エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【浮気】GWにお義母さんとセクス三昧 【不倫】

<>1:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:27:32.53ID:VN9iKYhD0.net<>

GWにお義母さんとセクロス三昧

口で1発含み5発もやってしまった
それも57のBBA

<>2:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:29:51.45ID:f7JtkcAK0.net<>

母を!

<>4:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:34:07.03ID:VN9iKYhD0.net<>

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年8月4日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【友達】借金のカタに肉玩具にされたJK【セフレ】

うちは母親と私の2人家族だった。母親には借金があった。
私が学校から帰ると、母親と男がいてひそひそ話しをしていて、
私は何も言わず自分の部屋へ入っていた。男は母親が借金をしている男で
返済はいつまでだとか、そんな話ばかりしていた。
私が学校から帰ると2人がいて、母親の衣服が乱れたりしているのを見て
私はそんな2人と口をきくのが嫌だった。
ある日、高校から帰ってくると母親はいなくて、しばらくするとチャイムがなった。
私は玄関に出てみると、その男が立っていた。母親と会う約束になっているから
暫く待たせてほしいと男は言って家の中に入ろうとした。私は、
「友達とでかけるかもしれない」とか嘘を言って家に入れないようにしたけど
約束の時間までもうすぐだからと言うので仕方なく家に入れた。
私は男を無視して自分の部屋に入った。男と同じ空間にいるのが嫌だった。
でも暫くして、私の部屋のふすまを男が勝手にあけて入ってきた。男は、
「お母さん、遅いなあ」とか言いながら近づいてきた。
隣に男がいて着替えるのが嫌だった私は制服のままで部屋にいた。「着替えないの?」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年8月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】あなたとコンビに【セフレ】

えっちな<>18禁さん:2007/12/07(金)23:12:14ID:oFLdMVGr0<>
前日に大勢で海へ行き(女子5人、男子7人)、漏れに女は回ってこないなと
諦めていた。
ほぼ見学同然で浜辺の荷物係をやってたんだが、泳がない綺麗な子がワンピ
の水着にTシャツ着て、隣に座っていた。
初対面だし、話し下手だし・・・だけど頑張って話しをしてみると、割と会話のノリ
が良い。
海が終わり、夕飯をみんなで食べに行った時、誰が誰を送って帰るかになり、その子
と、その友人(その子の近所)2人を漏れが送る事となる。
<>495:えっちな18禁さん:2007/12/07(金)23:14:26ID:oFLdMVGr0<>
それまで彼女が居た事はあったが、手マン終わりだったり、キスだけとかで
過ごしてきた20年間。
家に着く頃に「電話番号教えてーな」と、勇気を出して聞いてみると、あっさり
教えてくれた。
「今夏休みでたいがい家に居るから」と、電話を何時掛ければ良いかも会話に

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2015年8月2日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】あずさ【セフレ】

あずさの告白
始めまして。翔様。
あずさと申します。
メール、ありがとうございました。
こちらこそ、よろしくお願いします。
露出には昔から興味があり、してみたい。。と思いながらも、
いざ実行するとなると勇気が出ません。
なので、露出の経験は無いと言ってもいいくらいです。
唯一、下着を着けないで外を歩いたことくらいでしょうか。
でも、露出してみたい。。という気持ちは強くなるばかり。。
いつでも、何処でも露出できるようになりたい。。
セックスにも貪欲になってみたい。。
自分を変えてみたい。という気持ちでいっぱいです。
そんなときにこのアンケートを知り、応募してみました。
大勢の人がいるところを全裸で歩いてみたい。。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年8月2日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ごめんね、香織【セフレ】

244ごめんね、香織・・・削除依頼
投稿者:香織の母 2005/09/12 13:52:17(f0OrRAl7)
投稿削除

私は42歳の主婦です。私には高校2年生の娘香織がいます。香織の彼氏と8月の
末に男女の関係になってしまいました。ごめんね、香織、でもお母さんもU君の事
好きだったの。U君は香織より3つ年上の大学生です。中学三年の時近所の人から
紹介されて香織の家庭教師をしてもらいました。おかげで難関と呼ばれた志望校に
入ることができてその後二人は付き合いはじめました。U君が家庭教師だったこと
もあり家に遊びに来ても自然な感じで二年が過ぎようとしてました。
8月の末、香織が友達と出掛けてる時のことでした。U君が香織を映画に誘いにき
ましたが香織が出掛けてると告げるとがっかりした様子でした。
よければおばさんもその映画見たかったから一緒に行こうかというとU君はあっさ
りOKしました。少しびっくりしましたが何か私の方がどきどきして思わず「ちょ
っと待ってて」と言って部屋にもどり軽く化粧をして薄いブルーのブラウスに着替え

