エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】中学時代の思い出【セフレ】

私は現在37歳のオッサンですが昔のことを思い出したので書いてみます。それは中学2年の時でした。
私が育ったのは北関東の田舎で村でした。しかし田舎ながらスキー場や温泉施設があり冬のシーズン時には観光客で賑わうようなそんな村でした。冬になると旅館や民宿に沢山の若い人が泊まりにきてましたので中2の性欲、探究心からよく友人数人と露天風呂にノゾキにいっていました。
あの日も友人4人と雪をかきわけいつものノゾキスポットへ・・・
はっきり言って当たり外れがあるのですがその日は大当たり!
女子大生グループが入浴中に運よく遭遇しました。入っているのは4人の女子大生だけという状況でなにやら女子大生達はおっぱぃをもみ合ったり股に手をすべりこませたりしてふざけて遊んでいました。
その光景はとてもエロく中2男子にはたまらないものでした。しかし恍惚の時間は長くは続かず・・・いつものぞいていたので旅館のオヤジに目をつけられていて見張られていたのです。見つかってしまいました。
「おまえらー!」という怒鳴り声が聞こえた瞬間にみんな散開し逃げました。
私ももちろん逃げましたが運悪く私一人捕まってしまいました。
さんざんげんこつをもらって「お客様に一緒に謝りにいくんだ」と、のぞいていた女子大生の部屋へ旅館のオヤジにつれられいきました。部屋をノックし「はーぃ」と若い女子の返事。恥ずかしさと緊張で息がとまりそうでした。
しかし扉は開けられオヤジが「大変失礼します。先ほどノゾキをしていた犯人です」と私をさしだしました。
私は「のぞいてしまってすみませんでした。」と言い何度も謝りつづけました。女子の皆様は、ケラケラ笑って「謝っても許されないわよ。どうしようか?」と相談しはじめました。
旅館のオヤジは「本人もこうして反省してますので・・・どうか穏便に」と助け舟を出してくれました。
女子大生達は「折角遊びにきて警察沙汰もなんだから全員に1時間ずつマッサージすることで許してあげる」と言いました。
私は「わかりました。何でもします」と答え、旅館のオヤジも「家には内緒にしてやるからきちんと謝罪しなさい」と部屋をあとにしました。私はどうしていいかわからずに呆然と立っていました。
女子の中の一人が「何ぼけっとしてるの?こっちきなさいよ!」と私を呼びつけました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年5月28日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ウイーンのサウナであの女性芸能人を!【セフレ】

日本に帰ってきてTVのCMを見てビックリした話です。
ここ数年日本語で文章を書くって事がほとんどなかったので、
文章力がないのは勘弁って事で。
先月まで約8年間オーストリアのウイーンに居たんだが、
結構サウナとか普通に混浴だったりするんだよね。
しかも皆して体を隠さずに丸見え状態なので最初はドキドキで大変だったけど、
当たり前に慣れてしまってサウナで女の人の裸を見ても別になんとも思わなくなってた。
自分も隠さず丸出しで平気になってたしね。
(ちょっと余談だが、たまに観光等で来てる日本人の子が入ってくる時とかあったんだけど、
大体が同じ日本人の男が居ると嫌がるんだよね。
日本人の男が居ると分かると嫌な目で見られたり逃げるようにすぐ出てったり。
こっちは現地在住で現地の人と同じような感覚で入ってるだけなのに…)
仕事帰りに現地の同僚とサウナに寄ってから帰るのが日課になってたんだけど、
ある時そこに日本人の女の子が数人入ってきた。
聞こえてくる会話を聞いてると、「えっ、混浴なのー!?」みたいな感じで話してて、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年5月27日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】かっこいいおじいちゃん!【セフレ】

