エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【友達】「愛惜・女通し Ⅰ」【セフレ】

[まえがき]
これは 総てフィクションである。娘が ここで大人達にされることは、今時の 〝処女は 愛し合う好きな人に…〟と考える若い男女にはトンデモナイことだろう。この無垢の生娘は 当日始めて逢った未知の男と裸で抱き合う。生まれて始めて 口を合わせ舌を絡められ、しゃぶって 快感に涎を垂らす。お手本に 叔母と男の媾合を見せ付けられる。大股開きで ホトにド太いマラを嵌め込まれ、イヤラシイと思った腰使いを もう〝コレしか 無い!〟と遣い捲くる。何回もイカされ 恥部の始末を叔母に頼むほど疲れ果てる。…私はそれでも この娘は倖せだと思うのだが、皆さんは どうお思いだろうか。(続く)
(承前)「近親和合のSex」の基の原文の白眉は 何と云っても、「曾祖母の日記」の中の《若者宿と夜這い》と 《跡継ぎの秘密》《添い寝の中の 舅の寝物語・赤飯の祝い》である。特に 〈赤飯の祝い〉の「女通し」は、読者から質問があって 抄訳版を造っても見たがどうも気が晴れない。その理由を考えてみたら それは、これだけ筆を尽くしながら 肝心の娘について 行動が描かれても、その心が 一行も書かれてい無いことであった。
そこで ここに、娘の視点から見た 「女通しの 一通り」を、〈赤飯の祝い〉の《私家版 フィクション「女通し」》として書いてみた。暇な男だと お嗤い下さっても良い。しかしもしお読み頂いて 〝娘の心身が拓かれる 哀歓〟に、人生を〝お互いに 生臭く生きる共感〟と 〝時代の制約 の意味〟を感じて頂ければ望外の幸せである。話は「曾祖母の日記」に倣い 〝昔 舅から女通しを受けた娘が、一人記した 日記〟の形にした。
《私家版 フィクション「女通し」》
あのおじさまから丁寧に女通しをして頂いて もはや十日の日にちが経ちました。ニ三日は 顔の形まで変わってしまったような気がして、毎朝 どんな顔をして良いか迷うようでした。忘れ難い あの夜のことを思い出すと、直ぐに身体が火照り 今でもホトが濡れて参ります。始末しに厠に参りますと 始末だけで無く、はしたないことに 指をサネに遣ってつい撫で擦ってしまいます。さらには イケナイことと知りながら、指をホトの中に挿し込んで あの夜おじさまがお触り下さったサワサワと感じた処を探します。すると ヨクなるのです。しゃがんだままホトの中が引き攣り 気が遠くなることもございます。
こんなことでは なりません。もっと気を確かに持って 少しはあの夜のことを忘れ無ければ、身体だけでなく 心までオカシクなってしまいます。色々と試みてみましたが 思うのはやはりあの夜のことで、折があれば 手を裾に入れてしまいたくなります。そこで こうなったらイッソ、記憶が鮮明な内に あの夜の一部始終… あったことから思ったことの一切を、日記に総て 記しておこうと存じます。スッカリ吐き出してしまえば 却ってあのコトの意味が呑み込めて、気が落ち着いて来るかも知れません。そんなことで ここに筆を執ってみました。そもそも この度の女通しは、母が 急に云い出したことでした。
それは最近 母が親戚の者に聞いたことで、それによれば この頃男衆の若者宿で、私の噂が 人の口に上っているのだそうです。〝あれこれ評判が立って いつ夜這いを掛けられるか判ら無いから、手落ち無く 用意するように〟 とのことでした。それを聞いて 私は心配になり、普段遊ぶ仲の良いお友達に 〝貴女は そんなことありますか〟と聞いて見ました。しかし友達は ただ笑ってそのことから話を逸らします。そこで母に相談すると 母は直ぐ手を回して調べて下さいました。それによるとそのお友達は 既に 少し前に女通しを済ませ、今では数々の男衆が 夜這いに通っていると云うことです。
私は 淋しくなりました。あんなに仲の良かったお友達が 急に遠くに行ったようです。それにあんな無邪気な顔をして 夜這いの男衆の相手をしているなんて…、一体 どんなことをなさっているのでしょう。その内に 母がバタバタと動き出しまして、〝近々お前も女通しをして頂く… このことはお父様もご承知だ〟と 申します。更には厳しい顔をして 〝女は年頃になると 男と身体で付き合う〟が、それはやがて〝相手を選び 嫁に行くためだ〟と申します。〝どんな お付き合いをするの?〟と聞いても 〝それは 女通しで教えて頂きます〟と云うばかりです。そのことは後で 父からも申し渡されました。
