エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【学校で】クラスメートが…【エッチ】

S…クラスメート
   イケメン
Y…クラスメート
   学校1イケメン
R…クラスメート
   不細工
私の行っている学校には、
物凄く生徒に舐められている数学の先生がいるんです。
私のクラスもその先生の授業を受けているんです。
でも、授業になるはずも無く…
皆お喋りしたり、ケータイいじったり…
私は窓側の1番後ろの席なんだけど、隣がY、前がS、斜め前がRなんです。
その3人は授業中にもかかわらず、オナニーしちゃうんです///
それも私に見せ付けるように///
そんなの見たら私も我慢できなくなっちゃって、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月28日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談

【浮気】友達に頼まれて【不倫】

今、友達に頼まれて、友達の彼女とHしてきた。とてもマニアなプレイであった。俺がやって、友達は見てるだけ。アレしろこれしろと彼女に命令すると言う、何とも倒錯プレイでした。
友人の彼女は20台後半。色白ぽっちゃり系で、胸も大きいし尻もむっちり。職場では、人の上に立って仕事をしている才女。ちょっと細めの教育ママみたいなメガネをかけていた。(眼鏡女は萌える)
あるホテルのスイートルーム。約束の時間に行くと、彼女はバスルームで準備中。俺も彼女が出て来るのを待って、軽くシャワーを浴びる。友人は、ソファに座ってチューハイを飲みながらパンツ一丁で待っている。俺と彼女がやるのを指導するわけだ。
彼女がタオル一枚まいた姿でごあいさつ。恥ずかしそうにうつむいてしゃべっていると友人が「もっとちゃんと自己紹介しなさい!」と、一喝。おお、そういうわけなのね。自己紹介を済ませると「体を見せてあげなさい。**さんが待っていらっしゃるでしょう。」なかなかタオルをはずさない彼女のタオルを無理やり取り上げて「さぁたって。見せて差し上げなさい。」彼女は体をくねらせて、隠そうとする。
彼女はいきなり俺のティムポをくわえて、ジュボジュボと吸い込み始めた。友人がすかさず、「いただきますは言ったのか!」「はい、いただきます。」上目遣いに俺を見て、恥ずかしそうに言うんだな。そしてまた、ジュポジュポ。思わず、彼女の頭をつかんで、グイと引き寄せた。「もっと奥まで。もっと吸い込んで!」彼女は、口の周りを唾液だらけにして俺のディムポに吸い付いてくる。ゆっくりと、手を下腹部に持っていくと、したたるほどのお汁があふれている。「もう、こんなに濡れてる!」俺が言うと、友人は「お前、俺以外の男としてそんなに感じるのか!」怒りながら、すっかり倒錯した悦びに浸っていた。
十分にしゃぶり尽くしたところで、友人が「そろそろ、やってもらえ。」と、彼女に命令。「はい。お願いします。」彼女はベッドに手をついてでかいおケツをグイともち上げて、「お願いします。入れてください。」俺はおもむろに、ティムポを突っ込んでグッポグッポと出し入れしたね。それから、グィングィンスライドさせて、またグッポグッポ。彼女は、もう、ビシャビシャ。頭をガックンガックン振りながらハァハァ言っている。友人は、彼女とディープキッス。それを眺めながら、更にグッポグッポ。友人は、横にまわってしばらく様子を見ていたが、「感じるのか?おい!お前本当はもっと好きな事あるだろう。言ってみろ!」と、命令する。「はい。ゴックンが好きです。」「なに?もっとおっきな声で。ちゃんと、お頼みしろ!」「はい。ゴックンさせてください。」
今度は俺がベッドに寝て、彼女がフェラチオ。ジュッポジュッポといやらしい音が、部屋に響く。「もっと、激しく。ほら、タマももんでさしあげろ!いつもいってるだろう!」友人は、興奮してきて、彼女に命令し続ける。「時々、手で、しごいて差し上げろ!」彼女は、時々口を離して、悲しそうな声で(しかし悦びながら)「はい、はい」と、命令をきいている。やがて、69の格好に。ベショベショのマムコとクリをクッチョクッチョと嘗め回すと、あえぎ声を上げながら、ティムポを口から離してしまう。すると、友人が「しっかりくわえろ、ゴックンさせていただけないぞ!」こちらからは見えないけれど、彼女の頭をつかんで、俺のティムポに押し付けているようだ。
69でグッチョグッチョになめてなめられて、もう、逝きそうになった俺は、今度はベッドに仁王立ちしてフェラを続けさせた。友人は、横にまわって見ながら、「俺の友達にやられて悦んでるなんて、頭に来る。あとでおしおきだ!」と、怒ってるようなふりをして悦んでいる。俺は彼女の頭をつかんで、彼女のお口を攻めまくった。そして、最後の瞬間。おお〜、え〜気持ち。「一滴残さず飲むんだぞ!」ゴックンゴックン。「ほら、お口を開いて見せて差し上げろ。」彼女の口の中には、まだ、沢山の俺の分身があふれていた。
彼女は、キスだけは嫌だと言っていたのだが、友人の命令でディープキス(フェラ後のキスは俺も嫌いだぁ!)でも、異様な興奮の中で、彼女にアナルアンド袋舐めをさせて、俺も、最後にバックからクンニをして、終了。友人は、しきりに「俺にはそんなことしたことないくせに。」とか、「おれのときはそんなに悦んでないだろう。」などと言って、怒り悦んでいた。「明日の朝までおしおきだ!」と、最後に萌えていた。
俺は、「何のお仕置きしたのか絶対に教えてね。」と、言い残し、(えらくかっこ悪い台詞だ。そう言うキャラクターなもんでね。)ホテルを去った。
う〜ん。なんだか、妙な興奮の中で終わってしまって、夢かうつつかわからんようになってしまった。でも、きっと友人は十分に堪能してくれただろう。もう少し、自分の中でシチュエーションを作ってけば良かったかなぁ。と、反省する事しきりである。しかし、彼女がやられているのを見るというのも、楽しいもんかもしれない。いや、ただのSFだから、興奮するのかなぁ?う〜ん?でも、とりあえず、ただでいい事させてもらったし、ま、いっかぁ。

