エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【浮気】嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【不倫】

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。

知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。
お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。

お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。

嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。

お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。

嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に
お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・

お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||

2015年5月31日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【友達】ユリ【セフレ】

先日、メル友だったユリと会った。自分は都内だが、ユリは栃木に住んでいるので、中間地点で会うことにした。
 まだ高○2年生で、去年のクリスマスに同級生の彼氏と初体験を済ませたばかりだが、エッチに関する事には興味津々で積極的なコだ。
 彼氏にはお願いできないようなエッチを体験してみたいと言う。オナニーではイクが、彼氏とのエッチでは一回もイッたことがないらしい。
 とある駅前のマックで待ち合わせをしていたが、電車で意外と早く着いてしまい、コーヒーをおかわりしたほどだ。(店によってはおかわりOKなんですね)
 5分遅れる、というメールが来て待っていたら、すぐにそれとわかるコが走りこんで来て、開けきっていない自動ドアにぶつかってしまった。
「だいじょうぶ?」
「すみませんー! 大丈夫です!」
「ともきですけど。」
「あっ! ともきさんですか? 恥ずかしいー!」
「はじめまして(笑)」
 後で聞くと、遅刻しては申し訳ない、という思いで走って来たという。近頃の若いコ(オジサンっぽい言い方だが)には珍しく律儀なコだ。
 小柄で一見幼く見えるが、胸はEカップあるという。最近は貧乳の女性とばかり出会ってたので、思わず見とれてしまった。
 すぐにホテルに行こう、ということで、駅近くのかわいらしい感じのラブホにIN。
 部屋に入ると、軽く抱きついてみた。
「なんだかお父さんみたい・・・」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年5月31日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】レイナ4 【セフレ】

体育祭から二週間もすると彼女の脚は順調に回復したようだ。
腫れも引いたみたいで、自転車通学を再開した。
文化祭の後、すぐに中間テストが始まった。
それが終わると、
十月も既に半ばで数日後に学年旅行を控えていた。

俺達の通う学校は全ての学年に泊りがけの旅行がある。
受験がある為、
三年生の修学旅行だけは春先に予定されているが、
一、二年生の旅行は秋に計画されていた。

テストの前から周囲の話題は、
その旅行に関するものばかりになった。
皆、それぞれの思惑があるのだろう。
目的地は山で、その近くにある湖畔のホテルが宿泊先だった。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年5月31日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】最近の子供達【セフレ】

最近の子供達は普通にセックスしちゃうんだからスゴいね。
息子と一緒に公園で遊んでいるといるわいるわ生足剥き出しの女の子達。
息子と遊びながらその女の子達とも仲良しに。
その中の一人佑香ちゃんはまだ六○生。
「大人っぽいから中学生かと思ったよ。」
パンツ覗いてるの見つかって気まずくしてると、
「したい?」
って耳打ち。
耳を疑っているとニコッて微笑んでくる。
メルアドを交換し、週末佑香に帽子を被せてホテルへ。
部屋に入ると直ぐ様ディープキス。
佑香も舌を絡めてくる。
まだ膨らみかけの胸は置いといて、その幼いお股へロックオン。
立ったままジーンズの短パンを脱がすと純白のパンツが。
ワレメ部分を指で細かく刺激すると私の肩を掴み、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年5月30日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】修学旅行で女子生徒と【セフレ】

16修学旅行で女子生徒と削除依頼
投稿者:(無名) 2008/12/02 10:40:55(5JNlJEuf)
投稿削除

中学の修学旅行で教師の私は生徒と風呂に入ったのですが、男子生徒が「先生のちんぽが凄いデカい」と女子生徒に余計な事言触らしたせいで女子生徒から「先生の見せて」としつこくせがまれたので仕方なく見せてやることにしました。
男子や他の教師には絶対に内緒と硬く口止めして5人の生徒の前でパンツを下ろすと「凄い超おっきんだけど」「ねぇ〇〇君の倍くらいない?」など可愛いらしい容姿とは裏腹に凄い会話を始め「勃ったらもっと大きいんじゃ?」と1人の生徒が咥え始めました。「コラ!見せるだけだろ」といいながらも内心かなり興奮してしまいました。「先生気持ちいい?」「真〇美の咥えてる顔えっちくない?」「私も先生の舐めたい」など下心でどんな顔するか見るつもりがまさかこんな展開になるとは予想外でした。アソコに3人の生徒が交代で咥え後2人はオナニーしながら行為を見ている中私のアソコは完全に勃起してしまいました。「ちょっと先生の超ヤバくない?デカ過ぎなんだけど」「ホントだ~もうギンギンだよ」「凄~い先生デカちんだね」とキャーキャー言いながら私のアソコ釘付けになっていました。その内「先生の入れたい」と1人が脱ぎ始めると「先生ちょうだい」ともう1人も脱ぎ尻を突出してきました。私もどうにでもなれと生徒を交互に突きました。2人の生徒と私の行為を見て我慢できなくなった生徒が加わり4Pに。後の2人はオナニーに夢中でした。日頃先生先生と慕う生徒との行為は異常な快楽でかなり興奮して頭は真っ白になって突きまくってました。「先生激し過ぎいだよ」「先生の太くて凄いの」「ダメ~壊れちゃう~」と喘ぎまくる3人とグチュグチュ息を荒立てオナニーする2人の生徒。1人の生徒に中出してしまった後は口に出してあげました。「出るっ」と言うと全員が雛鳥のように口を開け両手を添えて私の射精を待つ中溜まっていた私の精子は勢いよくとび顔射に。教え子達のあまりのエロさには驚きました。結局女性教師にバレてしまったのですが、口止めとしてセックスをし何とか他の教師に知られずにすみました。ちなみにその女性教師が今の妻です(笑)