その内に 私の月のものの日にちを確かめ、「赤飯の祝い」の 日が決まります。「女通し」は内々の言葉で 公には申さぬ言葉のようです。その日はいつも手伝わされる私が 一間に控えるように云われ、何やら 座敷の準備が進みます。夕方には 早めの風呂で身を清め、染めの着物に 着替えさせられます。日が暮れると 主な親戚の者達が集まり始め、やがて私は 叔母の付き添いで座敷の上座に着きます。続いて両親や祖母と何も判らぬ弟二人 親戚の叔父叔母達が居並びます。最後に父と母の案内で席に着いたのが 今日道付けをされる方のようで、私の隣に ユッタリとお坐りになりました。
横目でソットお顔を拝見すると 色の浅黒いガッチリした方で、祝いの宴の始めに まずニコニコと父からお杯をお受けになります。何か ホッと安心できるお物腰の方です。私は叔母に連れられて その方にご挨拶に参り、形ばかりにお杯を頂き そのまま今日の女通しの場所の納屋に連れて行かれました。納屋には既に 前以てあのおじさまからお祝いに贈られた寝具一式が延べられ、心の安らぐような 薄明かりの手燭が置いてありました。そこで叔母様から 今日の女通しの大凡のお話しを伺いました。まず大事なことは 〝女通し…つまり道付けは 男からお子種を頂く手立てだ〟と申すことでした。
これからあの方が ご自分のお身体でそなたの身体を拓いて、そなたの身体を 子種が受けられるようにして下さる。それは今後の夜這いで お前が旦那を選ぶにも必要なことで、心して 総てをあの方にお任せするが良い。それに 女通しをあの方にお願いするにはご縁のこともある。それは昔 あの方が若者宿に居られた頃、ここの祖母様の処へ 度々夜這って来られたことがある。それに…実はこの叔母も 別の方に女通しをして頂いた後、身体が早く慣れるよう あの方にホトを使い込んで頂いたのじゃ。実は事前の相談で 一議無くあの方にお願いすることに決めたのは、そのお道具の ことである。
お子種を入れるときに 女の身体に挿し込む男のお道具を「マラ」というが、あの方のマラは 一度挿し込まれたら忘れられぬマラである。お祖母様もこの叔母も 今もあのマラが忘れられず、この度のお前の女通しには 是非とも可愛いお前にも、あの方のマラを味わわせて遣りたいと 一決したのだ。途中で 母様がお前を羨ましがり、今日の前に どうとか一度味わいたい…と駄々を申したが、宥めて それは又のことにさせた。なに 「マラ」はどう書くのか?と…、ウム 「魔羅」とでも書くのじゃろう。始め見ると 恐ろしげなマラだが 一度挿し込んで頂くと病み付きになり、お口に 入れたくもなるのじゃ。
叔母様から そんなお話を伺う内に、お母様の案内で おじさまがお見えになります。お母様は その場から直ぐ座敷に戻られましたが、上気して胸を押さえ 去り難い風情でございました。おじさまは 納屋に入ると微笑んで、叔母様と私に 挨拶をなさいました。叔母様には〝お見届け ご苦労です〟と仰いました。叔母様は 私の女通しをお確かめになるのでしょうか。その時はまだそれからの大事が判らず どうやってお確かめになるのかな…などと呑気なことを考えて居りましたが…。その内におじさまは ようよう叔母様と昔にお知り合いだったことを思い出されたらしく、優しく 目配せをなさっていました。
まず おじさまに呼ばれてお傍に参りますと、おじさまは フワッと私の肩をお抱き下さり、叔母様に 〝それでは 脱がせましょうか〟と叔母様に声を掛けられ、叔母様が 私を丸裸に脱がせて下さいます。その間におじさまは ご自分もお着物をサラリと脱がれます。見るともう 下着一つお着けになっておらず、いさぎよく見事なお身体でございました。私はそれまで 幼い時に父と弟の裸を見て以来、男の裸は 見たことがございませんし、何せ 自分も丸裸でございますから、身の置き所が無く、乳とホトに手を当てて 思わずしゃがみ込むと、お二人は優しく手を添え 私を横にし仰向きに寝させました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年4月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】僕と巨乳とイケメンとドラクエ9【NTR】

