エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】綾香のオシッコお漏らし露出【セフレ】

今、綾香は朝早くからネットカフェでこれを書き込みしてます。今日の格好は、フレアーの超ミニスカートでノーパン、黒のニーハイソックスという変態服装です。
綾香、個室に入るとすぐに下半身裸になりました。パイパンのワレメがいやらしく濡れていました。そして、持ってきた黒のパンストを直穿きしてパンストのクロッチをパイパンのワレメとお尻にシッカリと食い込ませて穿きました。綾香はそれだけを穿いた格好でいます。
無料で飲めるジュースのお茶だけを4杯も持ってきています。
今、3杯目を飲み終わりました。
朝からトイレに行っていない綾香。オシッコはパンパンに溜まっています。
これから綾香は、フレアーの超ミニスカートだけを穿いてトイレに行ってきます。
・・・・・・・。
今、トイレでしてきたことを報告します。
ここのトイレは変わっていて、男女共用なんです。
三つある個室の中の入り口から遠い奥の個室に入りました。
個室の扉を開けたまま便器を跨り立ちました。
扉は、綾香の後ろにあります。
両手を前の壁に付いてお尻を突き出すような格好になりました。
黒のパンストを直穿きしてクロッチにシッカリと食い込ませて穿いたパイパンのワレメは丸見えです。
壁には、張り紙がしてありました。「トイレを綺麗にご使用していただきありがとうございました。」と書いてありました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2015年1月2日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】恵子1【セフレ】

さほど昔の話ではないが、恵子という彼女と付き合っていた。
付き合った期間は、6年間で、彼女の処女をもらったのも俺である。
普通にデートして、もちろんセックスも自分の好みに仕上げていった。
他の男を知らないので、洗脳と言う訳ではないが、それに近い物はある。
好みに仕上げるのは、余計な情報が無い分だけ、結構簡単だった気がする。
身長154cm B:85cm(D) W:60cm H:90の体型は、好きな男なら
たまらない体型だろう 他の男を知らないなんて今考えるともったいない気がする。
性感帯もかなりあり 胸やマンコ以外は、首筋 耳 鎖骨 手足のの指の付け根
わき腹 など数十箇所以上あり全体的な感度もなかなか良いほうで、
胸は、大きいが感度は、とても良いほうだと思う
乳首にいたっては、舌先で突付くだけで体が答えるほどだ。
また愛液もかなり多く出る女で、セックスが終わるとシーツが濡れるのは、もちろん
マンコから大量の白く白濁した愛液を垂れ流す女でもある。
フェラは、八重歯が、当てるので、なかなか上手くならなかったが、
舌で舐め上げたりペニスのカリや裏筋など感じるところや強弱をつけたりする事や

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年12月25日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】従姉の姉ちゃん5【セフレ】

久しぶりに投稿します。
午前中だけですで5回もセックスして、それでもやり足りなくて、もう1回もちろん生でやっちゃいました。
ついに射精6回(内訳、ゴム4回、生2回、口0回)しました。
また、昼飯もすっぱだかのまま、うどんを姉ちゃんが作ってくれて、作っている間もおっぱいを後ろから揉んだり、マンコを触ったりとちょっかい出しました。「やーん、直樹感じちゃうでしょ。作れないよ。」と言うので、ちょっかいを一休みして、出来上がったら、一緒に食べました。もちろん、すっぱだかのままです。
食べ終わったら、お互いに待ちきれないようにディープキスです。もう姉ちゃんは濡れていて、スタンバイOK
俺も勃起しているので、生で挿入です。気持ちよくて、ガンガン姉ちゃんを正常位で突きまくりました。
姉ちゃんは俺の腰に足を巻きつけ、「あー、気持ちいい、いく・・・」と大声を出していました。
初めて自分のアソコでいかせました。姉ちゃんもセックスでは初めていったそうです。
自分も姉ちゃんのいく姿に興奮して、7回目の発射でした。
ここで、ふたりともぐったりで俺もアソコはまだ元気でしたが、ガンガンついていたので、少し疲れました。
姉ちゃんがここで、「勉強しよう。」とすっぱだかのまま、家庭教師をしてくれました。
約2時間、一緒に勉強して、3時前くらいになり、どちらからともなくディープキッスをしました。