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2015年5月30日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】★32歳の処女 その2【セフレ】

しばらく休んだあと、バスにお湯をはって一緒にお風呂に入りました。
全裸にすると本当に素晴らしい体なんです、胸は垂れてはいますが
ウェストのくびれ、ヒップのでっぱり…..それとアソコの毛が凄く
薄いんです、真正面から見るとスジがハッキリ判りますし、触わると
ダイレクトに肌の感触が伝わり、最高です。
二人でお風呂に浸かりながら、後ろから抱きしめ、バストや乳首を
持て遊びながら、舌を絡ませる。
もう私のモノはいきり立ったままなんです。
耳元で、
『さっきのお返しに口に含んでよ』
『・・・・・した事無いから……』
『簡単だよ、歯を当てないように、唇と舌で優しく舐める
 ようにすればいいんだから』
と、バスに腰掛け、こちらを向かせ、頭を押さえて口に咥えさせ
ました、舌の動きもぎこちなかったんですが、頭を持って

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2015年5月29日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】知ってしまった【セフレ】

はじめまして、35歳の私に22歳の妻の夫婦です。実は妻の話題ではなく妻の母親、即ち義理の母のことなんです。
私達夫婦は結婚して2年になりますが子供は居りません。妻は一人娘で妻の父親は50歳で会社を経営する社長です。義理の母は43歳で会社の事務職を2人の事務員の女の子と3人で勤めています。従業員は事務員の女の子を含めて30人ほど居ります。私はこの義父の従業員ではなく、別の仕事をしています。(いずれは会社を継がなければならないと思います。)妻は専業主婦で仕事には無関係です。
お話はこの43歳の義理の母のことです。
結婚して2年の間、私は義理の母を見て清楚で綺麗な40代の女性だと感じておりました。その上、真面目で義父とも夫婦仲がよく問題のない印象でした。その家に私は婿に入り、現在は4人家族で平穏な毎日でした。
ある土曜日の夜のことです。この日、朝から義父は泊りがけの接待ゴルフで日曜日の夜まで帰宅しないとのことでした。
私達夫婦も妻の友人夫婦2組と一泊旅行に出かけたのです。
しかし、家を出て間もなく私の同僚から携帯に電話が入りました。内容は私達の上司が交通事故で重体だと云うのです。
私は、無視することも出来ず自分だけはその病院に向かうことにしたのです。仕方なく、予定した旅行は妻と妻の友人夫婦2組の合計5人で行ってもらいました。
病院に着くと既に何人かの同僚達が駆けつけていました。でも、上司の病室は手術を終えたばかりらしく面会謝絶の状態でした。半日くらいは病院に居りましたが、この日の面会は不可能ということを看護婦から告げられたので皆、解散することにしました。
外に出た私達は昼食を済ませて帰宅することにしました。
私も旅行先に出た妻達と合流することも出来ないため家に帰ることにしたのです。
妻も義父も不在で義母だけだということは勿論、理解していました。時間は午後3時頃でした。玄関には鍵がかけられていたので私は自分の持っている鍵で開けようとしたのですが二重ロックでチェーンまでかけられていたのです。
私は、訳の判らないまま裏口に廻りました。今度は裏口の鍵で中に入ろうとした時に、なぜか不吉な予感がしたのでそっと静かにドアを開けて音を立てないように中に入りました。
静かに中に入ると浴室から義母の声が聞こえました。しかも義母だけでなく、男性の声も同時に聞こえました。
耳を済ませてみると聞き覚えのある声でした。そうです。義父の会社の営業をしている田中君(仮名)の声だと直ぐに分かりました。まさか・・・と思いましたが確かに二人は浴室の中で会話をしていました。田中君は私より少しだけ年下の33歳の未婚者です。営業をしているだけあって普段は私に対しても人当たりがよく明るい人でした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2015年5月29日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ちんちん洗脳術12【セフレ】