<>83 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/04/12(火) 20:13:54.89 ID:wHG7tYTW<>
スーパーで夕飯の材料を買って店から出てきたら、駐輪場にいたおばちゃんが自分の自転車を出そうとして
隣の自転車を倒し、そこから見事なドミノを起こした。10台以上の自転車のドミノ。
あちゃーと思いつつも、倒れた自転車起こすのを手伝う。
するとおばちゃん自分のだけ起こして、何食わぬ顔で自転車に乗り、すすいーとその場から去ろうとしてた。
恨みがましくおばちゃんを見送っていると、おばちゃんの進路にいたおじいちゃんが
突然大の字で通せんぼのポーズをとって立ちふさがった。
そしてこちらもびっくりするような声量で「お前がやらんかい、ドアホ!!!」とおばちゃんを一括した。
おばちゃん顔真っ赤にしながら駐輪場まで戻ってきた。
おじいちゃんは自分とすれ違いざまに
「おう、ああいう時は黙ってたらあかんで、ガツンと言ってやらな!」
と言ってスタスタ立ち去って行った。
すごいかっこいい後姿だった。

エッチ体験談検索用タグ

|

2015年5月27日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】救世主【セフレ】

2012年、世界は核の炎に包まれた
世は再び暴力が支配する時代となった
そこに救世主が登場するのであった 続く文字数がたりなかった
おかしはやなむやひとひかなとゆはさこゆわはさたみゆなたまわゆなまわんはなもーらにみわはにゆさなとわはにやはなゆにまやはなゆはなゆはのをふなまなゎななななのなをににわなわななななななななわなをのなわなをがががががななななななぬわななをなをななをなをなななななながなののなをなをのななななななわなわのななのなわななのなわなをなをなをななわなわななわののなわなをはわほわなわなをはわのな

エッチ体験談検索用タグ

||

2015年5月26日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】間違い電話がきっかけ【セフレ】

不用品売買の紙面で電話していて出た相手が中学生だったのでお母さんは?って聞くと「いない……」
何時にかえるの?と聞けば、少し黙ってお母さん仕事でいない……と答えた。
申し訳ない気持ちでおしゃべりした。中1で寂しがりやのゆみちゃんだった。
10分話して切る直前に明日お電話欲しいと言うので約束した。
21時だった。お母さんは24時帰宅のようでお風呂上がりでの会話。夏なのでバスタオル1枚らしい。
中1だからバスタオルが胸で止まらないねーと言えば、Bカップだよーとまさかのサイズ。
同級生では普通らしい。じゃ、下のヘアはあるの?って聞くと黙って……少しだけと笑いながら答えた。
ヘアーは恥ずかしいので毎週剃ってるようだ。剃ってる時にあそこ気持ちイイでしょ?って聞くと
ウンとお返事。時々触ってるでしょ?って言えばウン。じゃ、もっと気持ちよくなる方法を教えるよー
そう言って、乳首を唾液で濡らして触らせて、クリも同様に。
気持ちイイ……………吐息が漏れる…………なんかヤバイ………あーあー………
呼吸が荒くなりイったのがわかった。気持ち良かったけどアソコがピクピクしてるよー
それがイクとこだと教えた。同級生がエロい話してるので分かったらしい。
それから週4回電話でオナニーをお互いしあった。指いれるのも教えた。
生理が来たのでエロい話しで盛り上がる。で、5日目に

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月26日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】人生で最高のパートナー???【セフレ】

