での秘密の楽しみ。【エッチ】

自分は2010年の時点では大学3年次。自分の通う大学は、1、2年次の時は、自分の家から近い校舎に通っていたのですが、
3年次からは遠い校舎に蚊帳話なくてはならないため、電車に乗る時間が長くなり、とても暇です。
ゲーム本か携帯か何かを持っているときは、暇つぶしができるのですが、電池が切れていたり、持ってこなかった場合は、電車から見る外の景色を見るか、この日に持っている教科書を見るよりしかたありません。
しかし自分にはもう一つだけ、友達にも誰にも言えないひそかな楽しみがありました。
それは電車の中に乗っているJK(女子高生)の姿をさりげなくちらりちらりと見ることです。
この癖は自分が高校生であった時からありました。高校の時に通っていた塾は、家から遠く、この時も退屈な電車の中で過ごしていました、しかし途中の駅で乗ってくるJKの姿をちらっと眼に入ると、萌え癒される気分になります。高校の中では周りにいすぎてそんな感じは全くしなかったのですが、違う場所、電車の中で自分と同じ年ぐらいの女の子が近くにいて、それが自分の好みのタイプでもあろうものなら、ときめかずにはいられませんでした。
また、      「電車内での立つ位置」
—————————————————————————————————-
    |電車のドア左||電車のドア右|
  座席             自分  座席
 手すり柱              手すり柱
                 JK
のような位置だと自分は一番どきどきします。なぜこのような形かというと自分は電車の座席に座れない時は、このいちにいて目的の駅に着いたらすぐ降りれるようにしたいからです。それは大学生になった今も変わりはありません。ドアの窓の外の景色を眺め、窓から反射されて見える、自分の方に向かって携帯をいじっている可愛いJKの姿をときどき見るという感じはたまりません。
 当然そのような形でなくても、ただJKが自分の立っているドアの入り口から乗ってきた場合でも、うれしく思います。
 高校を卒業して大学生になってだいぶ経ちます。※高校生の頃ほどときめきませんが今でも電車の中でJKの姿を見るのは楽しみの一つとなっています。(※自分が高校生のころは年が近いからものすごく萌える、しかし今ではJKは可愛いとは思うが年が離れすぎていると自分では思うため、高校生の時ほどときめかない)

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年5月2日 | エッチ体験談カテゴリー:高校生との体験談

【高校生】双子と【エッチ】

私ゎ高校生2年の玲菜(仮名)です。
隣の家にゎ幼なじみの双子、海と雷(仮名)がいます。
二人とゎ家族ぐるみでよく旅行に行ったりもします。
ある休みの日、海と雷の家に回覧板を届けにいって、雷が出ました。
そのついでにあがってけば?
と言われて家に入りました。今日ゎ二人の親がいないらしくエッチな話で盛り上がりました。
海『玲菜ッてSEXしたことあるの?』
私『な、ないよ…』
雷『マジで!?』
私『だって彼氏いないし(泣)』
海『玲菜モテそうだから絶対やったことあるかと思った…』
私『モテないよ…じゃぁ二人ゎあるの?』
海『あるよ』
雷『当たり前じゃん、高2だよ?今ゎ二人共彼女いないけど…』
2人ゎやったことあって当たり前だと思いました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2013年4月30日 | エッチ体験談カテゴリー:高校生との体験談

【高校生】純粋無垢な16歳女子高生との初エッチ【エッチ】

由香と付き合い始めて三ヶ月になる頃のことだった。
一学年下の後輩である由香は、高校生の割には子供っぽく天然なところがあり、
たまにとんちんかんなことを言うが、そんなところも彼女の魅力のひとつだった。
色白の童顔で、大きくぱっちりとした目に、華奢な体つき、小さな背。
中身も外見も実年齢より幼く見える、俺好みのロリ系の、自慢の彼女だ。
俺たちは付き合い始めて二週間目、二回目のデートのときに初めて手をつなぎ、
一ヵ月半、五回目のデートで初めてキスをした。
近づくほどに由香の小ささ、儚さを実感し、より強く守ってやりたいと思った。
俺にとって由香は初めての彼女だし、由香にとって俺は初めての彼氏。
つまりお互いの初めてを捧げあいながら俺たちは進んできた。
それは俺にとって、理想の形だった。
その年のクリスマスが近づいていた。
俺17歳、由香16歳。この歳なら、もっと先に進んでも良いだろう。
学校の帰り道、いつも別れ際に抱きしめたりキスしたりしているが、
それだけではもう満足できなくなっていた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年4月29日 | エッチ体験談カテゴリー:高校生との体験談
30 / 31« 先頭...1020...2728293031

このページの先頭へ