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年12月23日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】「シンジ君エリカちゃんハルホちゃんミサネェ」【セフレ】

彼女と再会したのは入学式直後の事でした。
彼女【エリカ】とは幼稚園から小学3年生までは同じクラスだったが、
エリカは彼女の父親の転勤の都合でアメリカに転校していった。
高校は県内で唯一の英語科で、半分近くが帰国子女のクラス。
しかも40人中4人が男というある意味異様と言える配分でした。
本当はエリカと気さくに話をしたかったけど、男は四人しかいないので
女の子の視線には注意する必要があった。 3年間クラス替えがないという事は
人間関係に失敗すると学校を辞める事を意味していたからでした。
俺のスタンスは用事がある時以外には女の子に話しかけない、出来るだけ男子で固まる
というものでした。 それが正解だと気付いたのは夏休み前の事。四人の中の一人に彼女が出来、
最初は良かったがすぐに破局。
以降は女子の大半がそいつを犯罪者扱い…いわゆるイジメをしたからです。
そいつは2学期から登校しなくなりました。
俺もモテない訳でなく、それなりにラブレターを貰ったり告られたりしたが、
そいつと同じ轍を踏むのは嫌だったし…何よりエリカが気になって仕方なかった。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月15日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】美和子物語 四国の住まい SATOの表札【セフレ】

美和子物語 四国の住まい SATOの表札
吉井さんと四国で過ごしてから何日かが経ちました。
美和子は新しい生活のため、過去と決別をして生まれ変わりたかった・・・。
上京して整形手術をするための予診を受け次回の手術日を決めました。
自分の希望する形やその他について医師の助言を聞きました。
最初は女性器の手術は恥ずかしい事だと思っていましたが、医師が経験豊富なお方で親切に助言をして頂きましたので安心してお任せできると確信しました。
夕方からは別の病院で中絶手術を受けました。これで竹下さんとのかかわりの全てを消し去りました。
病院で休憩させて頂いてから予約していたホテルへ到着です。夕食を食べてから宿泊する部屋に移動し夜景を楽しみました。
10時過ぎに吉井さんから電話が有りました。今日、一日の様子をお話ししました。
吉井さんは美和子が落ち込んでいないかと心配して下さったのです。
過去の事よりも今からの幸せを築こうとのご提案でした。
吉井さんの優しさが疲れた美和子を癒してくれます。岡山への到着時間を知らせてとの事でしたので、空港への到着時間をお知らせました。
翌日は朝寝坊をしました。遅い朝食を戴いてから和光へ出かけて数点のアクセサリーを買い求めました。吉井さんへのプレゼントです。
午後には行きつけの画廊を数カ所巡りました。さらに、お菓子とお抹茶を買いました。
羽田から眼下に快晴の富士山を眺めながら予定時間に岡山空港に帰着です。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年12月4日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】悪戯が・・4【セフレ】

「おーい!三浦が来たぞ」
私は、言いながら美由に近付き、目隠しや紐を解くと「遅いよー」と抱き付いてきた。
私は、部屋に残るいやらしい匂いに、苛立ちを覚えた。
そして、何もなかった様に、三浦の元に戻った。
「今日は、俺が奢るから、買って来てくれ」と突然言ってきた。
私は嫌な予感がして、「美由と言って来るよ」と言うと
「話相手がいないから、一人で行って来いよ」
とうまく言われ、渋々行くことになったが、家を出る時の、美由の怯えた顔が、今でも忘れられない。
家を出ると、突然「いやー」と叫び声が聞こえ、怖くなり、うずくまってしまいました。そして、美由は玄関まで逃げてきたのか?ドア向こうで
「お願い、やめて」
「相変わらずいい乳してんな」
「いや・・あ・」
「オラ、尻突出せ」
私は、彼女が犯されてるのに、逃げる様に、買い出しに行った。
往復30分はかかっただろう。ドアの前に立った。中かは静かだった。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2014年11月27日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】美和子物語 子供とのベッドイン【セフレ】