いつも行く風俗の話しですが、そこは○番有りの店で、たまたまフリーで当たった嬢でプレイをしました。その嬢はとても感じやすいのか声もだしていて(まぁどうせ演技だろうとと思いつつ)普通にプレイ終了しました。まぁ自分としてもとても良く、顔も好みだったため、メルアドの交換はしました。その後社交辞令的にメールを交わしていました。
その後もまた入店しその嬢を指名をし、プレイをしていました。その間もメールではやりとりはあったが・・
そして何回目かの入店で「ビールを買っておいたから一緒に飲もう」と言われ乾杯し、しばらく話をしたあといつも通りプレイ開始。そして自分は満足し一息ついていると「愛称バッチリ、最高だよ」というのでまぁ社交辞令程度に聞き流していたのですが、今日に限って終わったあとも自分の息子を離してくれず、ずっとシコシコしてるんです・・・
「逝ったばかりだからまだ無理だよ」といったのですが、どうも様子がいつもと違い更にパクリしてきたのです。その様子に自分も興奮しすぐに元気になってしまいました。すると彼女はそのままなにも着けずに上にのり腰を振りだしたのです。(当然いつもは着けてのプレイなのですが・・・)さすがに自分は「着けないのはマズイよ」と言ったのですが「大丈夫だから」といってそのまま腰を振り続けました。自分も風俗で生の経験がないため、さすがにこのままではマズイと思い「本当にマズイから着けよう」といったのですが「クスリを飲んでるから平気」と言われ、更に下から突上げてしまいました。彼女は本当に感じてくれているのか、アソコからは大量の愛液が出ていて自分の太ももがグショグショになっていました。更に彼女の腰の動きは早くなり、ついに逝ってしまったようでヒクヒク痙攣いていました。自分ももう少しで逝きそうだったため、更に突き上げで追い討ちをかけました。すると彼女はかなり大きめの声をあげて大量に潮を吹いていました。自分も女のひとの潮吹きを見たのもさせたのも初めてだったため、その瞬間大量に放出してしまいました。
風俗は大好きで、かなり性欲が強いので一回会うとSEXは三回しないと満足しないくらいなので、特定の彼女を作っても大体体が持たないと言われていたので、面倒だから作らなかった自分ですがこの子みたいにここまで感じてくれるとちょっと考え方がかわると思いました。

エッチ体験談検索用タグ

||

2015年5月25日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】赤いリボン【セフレ】

大学1年の頃、超奥手で恥ずかしがりの子と付き合ってた。
普通に話してるだけでも顔が赤くなるような子だったから、
普通に可愛かったけどそれまで誰とも付き合った事は無かったらしい。
クリスマスが近いある日、プレゼントは何がいいとかいう話になった。
「○○クンは何が欲しいの…?」って聞かれたんで、からかってやろうと思い
「□□(その子の名前)が欲しい」って言ったら、
耳まで真っ赤になって下を向きながら、首を振って「む、むり…」。
まあこんなもんだろうなと思って、その日はそのネタで
散々からかってやったんだが、当日こっちからプレゼントをあげたのに、
何故かモジモジしてなかなかプレゼントをくれない。
「プレゼントは私」なんて間違っても言える奴じゃないし、
マフラーとか手袋とかその辺を予想してたんで、どうしたのかと思って見てると、
バッグから手を震わせながらリボンを出してきた。
「?」
「……(真っ赤)」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2015年5月24日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】初恋の人…【セフレ】

稲が青々と生長し初夏の風になびいている。
そんな田圃の中の国道を一人、車を運転し、ふる里の墓参に向かった。
あれこれ思いに耽って運転していると、過ぎ去った想いが甦る。
そんな思いに、まだ高校生だった頃の彼女を思い出した。
あれから三十年が過ぎている。
すると彼女は四十八歳となっている。
無性に気になってきた
あの頃の彼女は、セーラ服がよく似合う高校三年生だった
襞のある紺のスカートに包まれたヒップ…、
その豊かに膨らむヒップが男心を惹き付け,いつの間にか彼女に恋をしていた
毎朝七時三十八分発の列車で通学する彼女に
一目会いたくて自転車で家を出て
歩いて駅に向かう彼女に、駅近く竹藪のある曲がり角で追いついた
姿を見て「おはよう…」と交わすたったその一言…
顔を合わすだけだったが、それで心はなごらいだ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年5月23日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】下宿のお姉さんに見つめられながら【セフレ】