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年11月24日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気】修学旅行での処女喪失【不倫】

中学の修学旅行の時なのだが
まぁ普通の中学生らしく麻雀したり語ったりしてたら深夜2時頃
女子4名が部屋にきた(普通のコ3人とヤンキーっ娘1人)
引き続き麻雀したりUNOしたり雑談してると教師の巡回がきた。
足音を察知し押入れに隠れたり布団に隠れたりした。(バレバレだよなw)
俺も咄嗟に布団に隠れたら同じ布団に潜り込んだのがヤンキーのコ(以下Aとします)で
教師進入の為移動も出来ず密着したまま息を殺してたけど
体験した事の無い弾力が俺を襲ったw
腰を引こうにも動くに動けなくておっきしたジュニアがAの腹付近に衝突
長く感じた沈黙の時間が終わり教師は電気つけることもなく退場
足音が隣の部屋に行ったのを確認すると押入れや布団から皆出てきた。
俺とAも布団をめくり起き上がりはしたが生憎俺のジュニアはエレクチオン中の為立ち上がれないw
同部屋の友人と女子3人はヒソヒソ声で女子の部屋に一緒に行く話しをし始めるが
もちろん俺は動けないw
友人が「行くぞ」とアゴをくぃっとやるが動けない

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年11月20日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】彼女の本性【NTR】