美和子物語 子供とのベッドイン
自宅の改修工事をして、二階に私のお部屋と隣に長男のお部屋を作っていただきました。
書斎コーナー、パソコン、ドレッサーコーナーも設置しました。
勤務先での仕事を自宅へ持ち帰ってこなしていました。
デスクのカギの掛る引き出しには秘密の小道具類を・・・。
今までは和室にお布団でしたから、長男が入りやすかったのですがこれで防止できると思っていました。
ベッドは少し広めのシングルタイプでした。
勤務先で忘年会があってアルコールを少しいただきました。
お風呂にも入らないで直ぐに寝入りました。
深夜に気がついたのですがお隣に長男が眠っていました。
彼は中学一年生でした。
追い出すのも可哀想だと思っていましたら、着物の裾をずらして美和子のベビーに手を伸ばしてきました。
クリトリスを弄んでからベビーに侵入してきました。
直ぐに気がつきましたが、彼のするままに任せていました。
私はベビーからジュースが流れていることに気がついていました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年11月1日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】陽子のおもいで 第20章 あなたのモノになる・・・【セフレ】

夏休みが済んで、通常の勤務に戻ると、ぼくには東京への短期出張が待っていた。2泊3日の出張である。
そのことを昼食にザーメンをチンポから直飲みしている陽子に話すと、3日も合えないのはいやだと駄々をこねた。
「寂しすぎる・・・そんなの、いや!・・・じゃあ、わたしは休みにして、いっしょに東京について行く。」
「大丈夫かな?会社のほうは?」
「大丈夫よ、それに東京に行ったらしたいことも有ったし・・・」
「それなら、陽子の好きにしなよ。いっしょに東京に行くか!」
「やったー、うれしい!」
それから2日が経って東京への出張の日、新大阪の新幹線改札口で午前9時に陽子と待ち合わせをして、東京に向かった。
車中ではまるで新婚さんの旅行のようにベタベタと引っ付いてくる陽子だった。
そんな陽子に尋ねてみた。
「東京に行ったらしたかった事って何なの?」
「それはね~・・・あなたが私のそばに居ないときでも寂しがらなくても済んで、しかも、完璧にあなたのものになるための処置ョ・・・」
「なに・・・それ・・、今でも充分ぼくの陽子だと思ってるけど・・・ぼくは・・・」
「だって、どんなに頑張っても、24時間いっしょに居られる訳じゃないでしょ、あなたのチンポが欲しいときにあなたが居ないと陽子の性欲を満たすことが出来ないでしょ・・・そんな淫乱で貪欲な陽子の身体を少しでも寂しさから紛らわせてあなたのチンポが私の中に居てくれているような快感で満たされているように感じられて、24時間あなたの女でいられるための処置をしてもらうのよ。」
・・・と言いながら、陽子は一冊の本を紙袋から出して見せた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年10月30日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】陽子のおもいで  第一章 出合い【セフレ】