僕は童貞です。
年齢は35歳になります。
身長は160cm体重は95kg。
あだ名はありませんが、陰口は言われてるみたいです。
会社では営業みたいなことをしてますが成績はサッパリです。
風俗では2回に1回はキスしてくれません。
そんな僕。

彼女は巨乳。
名前はまい。
下の名前で呼んだことなどありません。
年齢は24歳。
身長は148cmくらい。
でもすごい巨乳で机に胸がのっかってます。
あだ名はまいとか、まいっちとか言われてます。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月14日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻の目はもう巨根に釘付けです・・・【NTR】

私と妻は同郷です。盆休みに帰省しています。
ぶらりと出掛けた居酒屋で、一番会いたくない奴と会ってしまいました。

当時不良で嫌な事に妻の初体験の相手なんです、十七歳の時です。今、妻は36歳です。

奴も気がつき、よ〜と声を掛けられ 見ると奴だったんです。

仕方なしに やあ久し振りですと挨拶すると、こっちで一緒に飲もうやと呼ばれ、仕方なく相席です。

妻の話では十数回抱かれたと聞いていました。
奴はもう酔っており、妻の顔を覗き込みながら意味深な笑いを浮かべます。

一時間くらいでカラオケに行こうと誘われ、断ると凄まれ嫌々ながらも行くことにしました。腕力では到底かなわない相手です。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2014年4月13日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww 2/2 【不倫】

前回のはなし

ダーツバーが入るビルの非常階段で肉弾系のマリエとの濃厚な一戦を終え、終電に間に合うよう帰って行く彼女を見送くると、2軒目に入った居酒屋でメアドをゲットした菜摘から送られてきたメールを読み返した。

「隆さーん、家に帰る方終電終わっちゃってました(T_T)まだ飲んでますか?良かったら今から逢えませんか??」

俺の大好物とも言える全身ムチムチ、肉布団系のマリエとは違い、菜摘はどちらかと言うとスレンダーで目鼻立ちのはっきりした美形かつ小顔。共通点といえば新社会人だということと着慣れしていないスーツの上からでも男の視線を否応なく集めてしまう胸の大きな膨らみ位だろう。終電逃したとのhelpを送ってくるということは勝率8割は堅い、あんなにカワイイ子と…なんて考えると、ついさっき濃厚なのを出したばかりなのに再びムクリと起き上がるのを感じる

連れの裕也はすでにマリエの同僚である長身モデル系の女の子と店を出てしまっていた。使い勝手の良いこの店に呼び出してもいいが先ほど関係を持ったマリエの同僚がもう二人残っていたので店を変えることにして、すぐ近くのコンビニで待ち合わせた。

居酒屋で別れてからだいたい3時間ぶり位だろうか、手を振りながら小走りに近づいてくる菜摘はやっぱりカワイイ、が揺れる胸にどうしても視線が行く。ぽってりとした唇と意志の強そうな目元、どうしても目を引く巨乳は芸能人で言うと護あさなといったところだろうか。

