エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【寝取られ】なまりのある彼女と、俺の親友の秘密レッスン 【NTR】

俺は大学3年生で、実家を継ぐことも決まっているので、就職活動で必死になってる仲間達をよそに、のんきに過ごしていた。
気ままな一人暮らしだったんだけど、付き合って2年ほど経つ彼女の玲奈と、最近同棲を始めた。
玲奈は、岩手出身の身長162cm、体重50kg前後? の、可愛いらしい女の子だ。短めの髪はボサボサになっていることも多く、ファッションとかにも無頓着で、ちょっと天然な性格だ。

時折言葉に方言というか、なまりが混じり、それを指摘すると、顔を真っ赤にしてムキになるのが可愛いと思っている。

跡継ぎと言うことで、甘やかされている俺とは違い、木造のぼろいアパートに住んでいる玲奈は、俺の家で過ごすことが多くなり、今は完全に同棲だ。
俺は、玲奈さえよければ結婚したいと思っているし、女遊びや浮気なんかにはまったく興味がないので、二人でラブラブな毎日を送っている。

お互いに若いので、ほとんど毎日セックスもしているが、極端なまでの恥ずかしがりの玲奈は、いつも部屋を真っ暗にするのがちょっと残念だ。本人は、小さな胸と、濃いアンダーへアがコンプレックスみたいだけど、可愛い少女の見た目の玲奈が、そんな剛毛なのはギャップ萌えするので俺は好きだ。

今日も一緒に学校から帰り、一緒にゲームなんかで遊んだ後、玲奈が作ってくれた夕ご飯を食べて、シャワーを浴びた。俺の部屋は、両親が俺の卒業後に賃貸に出すつもりで買った投資用のマンションで、3LDKのファミリータイプだ。分譲マンションなので、造りもけっこう豪華で、大学生の一人暮らしには贅沢すぎるだろ!? と、友人には突っ込まれる。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月9日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】ついに痴漢してしまいました【セフレ】

私はいつも都内の満員電車を使って通勤しています。
いつも萌えた体験談を見て痴漢したいと思っていますが
せっかくまともに就職したのに人生棒に振りたくも無いし、
まして冤罪も多いので、満員電車ではドア付近に立ち
持参しているバックは肩に掛け、手をドアのところに上げた状態でいましたが、
先日とんでもない事になってしまいました。
その日は仕事で使用する道具などがバックに入っており肩から掛けるには
重すぎだったので両手に持って満員電車に乗りました。
ここでも冤罪が怖い私ですので、電車がのドアが閉まる最後に乗り
電車のドアによっかかる形で乗ろうと思い、
考えていた通り前の人を押してギリギリ最後に乗れましたが…
閉まる直前に2人組みのOLが駆け込んできてドアが閉まらない状態になりました。
2人組みは何とか電車に乗ろうと私と手に持っているバックを押してきて
ホームにいる駅員まで押してきました。
そしてドアが閉まった時に私はバックを持っている手の甲の部分にとんでもない

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2014年8月6日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】スズメを助けたTさんと【セフレ】

数年前のお話。

俺、当時28。
熟Tさん、40代前半?美人ではないが、まぁ普通。

Tさんが店番をするお店に、週1で通う常連客だった。
通い始めて1年くらいたったかなぁ、世間話とかするようになって
仲良くなり携帯アドレスも交換して、時々メールをやりとりしてた。
おやすみーとか、Tさんの愚痴とか。
「今度チューしよー(はぁと。なーんてね」
とか、時にはちょっとエロいの送ってみたり。

そんなある日、いつも通りにお店に顔出した。
いつも俺の座る場所に、プラスチックの洗面器が置いてあり
中を見るとグッタリしているスズメがいた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||

2014年8月4日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】デリヘルドライバー日記 -通信記録3-【セフレ】

きーちゃんとはまだ連絡とってます。こちらからの一方的な質問ばかりですけれど。
【】は私が添付させて頂きました。長くなってしまい閲覧の方々すいません。

送信者:
受信日時: Fri, 05 Oct 2007 09:24:55 +0900
宛先: ※※※(きーちゃん)@excite.co.jp
Cc:
件名:おはようございます。
10月上旬までの日記を萌えコピさんにUPさせてくだい。
それと、このような日記は何人ぐらいに送っているのですが?