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年8月1日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【セフレ】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。
 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。
 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」
 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。
 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。
「ええと、どこかで会ったっけ?」
 晃が問うと、女主人は目を丸くした。
「何言うんだい、お前さん」
 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。
「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」
「おそらくは」
 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。
「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」
 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。
 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年8月1日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【マニア】イルカとセックスした女性 【変態】

あらかじめ言っておくと、
イルカさんは皆さんが思っているよりもはるかに頭のいい動物です。

なんとイルカさんは人間の性別をメスと理解することができ、生殖器の認識も可能なんです。さらにイルカさんは女性の濡れにも反応し、それに応えて発情した素振りを見せることさえあるんです!
発情したイルカさんはペニスを露出させて、女の子に絡むようにそばに寄っていったり、ペニスを押し当ててきたりすることがよくあって、これは彼らなりの悪戯なんです。
しかも、それでメスが拒まなければ本気で興奮して、なんと水着の上から性器を擦りつけようとすることまであるんです!
それ故に、下手に全裸で泳ぐと本当にレイプされてしまう可能性もあるらしく(前例はないそうですが)、水着の下は絶対脱いではダメ。さすがの私でもカイルくんのペニスがお膣に迫ってきては大変なことになってしまうので、我慢。
ちなみに、イルカさんのペニスはそこまで巨大すぎるというわけではないのですが、何が凄いかと言うと、射精がとんでもなく物凄いのです。
一説によると、至近距離なら普通の紙くらいバリッと突き破ってしまうほどの射精だとか。そんな射精をまた子宮にまともに受けてはひとたまりもありません。うーん、我慢。

さて、そんなこんなで、「セックスは出来ない! でもカイルくんが発情してくれれば嬉しい!」そんな気持ちで実践の準備です。
イルカさんは女性の濡れに反応すると前記しましたが、お察しの通り、私は濡れ濡れです。子供ぱんつにシミができてしまうくらいだったので、なるべく早く水で流しておいて目立たないようにしました。しかし愛液が水に溶け込めば、イルカさんは誤魔化せませんけどね。
ちなみに、ご存知の方が多いかもしれませんが、私は既にイルカさん複数と熱い契りを交わしたことがありまして……その際、荒ぶり止まない極太おチンチンにアソコを掘られ、広げられ、イジメられ、もう徹底的に壊されて入院してしまいまして……(笑
退院からだいぶ経ちますが、今なお、人間の性器に戻ってません(笑 お膣の穴も陰唇もすっかり開拓されてしまい、イルカさん専用精液トイレの印をしっかりと押されてしまっております(笑
膣は締まりますが開きやすく、濡れれば愛液垂れ流し。小陰唇が伸び、大陰唇も膨らんで盛り上がり、子供ぱんつをはくとひときわふっくらしてちょっと恥ずかしいのです。ちなみに胸も、それなりに、です。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年7月31日 | エッチ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【友達】みっちゃん【セフレ】

中一の時の話だけど、電車通学していて勿論毎日ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って登下校していた。乗る駅の時点で日によっては一本ずらさなきゃいけないんで、なるべく楽なスペース探して乗り込んでいた。
ある日の帰り、車両の角に人一人入れそうなスペースが開いてるのを見付け強引に入り込むと中年リーマンが舌打ちをして後ろを向いた…『何だ?感じ悪いオヤヂだな…』と、思ったら足元にうずくまってる少女が居た…ランドセルだから小学生だろう…
「大丈夫?お腹痛いの?…あれ?みっちゃん?」
俺に名前を呼ばれた少女はビクッとして恐る恐る顔を上げた…やはり隣の家の子の美津子ちゃん(小五)だった。
見知った顔であるのに気付くとみっちゃんは抱きついて震えていた…さっきのリーマンに痴漢されてたのであろう事はすぐ分かった。
しかしリーマンは既に人波をくぐり抜け遠くに逃げてるしこの子を一人にしたくないのでみっちゃんの傍に居る事にした。
みっちゃんは大人しくておっとりしてる見た目にも痴漢の標的になりそうなフワッとした可愛い子で、しかも発育が良くて三年位からおっぱいが膨らみ始め、背はあまり伸びなかったが五年になったら大人と遜色無い大きさになっていた。何故分かるかとゆうと実は部屋も向かい合わせで窓からお互いの部屋の中が見える距離で、みっちゃんは警戒心が薄いのか、ぽややんとして気付いてないのか、よくカーテン開けっ放しで着替えていて、見ちゃいけないって分かってるけど丁度性に目覚めた頃の好奇心に負けておっぱいの成長過程を見てしまっていたからだ。
さて、みっちゃんを安心させる為に俺も抱き締めようと思ったが肩から腰までランドセルで幅とってやりにくいので必然的にお尻に手を回す事になり、みっちゃんがピクッとして上目遣いで見つめたので『みっちゃんゴメンね?あ、ほら、これならもう誰も触れないしちょっと我慢してね?』って囁いて謝ると再び俯いて俺の胸に埋まる様にギュッとしてコクンと頷いた。
しかし、初めてまともに触る異性のお尻…背徳感を感じつつ掌に伝わる柔らかさに感動を覚えていると、電車が揺れ人波の圧力で軽くよろめいた…みっちゃんはミニスカートだったので簡単に捲れ、スカートの中に手が入ってしまった!
パンティがあると思ったそこはツルツルでプニっとした肌の感触で、布の感触が無い…ノーパンなのを知られたショックかみっちゃんの足が震えていた
『またゴメン!…(履いて)ないの?…(さっきのオヤヂに)とられた?』って聞いたら胸の中でコクッと小さく恥ずかしそうに頷いた。
全く手が動かせない状況で電車に揺られ、胸の中のみっちゃんの吐息と肋骨に当たるおっぱいの感触と掌の生尻の感触で否応なしにチンポが硬質化してしまう…既にみっちゃんにも知れ渡ってるだれうがどうにもできない…『ごめんねごめんね…絶対動かないから我慢してね?』と囁き謝るしかないのだが、みっちゃんの体の異変に掌が感じ取ってしまった…指を液体が通って内腿を下に滴れてくるものがあった…後で分かったのだが、みっちゃんの愛液が溢れだしていたのだ…
果てしない興奮状態で降りる駅に着き、みっちゃんと手をつないで家路を歩いた。
み「お兄ちゃん…」
「な、何?」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年7月24日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】隣の少女⑮【セフレ】