さっき会った時はピシっと新社会人らしい緊張感がまだ残っていたが、スーツは少し着崩れ、表情も学生時代に戻ったかのような柔な笑みになっている。
「お疲れー、だいぶ飲んだの??あの後どこ行ってたー?」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月13日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1 【NTR】

俺 30歳 サラリーマン ケン
妻 25歳 主婦 ミキ

隣人のご主人 25歳 経産省官僚 トオル
隣人の奥さん 28歳 アパレル勤務 アキ

俺と嫁のミキとの出会いは3年前
大学を卒業したミキが俺の働いていた会社に新入社員として入社してきたことがはじまりだった。
当時入社してきた女性社員の中でもミキは群を抜いて可愛く、社内のほとんどの男がミキのことを狙っていた。
大袈裟だと思われるかも知れないがミキは本当にモテて、当時、俺も嫁を狙っていた者の中の一人だった。
幸運にも神が味方してくれたのか、入社してすぐミキのデスクが俺のデスクの真横になり
俺の積極的なアプローチもあってかミキとは日を重ねるごとに親しくなり、数か月の交際を経て2年前に結婚までもちこんだ。
早く結婚にもちこんだのはミキを嫁としてどうしても自分のものにしたかったからだ。
仕事もすぐに辞めさせた。
結婚と同時にローンを組み、そこそこいい家も買い、順調に夫婦生活を送っていた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||

2014年4月12日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】2013のGW帰省【浮気】

つい昨日の出来事。
暑い中、GW帰省の為実家に向かって車を走らせていたオレ。
途中で実家から電話があり「お使い物に使うから寄せ植えをしてある鉢植えの花を買って来い」と言われた。
仕方なく目についた道沿いにある花屋に車を停めた。
なんとなく店内を見回していると「いらっしゃいませ」と声をかけられた、見るとエプロンを着けた店員らしい女の子が。
スレンダーな感じの長身に長い茶髪が良く似合うなかなかの美人。
用件を話すと大きめの花鉢といくつかの小さな鉢植えを組み合わせて綺麗な寄せ植えを作ってくれた。
その作業光景がなんともエロい。
しゃがみ込むとピッタリとしたジーンズから水色のパンティがモロに見えていた。
彼女が動くたびにパンティもズリズリと下がっていき縁取りレースの隙間から可愛らしい尻のワレメまでチラ見え。
そのうち暑くなったらしい彼女は上に羽織っていたシャツを脱いで髪をアップにまとめた。
シャツを脱いだ彼女はキャミソールにエプロン姿で作業を再開。
ピタッとした背中越しに肩紐のないブラジャーがクッキリと透けて見える。
期待をしながら正面から胸元を覗き込むと…やっぱり見えた乳首チラ。
大きく胸元が開いたキャミの下に着けているブラはカップがパカパカと完全に浮いている状態、よく投稿写真などで見るような「ブラの隙間で潰れた乳首」ではなく完全に「オッパイ丸見え」って感じ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年4月12日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】久しぶりに見かけた元カノの話【NTR】

元カノの話なんだけどいいかなぁー?4月まで付き合ってた彼女なんだが、昨夜久しぶりに見かけたので。彼女は21才で有名歓楽街の高級と言われるクラブに勤めてる。
雑誌の大人の飲み方みたいな特集で店の紹介の時に看板として出れるくらい、まあまあ美人だ。
もちろん、俺レベルが通える様な店じゃないが、店のチーママと古くからの友人なので、色々と雑用やイベントの手伝いなんかしてて月2、3回くらいは店に行っていた。
そこで、あるとき新人として紹介されたのが彼女、「ゆかちゃんって言うのかわいいでしょ」
そう紹介されたされた彼女は、身長は高いが痩せ型というわけでもなく、メリハリのある体つきでどちらかというと美人さんだなって思った、
しばらくして、店のスタッフみんなでゴルフに行った時、たまたま彼女を送り迎えし、
そこから何回かメールなどで客の愚痴を聞いたりしていたら、一緒に遊びに行くようになり、だんだんと仲良くなって付き合う様になった。
何回か俺の部屋にくるようになって付き合う前、彼女は俺に「私、子供がいるの。それでもいい?」って、言いづらそうに告白した。
別に水商売をしている若い子では珍しくない。
「別に関係ないよ、大丈夫でしょ」って話し、子供の事を聞いてみた。
彼女は今、小学1年の娘がいると言う。
「?、今22才だよね、何才で産んだの?」
「15才、高校1年のとき」
さすがにそれには少し驚いた。
彼女にも色々と事情があったのだろう、俺からは深く聞くのをやめようと思ったが、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年4月11日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】婚約中の彼女が同僚と浮気【NTR】