送信者: ※※※(きーちゃん)@excite.co.jp
受信日時: Fri, 05 Oct 2007 18:35:22 +0900
宛先:
Cc:

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年8月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】デリヘルドライバー日記 -通信記録2-【セフレ】

きーちゃんとのメールがしばらく途切れてましたが
再び許可を頂き公表しました。

2007/9/1
あまりにも使い方が判らない、おせーろよ!というメールが多いので
おいらなりに考えた物を書きますねw
もし間違っていたらごめんなさいです。
一番いいのは、お店に直接聞くことですよw
まずタイプA
「自宅へ呼ぶ場合」
これは一般的というより意外とイレギュラーだったりします。
一人暮らしならいいですが、なかなか奥さんや子供さんが居ると難しいですよね。
この最大のポイントは手軽さです。
家に来て、終われば帰る。この手軽さは他の追随を許しません。
いちいち移動しなくていいんです、車の為に酒を控えたりしなくてOK

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年8月2日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】性描写(続)【セフレ】

少しは中性に近いかと思う描写の類もあるたとえば衣服を着用しているものがそうである。このなかには、けがらわしき「乱交」はないし、「蹂躙」の類もない。性器の描写もないのがなにもよりも良いものと思える。着衣にもいろんなものがある。最近だと競泳水着にも萌えたし女子高校生の夏服にミニスカート姿にも萌えたしほかには体のラインのあらわになるボンテージなんかも良い。ボンテージというとSMの女王様のイメージがするが、SMという行為には嫌悪感を感じるので、SMという行為を描写する類はすべて酸性に属する。よって我の嫌悪するところである。確かに股下を広げれば鼻を突く臭気がするのは当たり前だがそのようなフェティシズムをお持ちの人たちには嗜好の対象であるようだ(このような嗜好には全く共感できないが)。やはり着衣に限る。着衣が良いからといって何でもよいのではない。このなかにもさらに細かいフェティシズムが潜んでいる。十人十色ともいうべきものであるようで、

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月1日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】デリヘルドライバー日記 -通信記録-【セフレ】

デリヘルドライバー日記 -通信記録-
きーちゃんに許可を貰って公表しました。
途中の()の注釈だけは私が付け加えました。
送信者:
受信日時: Tue, 10 Jul 2007 18:49:09 +0900
宛先: ※※※(きーちゃん)@excite.co.jp
Cc:
件名: こんばんは。
今までのやり取りというか、きーちゃんさんのメルマガ?をまとめて萌えコピに公表してもいいですか?

送信者: ※※※(きーちゃん)@excite.co.jp
受信日時: Tue, 10 Jul 2007 20:22:07 +0900
宛先:
Cc:
件名: Re: こんばんは。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月1日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】大きくしてあげる【セフレ】

ラブホテルのベット…
彼女との激しい抱擁…、本当に久しぶりだったので、その興奮は極限に達していた
彼女の肉襞に埋もれたと思ったら我慢できず、
呆気なく射精してしまった
射精するとグッタリとなって、一気に気怠さの中に追い込まれていく
正常位に覆い被さっからだを彼女から外し、その横に大の字になった
気怠さだけが残る
硬く大きかったモノがみるみる萎んでいく
あまりにも早かったので満たされずに終わった由起
満たされずに投げ出された由起のからだはなおも火照っている
そっと起き上がった由記は、
萎んでいく僕のものを見つめている
逞しかった僕のモノはグッタリと小さく萎え縮こまっていた
それを見つめる由起…
「まぁ、こんなに小さくなって…、わたしがもう一度大きくしてあげる…」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||

2014年7月30日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】満喫にいた泥酔女【セフレ】

俺がここ最近で一番萌えた体験談を紹介する。
金曜の夜、俺は会社の飲み会で新宿にいた。
ウザいぐらい上司が飲ませてくるから、いつも満喫に泊まるハメになる。
この日もそうだった。
結構イジメられキャラだから、いつも飲まされるんだ。
酔っ払って帰る気力も無かった俺は、いつもの満喫にGO!
客の入りは上々。金曜の夜だしね。
俺はできるだけ奥の方を選んだ。
だって寝てるのに、ジュース取り行くヤツの足音で起きるの嫌だし。
とりあえずネクタイと上着を脱いで、アツいコーヒー。
パカパカとエロサーフィン。
気になったエロ動画をDLして、ヘッドフォン装着。
コキたいけどこの状況じゃね。
TV見て寝ようかと思ってたら、足音が近付いてきた。
カーテンの隙間を凝視してたら、女の子が通過。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年7月30日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】ちょっと怖い母 【秘密】

【警告:母子物注意】

中学に入った頃、女物の下着にやたら興味を持つようになった。

ちょうど射精の気持ち良さを覚え、猿みたいに1日何回もオナニーに耽った時期。
なのに進学したのが私立男子校で、近所や親戚にも同年代の女の子がいない。
そんな環境のせいで、渦巻く性欲が方向性を誤った…のかどうかは知らない。

頭の中はエロが充満してるくせに、俺は家でも外でもマジメでおとなしい子。
下着泥とか大それた行為に走る度胸はない。一人っ子で女きょうだいもいない。
結果、興味の対象は身近にいる唯一の女性…つまり母親の下着になった。

念のため言い訳しておくと、別に母親そのものにハァハァしてたわけじゃない。
母は当時35歳。理知的美人と言えなくもないし、年の割にスタイルは良い方だ。
ただやっぱり母親だし、基本マジメで堅いというか、ちょっと怖いキャラ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年7月24日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

このページの先頭へ