大きな飴(亀頭)をべちょべちょ、じゅるじゅる吸い舐めしながら、ガバァ〜と亀頭をくわえる。俺は激しく腰を好きな様に前後に動かしまくっている。妹は『うぐっうぐ…あっぶあっぶ…んぐんぐ…オエッじゅぱじゅぱ…』いつの間にかイマラチオになっていた。時には口からチンポを抜き、妹の顔面にチンポを押し付け、ペタペタ…。妹はチンポを舐めようと舌を出しながら口を大きく開ける。俺はチンポを握り、妹に食われない様に亀頭を口元に擦り付ける。たまに口内に吸い込まれるが、直ぐに亀頭を引き抜く。妹はエサを求める魚(ブラックバス)に思えた。その表情がとてもエロい!!もう、何でもOKのフェラ抜きです。俺は自分でシコシコ…手コキを始めた。それを手伝う様に妹は亀頭を吸ったり、舐めたりする。妹は『あぁぁむぅあぁぁ…カポカポ…ガポガポ…チュポチュポ…』俺『そろそろ…出そう。』妹『うん。出ひぃて…。』妹は大きく口を開けながら舌を出して亀頭を舐める。俺『出るぞ!!ううっ…』妹『あっあっ…凄い…おちんちんが…動いてる…口の…中に…精子が…飛んで…まだ…うぐっ…出てる。』【ドクドク】脈打つチンポは白濁の精子を噴いた。

エッチ体験談検索用タグ

||||

2015年5月29日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】中学時代の思い出【セフレ】

私は現在37歳のオッサンですが昔のことを思い出したので書いてみます。それは中学2年の時でした。
私が育ったのは北関東の田舎で村でした。しかし田舎ながらスキー場や温泉施設があり冬のシーズン時には観光客で賑わうようなそんな村でした。冬になると旅館や民宿に沢山の若い人が泊まりにきてましたので中2の性欲、探究心からよく友人数人と露天風呂にノゾキにいっていました。
あの日も友人4人と雪をかきわけいつものノゾキスポットへ・・・
はっきり言って当たり外れがあるのですがその日は大当たり!
女子大生グループが入浴中に運よく遭遇しました。入っているのは4人の女子大生だけという状況でなにやら女子大生達はおっぱぃをもみ合ったり股に手をすべりこませたりしてふざけて遊んでいました。
その光景はとてもエロく中2男子にはたまらないものでした。しかし恍惚の時間は長くは続かず・・・いつものぞいていたので旅館のオヤジに目をつけられていて見張られていたのです。見つかってしまいました。
「おまえらー!」という怒鳴り声が聞こえた瞬間にみんな散開し逃げました。
私ももちろん逃げましたが運悪く私一人捕まってしまいました。
さんざんげんこつをもらって「お客様に一緒に謝りにいくんだ」と、のぞいていた女子大生の部屋へ旅館のオヤジにつれられいきました。部屋をノックし「はーぃ」と若い女子の返事。恥ずかしさと緊張で息がとまりそうでした。
しかし扉は開けられオヤジが「大変失礼します。先ほどノゾキをしていた犯人です」と私をさしだしました。
私は「のぞいてしまってすみませんでした。」と言い何度も謝りつづけました。女子の皆様は、ケラケラ笑って「謝っても許されないわよ。どうしようか?」と相談しはじめました。
旅館のオヤジは「本人もこうして反省してますので・・・どうか穏便に」と助け舟を出してくれました。
女子大生達は「折角遊びにきて警察沙汰もなんだから全員に1時間ずつマッサージすることで許してあげる」と言いました。
私は「わかりました。何でもします」と答え、旅館のオヤジも「家には内緒にしてやるからきちんと謝罪しなさい」と部屋をあとにしました。私はどうしていいかわからずに呆然と立っていました。
女子の中の一人が「何ぼけっとしてるの?こっちきなさいよ!」と私を呼びつけました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年5月28日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ちんちん洗脳術11【セフレ】

尿精子液をぶっかけられた妹は、何事もなかった様にチンポを舐めてます。
妹は『出たね。ネバネバしてるけど、まだ精子じゃないでしょ?おしっこかな?今度は、しゃぶるね。』
俺『いっぱい吸って、チンポをべちょべちょに!!』妹『うん。気持ち良くなって、精子を出してね♪』
俺のチンポはビンビンになている。妹の唾液と尿精子でチンポが濡れていた。
妹『あ〜むぅ。くちゅくちゅ…ちゅぽちゅぽ…んぐっねちゃ、ねちょおぉぉ。』妹は俺のチンポを凄い勢いで吸いながらディープスロートをしている。妹の口はチンポでいっぱいだろう。俺は『うぉっ!!来たぁぁ上手い。気持ちいい。』
妹は『モゴモゴ…はぁぁ。お兄ちゃん気持ちいい?』俺は『もう…最高だよ。気持ち良すぎて、精子がでちゃうかも…。』妹は『そんなに気持ちいい?いつでも精子出していいよ。あぁぁむっ!!くちゅくちゅ…』チンポをパクっとくわえ、大きく上下に頭を動かしている。頬がチンポの形になって…頬がぺこんとへこむ。妹の頭を掴み、口の動かしかたを教えた。妹の頬が内側からモコッモコッと突き出す。凄いです。最高。チンポの根元から皮を持ち上げ、亀頭をベチョベチョ舐めてます。

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2015年5月27日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