オスである男とメスの女との「相性」というものはその外見や、考え方が理解出来たくらいでは本当にピッタリと合うのかどうなのかは判らないものなのです。
普段は相性が合うだろうと希望的観測と判断で異性を見てしまっているんだなということが事実であると言うことを、身をもって感じています。特に男性の方に多く、女性はそうではないようです。
女性というよりも「動物のメス」として子孫を残すという本能としての判断基準として「オス」である我々男の中から自分にピッタリとくる「オス・男」を捜し出そうとするです。この能力はどの女性にも潜在的に備わっているようですが、能力の差はあるようです。
今からお話しする女性とのお話はその動物的相性がピッタリとマッチしたケースです。性器の形・色はもちろん、大きさ・太さ、カリの戻り具合、反りの度合い、性器全体から漂う臭い、先端からにじみ出る先走り汁の香り、味、色、濃さ、精液の色、濃度、臭い、味、喉ごしの良さなどそのどれ一つをとっても彼女の好みそのものだという女性が現れたのです。
ぼくが31歳くらいの頃でした。
お母さんが元宝塚歌劇の女優さんで、コネを使って私の働く会社に就職してきたのでした。
田中陽子と言う名前の女の子(当時21歳)で、短大卒業後1年ほど東京で一人暮らしをしながら遊んでいて、見かねた両親が就職させたのだった。身長は1メートル55センチくらい、バストは84センチ、ウエスト60センチ、ヒップ88センチというスタイル。彼女は本社の総務勤務、ぼくはMテレビの報道勤務で本来なら顔を合わせることなど殆どなく、有っても経費の事務処理で伝票を抱えて本社に行く月1回程度でした。
それが、どうしたことか、Mテレビ報道勤務の人の事務処理を現場ですることになって、陽子がMテレビに来ることになったんです。それがその年の11月半ば過ぎです。
直ぐ傍で頻繁に見るようになって気づいたのですが、「ケラケラケラ」とよく笑う、小泉今日子に似た小柄な可愛い顔をしていました。
勤務が始まって3日目が金曜日だったので、歓迎会を近くの駅前商店街の居酒屋で開きました。
歓迎会と言ってもメンバーは私と同僚のU川君アシスタントのA山、そして陽子とわたしの4人だけ、気楽なものでした。
ぼくは一番奥の席に座り、偶然その右に陽子が座りました。
ぼくの座っている席からは店内が見渡せます。
一通り乾杯をして自己紹介をして、あとは適当に職場のことを喋りながら生ビールを3~4杯飲んだでしょうか、全員とっても良い気分になり、「後一だけ杯飲んで帰ろうか。」と言う同僚U川のいつもの一言で最後の乾杯をしたときでした。
陽子はお代わりをしたばかりのジョッキが一杯の状態で乾杯したので、少し回ってたせいもあってかビールを溢してしっまいました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年10月11日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】美和子物語 竹下さん バイアグラ【セフレ】

美和子物語 竹下さん バイアグラ
竹下さんから電話がかかってきました。今晩、会いたいとの事でした。急ぎの仕事で医学論文の翻訳を引き受けていましたのでお断りしました。彼は仕事なら諦めますとの事で電話を切りました。
二時間くらいしてから携帯電話の呼び出し音がしました。竹下さんからでした。是非共会いたいとの事でしたから9時に迎えにきて頂く事にしました。
前回の仲良し会から2週間ほど経っていましたのでお会いするのも良いかな・・・。
仕事は論文を見ながら翻訳して英文タイプで入力する内容でした。30ページ程度を仕上げましたので残りは明朝に仕上げる事にしました。
退出の用意をしながらデイトの事を考えていましたら美和子のベビーが熱くなってきました。洗面所の個室に入って調べましたらかなりの分泌物が出ています。内部に指を入れてビデで洗い流しました。
予備のショーツに履き替えてビルの玄関で彼を待つ事にしましたら彼の車が到着していました。
竹下さんのお家で食事を済ませてから直ぐにベッドへ移りました。洋服を脱いでベッドに入っていましたら竹下さんが胃腸薬(本当はバイアグラ)を下さったので服用しました。
彼は先に服用していたようでした。ピンクのレースショーツを脱がせながら彼の息子さんはお元気でした。彼の右手が私のベビーを探ってきます。会社を出る前にきれいにしましたのに凄く濡れていました。彼の唇がクリトリスを軽く噛みます。
両手で左右に広げて見てくれました。開脚されていますから恥ずかしいのですがおくすりの効果で平気でした。
彼は30分くらい前に服用していましたからカチカチに勃起しています。美和子から求めて69スタイルになって彼のシンボルを唇で愛撫します。数分で大量のザーメンが噴出しました。美和子のベビーも大量のジュースで溢れています。
竹下さんはザーメンを噴出されますとぐったりとされるのですがこの日は違います。いつもは噴出後にペニスを吸引しますと痛がられますがおくすりの効果で痛くないみたいでした。
竹下さんが上向きで美和子が騎乗位になって結合を続けています。20㎝以上の真っ赤なペニスが美和子に突き刺さって居ます。上からお尻を上下させて、深く浅くの結合状態を続けながら結合部分を押しつけています。彼の両手は美和子の乳房をわしづかみしています。
美和子もバイアグラを飲んでいますから興奮が続きます。そして、疲れません。
わたしの乳房の谷間からは大量の汗が流れます・・・。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年10月2日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