付き合って3年の彼女、私と同じ専門学校の同級生でした。彼女には、当時他に彼氏がいたのを知った上で、一緒に飲みに行ったりドライブしたりと仲良くなり、結果私が彼女を奪った形になりました。それから卒業して月日が経つと、彼女にいささか飽きがきていました。そんなある日、昔からの友人Aと2人で飲みながらふと「俺の彼女とセックスしてみないか?」とAに言うと、最初は冗談と思い笑っていましたが、本気と分かり、「別にいいけど」と計画開始。Aも彼女とは顔見知りなので、私の家に2人を呼び出し、私が急用でいなくなりAと彼女を2人きりにさせて、Aが上手く口説き、その時に彼女が拒否したら止めるというルールを作って週末に実行しました。私の両親が親戚の結婚式で遠方に泊まりがけで家を空けるから絶好のチャンスです。夕方に彼女が家に来て、軽く食事しながらお酒も、その1時間後に偶然Aが来た風に。3人でワイワイしてましたが携帯が鳴ります(アラームをセット)従兄弟が事故で病院に運ばれたから出てくる(当然嘘)と家を出ますが、すぐ勝手口から戻りました。リビングで会話してる2人を尻目に2階の私の部屋のクローゼットに隠れる。タイミングを計り、私の部屋に移動するAと彼女。クローゼットからは2人がルーバーの間から丸見え。彼女の手に肩にさり気なく触れる手慣れたAは何やら彼女の耳元で囁く。内心私は彼女は拒否するはずだと勝手な思い込みあり、心臓の音が聞こえるんじゃないかと心配するくらい興奮状態でした。「あ…」と彼女。Aが耳たぶを甘噛みしていた。そのまま右手が彼女のCカップの胸を揉みだす。「やめ…て」裏腹に無抵抗な彼女に嫉妬とも欲情とも分からぬ極度の興奮で自分のチ●ポは痛いくらい硬くなり先からは我慢汁が大量に。濃厚なキスをされながらAは遠慮なくスカートの中へ手を滑らせ、パンツの脇から指を入れた。しばらくしてAはキトキトに愛液滴る中指をクローゼットの方に見せてくれた。彼女は「絶対に彼には言わないでね」と念を押して、Aのファスナーを自分から下げ、そそり立つチ●ポに細く白い指が3本からまる。赤黒いチ●ポと白い指のコントラストがひどく淫靡だった。いつも私にするようにゆっくりと指を上下させて、チ●ポの先から出る我慢汁を確認すると指を根元側に下げ、チ●ポの皮が張った状態にして彼女は左手の細い人差し指で我慢汁を円を描きながら伸ばし、ピンと張った裏スジに絡めて刺激する。Aはそれが凄くいいらしく喘ぎ声が漏れた。「しゃぶろうか?」やけに積極的な彼女に怒りを覚えたが私のチ●ポはギンギンで情けない。いつもはスッポリくわえて上下させるフェラも、Aが相手なら、やらしく尖らせた舌先を出してチ●ポの根元からチロチロと尿道までを何往復も、カリの周りも丹念に舐めながら、左手は同時に袋を器用に揉みほぐしている。先程からイニシアチブをとられたAが「ズッポリくわえて」と促すと、瞬く間にチ●ポを飲む込み口内では舌が絡んでいるのか、Aが「ああ…そう、上手」と本気喘ぎを。私に見られてるという背徳の快楽も併せて、彼も興奮のるつぼなんだろう。と思いながら私も無意識にしごいていました。Aはたまらず彼女をテーブルに押し倒し、スカートをめくりパンツをズラして濡れ過ぎたアソコを私に見えるようにして、挿入が分かるようにゆっくりと入れました。彼女の遠慮ない「ああ…すごい、すごいイイ」という喘ぎ声が室内に響き渡った。Aはゆっくり腰を使い、出し入れの感触を楽しむようにつかんだ細い彼女の腰を眺めていた。私は射精寸前で何度もこらえ、何故かAと同時にイキたいと考えました。しばらくしてAも限界が来て、徐々に動きが早くなり「アァ!!」と射精の瞬間に抜き、上手く外出し成功。大量の精液が彼女の尻を汚し、最後の射出は彼女の肩まで飛んでいた。私もほぼ同時に腰が抜けるかと思う程の射精を左手の中にして溢れていました。しばらく頭が真っ白でしたが、この3人の関係はもうやめれないなと覚悟を決めた夜でした。

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年11月19日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気】酔った元恋人とのフェラチオ3P体験!!(その2)写真リンクもあり。【不倫】

