エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】家庭教師【セフレ】

私も告白します。
わたしが、オナニーをはじめて経験したのは、大学1年生(19歳)のときでした。
わたしは、小学校時代から、まじめですこしおとなしい性格でしたから、男の人とデートしたこともありませんでした。 もちろん中学校時代、クラスでオナニーをしていた子もたくさんいましたし、オナニーのやり方も知っていましたが、なぜかしら、そんなことをするのはいけないことだ、破廉恥なことだとおもっていました。

ところがです。以下私の初体験を聞いてください。 大学1年の夏、私は、家庭教師のアルバイト先で、あまり熱心に勉強にとりくまない中学3年の男子生徒を教えていたとき、すぐに「先生、もう終わろうよ。」と言い出すのです。 私が、「この問題がとき終わったら、なんでも言うこときくから」と言ったとき、彼は急に真剣にやり始めたのです。ほとんどはその子の実力では、ちょっと解くのが難しいかなという程度の問題だったのですが、たまたまうまく解くことができたときがありました。

わたしは、「よくできたから今日はここで終わろうか。」というとその子は、「先生なんでも言うこと聞くっていったよね。」「今度来るとノーブラ、ノーパンで来て」といいました。 当然、私は、冗談かと思い聞き流して、次回もそのままいつもの服で教えに行きましたが、そのとき、男の子が、私の胸、アソコの付近を執拗にもじろじろ見ていました。その時、私は初めて、先週男の子が言ったことがまじめに言ったことであることに気がつきました。

2時間の指導時間のうち、最初の1時間は、普通に教えました。その時も、視線が私の胸やアソコにいっていたのを覚えています。当然、勉強のやる気などみじんも見当たりません。仕方なく、わたしは、休憩時間のとき、トイレでブラをはずしパンティを脱ぎ、再び1時間指導することになりました。 男の子は、はじめは特に何も口には出しませんでしたが、以前にもまして、私の胸やアソコを覗き込むように見ていることが多くなりました。そのとき、私のアソコが急に濡れてくるのを感じました。1時間が終わりのころには、アソコがびっしょりでした。

ようやく勉強がおわり、最後の雑談のとき、私は、「先生、君が言ったとおり、ノーブラ・ノーパンできたよ。」というとその子は、恥ずかしそうに、「見せて、触らせてください。」といいました。
私の心臓もどきどきの状態でした。なにせ、今まで男の人と手をつないだこともないのに、胸を触られるんです。 ちなみに、私は、Dカップだったので見せても、触られても、はずかしいサイズではありませんでしたが。でも、なぜか、私は「いいよ。」と軽く返事をしてしまったのです。 たぶん「年上の女」としての強がりだったんだと思います。
はじめは、服の上から胸をもまれ、その後タンクトップのシャツの中に手を突っ込まれて激しく胸をもまれました。何も抵抗はしませんでした。手が乳首に触れるたびに、エッチな気分になっていく私と、はやく、女の人の「あそこ」が見たい中学3年生でした。

男の子は私の裸を「見たい。」と言いました。たぶん自分からスカート脱いで全裸になったと思います。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年7月16日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【小学生】家庭教師先のJKに調教された僕2 【中学生】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。

そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。

ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。

彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。

そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、
『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』
と、僕の方を見もせずに言いました。

僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。
『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | エッチ体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました2 【NTR】

「じゃあ、こんなのはどうですか? 愛する彼氏が寝てる横で、彼氏のより大きなおちんちんでイカされちゃうってのは? 必死で声を我慢しながらw」
軽い冗談口調で言うバイトの後輩の淳。そんなとんでもない提案に、
『……それ、凄いぃ……。そんなの……あぁ、ダメ……』
と、俺の彼女の加奈子はとろけた声で答えた。

俺は、酔いつぶれて寝たふりをしながら、二人を止めることもせずに様子をうかがい続けた。この時、俺は寝取られ性癖に目覚め始めた頃だったので、そんな選択をしてしまったのだと思う。

「じゃあさ、早速くわえてみたら? 彼氏がすぐそこで寝てるのに、バイト先の後輩のチンポくわえるのって、加奈ちゃんたまんないんじゃないの?」
淳は、上手いことを言いながら加奈子をのせていく。
『それ、ヤバいかも……。でも、起きちゃわないかなぁ?』
そんな事を言いながら、俺の方を見た加奈子。俺は、慌てて目を閉じました。俺がいる場所は電気が消えているので、多分、目を開けていても気づかれないと思う。でも、俺はとっさに目を閉じてしまった。

「平気ですって。康さん酒弱いのにガブガブ飲んでたからw」
『そうだよねw じゃあ、ダーリンのすぐ横で、フェラしちゃうね。そっか、ねぇ、もっとあっち行こうよ!』
俺は薄目でその様子を見ていたが、本当に驚いた。加奈子が淳の腕を引っ張り、俺の方に歩いてくる。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年7月15日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】茨ヤン遭遇編【セフレ】