 真実ちゃんのバージンをいただいて、上機嫌で帰宅した俺。
佳純ちゃんはまだ帰ってないみたい。
連日のハードスケジュール(笑)で、疲れたのですぐに寝た。
明日からはいつものシフトに戻るし。
夜中の2時頃、ふと目が覚めたので、ケータイをみてみると、佳純ちゃんと真実ちゃんからメールがきてた。佳純ちゃんは電話もきてた。
シンちゃん、ねたー?疲れたの?
はい、疲れました。
真実ちゃんからは、
エッチ痛かったけど、嬉しかったです。
だって!
ムフ。これから先も期待できそう。
真実ちゃんをエッチな小学生にしないとね!
月曜日。
バイトへ行く準備をしていると、学校へ行く前の佳純ちゃんが訪ねてきた。
「シンちゃん!おはようー」佳純ちゃんはニコニコで機嫌よさそう。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年7月23日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】水着の中学生【セフレ】

2年前、中1の夏休みのことです。学校のプール開放のとき、途中で抜けたぼくは教室に着替えにいくと、クラスのK子が水着のままで来ていました。K子も抜けたんですが忘れ物を取りにきたのです。
 K子はぼくの股間を見て、「つんつんだね!」といたずらっぽく言いました。
 別に勃起してたわけではないのですが、たしかに尖っていました。
「おまえだって、むねとがってるじゃん!」とけっこうふくらんだK子の胸を見ると「えーほんと?? 裏地が薄いんだよね!」と胸の中をのぞいているので、ぼくはおもわずのぞきこむと、「いやらしー!」とかくしましたが、またぱっと水着を引っ張って見せました。
 ぼくは思わずK子の胸に手を入れおっぱいをつかみ、もみました。
「いやー!」と抵抗しましたが、K子の水着を下げて柔らかいおっぱいをもみ、乳首に吸いつきました。
「はっ」とK子は胸を押えようとしましたが、かまわず吸うと、感じてきたのか胸をつきだして口に押し付けてきました。
 キスするとK子もつよく口を吸ってきて、ディープを何度もしました。
 しながらK子は手でぼくのあそこをさわってきたので、ぼくも水着を下げると、飛び出したぼくのちんちんをK子は握ってもむので、こらえられなくなり、そこいらに勢いよくふりまいてしまいました。
「すごい」と見ているK子を、ぼくは机に寝かせ水着を全部脱がしました。
 K子のふっくらしたあそこをなめていると、「入れて」というので、ぼくはたってるのを入れました。そして中にもう1度いきおいよく出しました。
 夏休みのあいだ、ぼくとK子は毎日のように教室で裸でそんなことをしていました。
 ちんちん入れたまま、3回続けて出したこともありました。いつもゴムもなしに中出ししていましたが、運良く妊娠しませんでした。
 会えばいつももんでいたので、K子は胸がCからDになって、はちきれそうなおっぱいをつきだして、ぼくに吸わせていました。

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2015年7月22日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