そんな美樹と直輝を見ながら俺は手マンをやめて入れることにした先っぽを美樹のあそこに当てるとぬるぬるとした感触が伝わる俺はゆっくりと挿入した
「はぁん!ああっ!」
美樹は声をあげたゆっくりとでも奥までじゅっぽりと動かす直輝のモノを奥までくわえさせられながらこもった声で俺の動きに合わせて喘ぐ
「んふぅ!ふぐっ…んんっ!」
時々アイコンタクトとジェスチャーで直輝とやりとりをする美樹をバックの体制に変えて俺が後ろから突く直輝は美樹の前に座るとやはりAVのように(笑)舐めさせていた
「んんっ!ひっちゃう!んー」

美樹はあっという間にイってしまった 俺ばかりでは悪いななんて思いながら直輝に向かって親指と人差し指を立てくるっと回転させた交換しようぜ!の合図が伝わり俺は直輝と変わった俺は酔っぱらってるのもありとりあえず休憩がてら見てることにし煙草に火をつけたふと見ると直輝は美樹を正常位に戻してもう腰を振っていた
「あんっ…いいっ…あっ…気持ちいい…」

酔ってる美樹はもうよくわかってないのかと思うぐらい感じて大きな声で喘いでいた…

2人に犯され美樹は狂ったかのようにイき、そして喘いでいた
「ああぁぁぁ!いい!もっとぉ…気持ちいいのぉ…」
「どこが気持ちいいんだ?」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年11月18日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【学校で】あめの日【エッチ】

高①の中村RINOといいます。
ちょっと前にぷち露出した時の事書きます!!学校にはバスか電車で通ってるんですが、その日はバスで帰りました。
バスに乗ってるときから雲行きが怪しかったんですがバスを降りるときにはやっぱりザーザー降り。傘を持ってなかったんで買うにも、帰り道は大きい道なのにコンビニは家の近く。
仕方なく濡れて帰ることにしました。その時は暑いからスカートに白のブラウス。ブラが透けちゃうなと思いながらドキドキしました。その日体育があったから可愛いピンクのしてたから良かったけど逆に恥ずかしかったです。
髪もびちょびちょになってスカートも太ももにくっついてブラウスも肌にまとわりついて思いっきりブラ透けてました。
ほんとに豪雨って感じで雷鳴ってて人は少なかったんですけど、ちょろちょろ人がいたのでハラハラしてました。
中学生の男の子の集団と擦れ違うときに少し隠してたら「えろい乳~」とかいやらしいことを言われて私の中で火がついちゃいました(笑★
近くにある工場の脇へ入り、まとわりつくブラウスを頑張って脱いでブラを外しました。
その上にまたブラウスを着るとすけすけで乳首ちゃんがくっきり。さっきので興奮して乳首もぷっくりしてました。
見られるかもしれないという恐怖と寒さで震えたけど、えっちな汁でべちょべちょになったパンツを脱いでスカートをお股のギリギリまで上げました。おまんこはつるつるにしてオナニーするのが好きなのでつるつるです。
おまんこを触るとぬるぬるで、興奮してオナニーしたかったけど帰り道に戻って露出を楽しむことにしました。
わざとカバンからブラとパンツを少し出してお尻を振って歩きました。商店街の近くになるとおぢさん達がパラパラ見えました。
もちろん商店街のお店の人もです。お客はほとんどいませんでした。
興奮したけど急にまた恥ずかしくなって胸を隠そうと思ったけど思いっきり見せながら歩きました。
おぢさん達はびっくりしてあたしの胸を見つめました。視線を感じておまんこがきゅんってなりました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年11月14日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談

【会社】イクメン取材でカメラの前で子供をお風呂に入れることに【職場】

会社の男性の育児参加促進を目的とした社内・対外向け資料をつくる
ということで、社内結婚で、ちょうど1歳と4歳の子供がいて、会社の近くに
住む私達に取材のオファーがありました。取材は同僚の女性が行うということで、仕事の後に家に来て、私達がご飯
を食べさせたり、遊んだりしているところを撮影しましたが、もう少し夫である
私が育児に積極的に参画している光景がほしいということで、妻が、
「それなら、いつもお風呂に入れてくれる」
という話をし、子供をお風呂に入れているところを撮影することになりました、私が水着を着て入ろうとしたところ、4歳の息子が
「なんでパパはパンツをはいて入るの?おかしい!僕もそうする」
と言いだし、妻の
「脱いだら」
のコメントもあり、脱ぐことに。同僚はいったん外し、私が浴槽につかったところから撮影再開。
ちなみに同僚の女性は31歳の独身。山川恵理佳さん似の背のちっちゃくて
明るいけれど少し内気で可愛い感じ。そんな彼女も最初はやや躊躇していたものの、だんだん調子が出てきて、
立ったり座ったり、前かがみになったりして懸命に撮影してくれています。
そんな彼女の服の胸元がややルーズで、前かがみになると完全に谷間が