数年前の夏、俺は初めて携帯の出会い系サイトを利用した
気に入った感じの子を見つけても、帰ってくる返事は業者の勧誘メールばかり・・・
1人2人、頻繁に返事をくれていたが、それも結局は誘導目的のサクラだった
期待ばかりが先行した出会い系、2日目には半ば飽き始めていた

そして3日目、検索範囲を都内だけに限らず、関東全域に広げてみた
飽き始めたはずだが、期待する部分もまだまだ大きかったのが正直なところ
すると、茨城県西部で気になる子をハケーン!
年齢的には一回り下、趣味・車と釣り、俺と同じであった
出会い系で趣味が共通しようが、大して関係ないように思っていたが
この時は、とりあえず誰でも良いから1度会ってみたかった

数度のメール交換を経て、向こうの地元近くで待ち合わせするところまで漕ぎ着けた。

金曜の夜、仕事を終えた俺は車に乗り一路、茨城へ

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2015年7月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】友達の彼女寝とったったwwww【セフレ】

<>1:名も無き被検体774号+[sage]:2013/06/03(月)23:22:54.81ID:+EJC7Wz10<>
ついにDT卒業したわwwww
ワロタwwwwワロタ…

スペック
俺20才顔濃いイギリスと日本のハーフ
友達の彼女19才AKBの大島似Eカップ

話は昨日の夜、友達と友達の彼女と俺とで酒を飲んでたんだわ
そのとき見てた映画がモテキだったんだけど

でね
モテキってさ結構エロいシーンが多くて
3人でウヒョーとか言って盛り上がってた
しかしバカ騒ぎしてる時にふと俺の右手に友達の彼女の手が乗ってたんだよね

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年7月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】生意気キャバ嬢ににトドメの顔射【セフレ】

俺は名古屋の錦でリナという名でキャバ嬢やってるバカ女を肉奴隷にしてやっている。
リナには双子の妹がいて、二人とも同じ店で働いていて、店のナンバー1とナンバー2を争っている。
妹の方はそうでもないが、姉のリナは気が荒く、客に毒づくことも多いクソアマだ。
しかしそんなヤンキー気質のクソ生意気なキャバ嬢も、俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボの虜になってしまっている。
M気質のアホな客どもに甘やかされてチヤホヤされて、女帝気取りになってしまったバカキャバ嬢も、俺にとっては呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る都合のいい便所女の一人に過ぎないのだ。
この前もリナと一晩中オマンコしてハメ狂ってやった。
リナが部屋に来るとハメ撮り用のビデオをセットして、直ぐにブチュブチュとドスケベなディープキスをしてオマンコ開始。
リナにチンボをねぶらせて、ビンビンにボッキしたチン長22センチのデカマラチンボを見せつけてやった。
それからクンニと手マンで一回いかせて、薄汚いマン汁をダラダラ垂らしたドドメ色の腐れマンコにお待ちかねのデカマラチンボをブスッ!とぶち込んでやった。
そんでベッドをギシギシきしませて「えっさかほいさ、えっさかほいさ」とマッハピストンして、リナを何べんもいかせてやった。
俺が「チンボって言え!チンボチンボって続けて言え!」と命令すると、リナは従順に「チンボチンボ!チンボチンボ!チンボチンボチンボォォォーッ!」と叫び始めた。
そんでフィニッシュはリナの鼻の穴にめがけて、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁をぶっ放してやった。
俺のチンボの汁はドバビスドペーッ!と噴き出して、白い放物線を描いてリナの鼻の穴にものの見事に直撃した。
そんであっという間にリナの鼻の穴を両方ともチンボの汁で完全にふさいでやった。
後はチンボから手を離して、膝に手を当てた相撲の四股踏みポーズでチンボを自由にビンビンはねさせながら、ビソッ!ビソッ!とリナの顔中にくっせえチンボの汁をまき散らせてやった。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年7月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】彼女になってください【セフレ】