もう一昔前のことですが、いまだに感慨深い出来事です。高校生のころある事情で下宿生活してまして、たしか真夏の頃でした。ほぼ毎日のようにオナニーに耽る年頃で、夏休みのその日も昼間から部屋の中で開始。下半身丸出しにてエロ本を下に置きそれにぶちまけるのが俺流?しかし、開始しばらくして何か目線というか視線を感じてしまう。ちなみに下宿の部屋は2階の6畳部屋で、窓が2箇所の変哲もないつくりなのだが丘の頂上付近にあり、窓の外は真正面が通路(坂道)でその下宿の犬小屋があった。普段はまず人など通ることのない道である為、まったく意識せずに窓全開にしてた。そして、たまたまその下宿の娘(当時短大生)が犬にエサを上げに来て、目の前にある窓の向こうで俺がペニスをしごきまくっていたというシチュエーション。俺の方から見ると、彼女が犬小屋に体半分向け、半分位は窓を向いて、えさをあげながら犬の頭をなでているような、目線はいつでも窓を見れるような微妙な体勢。でも雰囲気的に確実にオナニー姿を観察していると直感した。
そのとき「うあわ見られた!」と思うと同時に今までにない興奮が押し寄せ
それこそ「ふおお」と声をあげながら、MAXの射精を経験してしまった。そして彼女は気づいているはずなのに、決して逃げる素振りもなく終わった後そーとその場を離れていった。それからというもの、当然癖になってしまい彼女が犬小屋へくる度に反応しオナニーを始めるというまさにパブロフの犬。そして文章で伝えることが出来ないがいつも必ず見ていてくれるのだ。言葉を交わす訳でもなく、その後からだの関係になるとかそういうことはなかったが、彼女は視姦し興奮していたと思う。あの時彼女はどういう心境だったのだろう。彼女のオナネタになっていたなら良いのだが。俺はというと、そこから目覚めた露出オナニーは癖になり今でもやめられないが、辺りかまわず出来る訳でもなく、もっぱら風俗(オナクラ、エステ等)で見られながらのオナニーや手こきで性欲を満たす日々であるが、この頃のオナニー環境がいまだに最高であったなあとしみじみ感じる。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年5月23日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】同僚の不倫相手を盗撮した。【セフレ】

私の同僚の事務の女の子が変な事を聞いてきた?「真っ暗闇でも盗撮出来るんですか?赤いランプが付いてるのはカメラですか?」
まあこの時点で彼女は何処かで盗撮されたんだろうと思ったが、その後今度は「無言電話にはどう対処したら良いんですか?」
とか、「盗聴器を仕掛けられているのを探し出す事は出来ますか?」とか、もうまるっきり被害妄想になっている。
一つ一つ安心する様に言ったりしたがその相手も同じ会社の同僚だと言うのは半月もせずに分かった。
二人はダブル不倫で、経済的理由か趣味なのかかなりカーセックスとか青姦を続けていた様で、その時盗撮されたらしい。
「車のナンバーを見られていたら恐喝されたりしないだろうか、変な映像がネットに流れないだろうか」などと
かなり真剣に悩んでいた様だったが、半年もすればなんて事も無く彼らも安心した様だった。
それから彼らは軽四だったが私はハイエースの回り中カーテンで覆われる車の乗っていたので何度か二人を乗せて
簡易ラブホテルの役をしてやったが、ある時赤外線カメラの小さいのを手に入れこれをビデオカメラに繋ぎ
スイッチを入れてから「それじゃあ自分は30分ほど何処かに行ってるから」と車を離れ二人が頑張っているだろう事を
想像しながら帰りました。
その夜、テープを見るとこの赤外カメラにも赤いダイオードが付いているので彼女が「これ何?」とアップで近づいて来ます
しかし同僚の彼は何でもないと言いそこからはくんずほぐれつのセックスが始まりました、彼はそれがカメラだと知っているから
うまい具合にそこへ見たい物を持って来てくれます、彼女の大福餅のようなオマンコもはっきり写ってました。
後で彼に「綺麗なオマンコだね毛が少ないね」と言ったら本当はぼうぼうで自分の趣味で剃らせていると言い

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2015年5月23日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