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2013年11月11日 | エッチ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【友達】いくみ【セフレ】

スイミングの帰り道,ノーパン初体験!!いくみ さん
こんちには。
私の露出体験を聞いてください!
それは、中学生の時の体験なんです。
私は、水泳を習ってました。
けっこう速かったんですよ。
そんなある日、私はとても急いで帰らなくちゃいけなかったんです。
けど、更衣室が全部使われてて。
本当に急いでたので、私はその場で着替えちゃえ!と思い、タオルをかぶって中でもぞもぞ着替えようしました。
水着を脱いで下着を水泳バックからさがすとないんです!!!
ブラもパンツも。
私は、水着を着てスイミングスクールまで行っていたんです。
だから、下着は新しいのを家でバックに入れてくるんですけど、その日に限って忘れちゃったんです。
私がもじもじしていると終わった人がどっと帰ってきちゃって。
時間も刻々と過ぎていくし・・・。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年11月11日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】かすみ【セフレ】

追憶(・・・私がレズに目覚めた頃)かすみ さん
はじめてお便り致します。
現在27才の主婦です。
そして私はレズビアンです。
主人との結婚は当然、偽装結婚です。
もちろん愛していないわけではありません。男性として尊敬できる人であるし、またやさしいですし、、。
でも、一番の苦痛はやはりSEXです。
男性とのSEXは正直言って、とても耐え難いのです。
男性の性器自体に嫌悪感があります。はっきり言って、見るのもイヤです。
こんな自分に気がつき、そんな女にさせられた経緯について、私は私でカミングアウトの意もあり、この文章を書いています。
書き終わった時、爽快感があるのか、虚脱感にみまわれるかはわかりませんが。
このHPの投稿文章は、私なりの判断では、創作文もあるのでは? と思う反面、まちがいなく女性にしか現れない微妙な心の動きを描いた文章もあり、思わず個人的にお近づきしたいような(笑)方もおられ、私のお気に入りHPの中でもトップクラスです。
特に、常連さんのリラさんや、美香さんはとても素敵ですね。
女のか弱さを持ったリラさん、いつもビクビク、ドキドキしながら、とっても大胆な事をしてしまうのよね、気持ち、判るんですよね。
外見は虚勢張っているけど、内面はとても素直そうな美香さん、ひょっとして私とご同類かしら? なんて、理由はないんだけど、なんか感じるのよね。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年11月10日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】夫の悪戯【浮気】

あんな恥ずかしい出来事から、2週間も過ぎた時でしょうか?
お盆を向かえ、夫の実家に帰省する事になりました。
夫の実家は、車で小2時間程走った海沿いの小さな町にあり、お盆ともなれば
多くの親戚が集まるんです。
朝、出かける支度をしていると夫が部屋に入って来ました。
夫 「今日は、白いタイトスカートにブラウスか!下着付けたな!!!」
私 「え~・・・だって実家に行くのよ!」  白いタイトスカートにパンティラインが浮かび上がっているからバレている。
夫 「下着取ろうよ!見えないって」
私 「親戚の人居るでしょ」
夫 「俺の家族だけだって・・・まぁ叔父・叔母も多少居るかも知れないけど・・・」
私 「お願い今日は・・・」
夫 「駄目だよ・・・」
ハぁっと息を付き、諦める様に下着を外した。乳首が透けるのは嫌だったので、ニップレスを付けて・・・
車で走り、お昼前に夫の実家に到着した。
庭には、数台の車が止まっていて、他の親戚が来ている様でした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2013年11月10日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談
20 / 33« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

このページの先頭へ