前日に大勢で海へ行き(女子5人、男子7人)、漏れに女は回ってこないなと諦めていた。
ほぼ見学同然で浜辺の荷物係をやってたんだが、泳がない綺麗な子がワンピの水着にTシャツ着て、隣に座っていた。
初対面だし、話し下手だし・・・だけど頑張って話しをしてみると、割と会話のノリが良い。
海が終わり、夕飯をみんなで食べに行った時、誰が誰を送って帰るかになり、その子
と、その友人(その子の近所)2人を漏れが送る事となる。
それまで彼女が居た事はあったが、手マン終わりだったり、キスだけとかで過ごしてきた20年間。
家に着く頃に「電話番号教えてーな」と、勇気を出して聞いてみると、あっさり教えてくれた。
「今夏休みでたいがい家に居るから」と、電話を何時掛ければ良いかも会話に含まれていた。
早速次の日。
昼間仕事を抜け出し、公衆電話から彼女を家へ電話してみる。
ウブだったのか、番号押すのに10回は躊躇ったのを憶えている。
ベルが5回鳴り、彼女の声が受話器から聞えた。
昨日のお礼と、楽しかった事と、綺麗な子と友達になれた喜びを伝え、話しの流れからドライブに行こうと言う事となる。
速攻迎えに行く準備。
汗臭くないTシャツに着替え、歯磨いて、髪とかして(童貞なのでシャワーとか思いつかず)

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年7月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】友達【セフレ】

2年前の夏のことです。
オヤジが倒れてしまい、母親が病院で付きっきりで看病していました。
そのせいで一週間程3DKの自宅で一人暮しすることになりました。
最初は楽しいかも〜とか思っていましたが、二日も経つと広い家に一人は寂しくなってきました。
そんな折、幼なじみの麻美(顔のタイプで言うと若干辻希美似?)がへこんでるオレを慰めにきてくれたんです。
麻美はオレのモトカノ(と言っても中学の時で、子供みたいな恋愛で終わったんですが)でした。
とはいえお互い恋人もいるし、幼なじみみたいな感じなので、安心しながら二人で飲んでました。
しかし、麻美は酒が弱く、すぐに寝てしまいました。
麻美は寝呆けグセがひどくて、オレが一人で飲んでる間も「ん〜ん〜」とうなってました。
麻美はオレの貸したノースリーブを着ていて、しかもブラを外していたので、脇から横乳がチラチラ見えていました。
オレも酔っていたので、理性があまり利かず、ちょっと期待をしながら寝呆けてる麻美に話しかけました。
「麻美、オレも横寝ていい?」
「(コクン)」
隣に寝てるだけでドキドキでしたが、ちょこちょこ麻美に話しかけながら我慢していました。
何を話し掛けても「ん〜?」とか「うるさいなぁ」とか言っていました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||

2015年7月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】私好みの男の子【セフレ】

数年前の話です。
会社に4~5つほど年下の、私好みの男の子が入社してきました。
趣味の面で話が合う子だったので、どんどん親しくなりました。
当時私には彼氏がいましたが、もともと一緒に遊ぶ友達は男の子が多かったので
その子と遊ぶ事を咎められたりはしませんでした。
 
ある日、その子の部屋に何度目かの訪問をしたとき、
一緒にお酒を飲みながらしゃべっていました。
彼も私もそんなに強い方ではなく、割とすぐに酔っぱらって
そのままベッドに横になったのですが、
一応私はベッドではなく床に寝ころびました。
それに気付いたその子は、「○○さん、こっちに寝てくださいよー」と
私をベッドに誘ってきました。それは、特に変な意味はなくて
“そんなところで寝ると身体が痛くなるよ”という意図だったのは
なんとなくわかったので、素直にベッドに移りました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2015年7月12日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】初めて他人に 【NTR】

この間まで経験人数一人、私しか知らない妻の身体でしたが、ついに念願の他人棒を受け入れました。
はじめは緊張していましたが、徐々にほぐれていってゆっくりと服を脱いでいきました。下着姿になって恥ずかしそうにしてる姿に興奮。ゆっくりとブラを外してついにおっぱいを披露した時は思わずイキかけました。
ただ、ここまでは過去の彼氏に見せたことがあるらしいので、ここから先が本当に私しか知らない場所。
ピンクのパンツを下ろして、ついに生まれたままの姿に。
恥ずかしそうに下を向く妻に前を向かせ、しっかりと身体を鑑賞してもらいました。
椅子に座ってご開帳。なかなか開けなかったのですが、ふたりでキスをしたり胸を揉んだり、2つの口と4本の腕でせめるとだんだんと緩んでいく膝。最後はパートナーに開いてもらい、濡れ濡れのアソコを披露しました。
そこで私の愚息は限界。一発口に発射して、パートナーにクンニしてもらう淫らな妻を見学。すごくエロい光景でした。
そしてついに他人棒挿入の瞬間。
初めてはせっかくだから生挿入。ということで、一度だけ奥まで生で入れてもらいました。その時の妻の「あー」と言う声が忘れられません。
ゴムを着けて改めて挿入。ピストンされて喘ぐ妻に自分のものを舐めさせて最高に興奮しました。
パートナーは胸射。その後自分が挿入してフィニッシュ。
念願叶って最高の体験でした。
妻も悪くなかったようで、それからラブラブが続いています。

エッチ体験談検索用タグ

||||

2015年7月12日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