もう2年も前の話です。俺には婚約者がいました。
就職後に飲み会で知り合った女の子で、会った当時はお互い24歳でした。初めから可愛いなって思ってて,席が隣同士だったのがきっかけで仲良くなり、付き合い始めました。

彼女を仮にM子とします。M子は、性格はおとなしめで、色白のやや小柄な体格をしていました。バストはかなり大きい方で巨乳の部類に入り、ウエストは細くヒップはやや大きめで俗に言う”えっちなからだ”でした。
俺が残業から疲れて帰ってくると、料理を作って待っててくれてるような、優しくて気立てのいい女の子でした。
お互い酒が好きなほうで,デートの時にはよく居酒屋やBarに行き、楽しく飲んでたものでした。

セックスはお互い初めてではありませんでしたが、体の相性は良く、M子は俺とするようになってから初めてイクようになったと言ってました。
付き合って2年半の後、俺に異動の話があり2年ほど地方の支社に行くことが決まったんですが、
「離れるのは辛くて嫌だ、そんな辛い想いをするなら別れる方がいい」
と、M子が泣いていた時に、プロポーズをしました。
帰ってきたら必ず結婚しようと話した時の、M子の泣いたような笑ったような顔を今でも覚えてます。
結納を済ませ転勤した後も、お互いマメに連絡を取り合い、休みの時は飛行機に乗って会いに行ったものでした。

転勤から1年ちょっとほど経ったある日。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年4月10日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】続・室内プールで妻が (普段着編)【浮気】

プールでの出来事を忘れられない私。
プール旅行を計画しながらも、妻が水着以外でも痴漢を期待するのか?
色々考えていると益々気になって仕方なかった。
4月になり子供が学校から星空観察のお知らせを持って来た。
ゴールデンウィークに天文台で、夜の星空を親子で観察すると言った内容だった。
子供は参加したいと言うので、家族で参加する事にした。
観察当日の夕方、妻が出かける準備をしていたので、私はタイトなワンピースを着たらと言った。
妻は、「ちょっと太ったみたいで、着れるかな?」と言いながら服を準備していた。
私と子供はリビングで妻を待った。しばらくするとワンピースを羽織った妻が現れた。
明らかに小さく、ピチピチした感じだった。胸元は開き、はち切れんばかりの尻はパンティラインが浮き上がり
色っぽく見えた。「ちょっと小さいよね!違うの着るね!」と言うので、「時間無いし、いいよ。夜だから大丈夫」
と言うと、妻はそのまま出かける事になった。
車に乗り、10分程走った所に天文台はあった。
駐車場に着くと、予想以上に多くの子供とその親が居た。そして、一般客も多く見えた。
先生らしき人が前に出てきて、大声で案内を始めた。私達も人の流れに従い歩き始めた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年4月9日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】覗かれた妻【浮気】

はじめまして、私は45歳 妻33歳 結婚して7年目の夫婦です、
 私は二回目の結婚で 妻とはお見合い結婚でした、
最初は前の妻との比較でよく喧嘩もしました、
 今では無くては成らない人になり、良きパートナーです、
 仕事も遊びも一緒に楽しんでやります、
 妻は、158センチ55キロややふっくら、色白で男好きするタイプです、
 仕事で店にいる時は よく色っぽいねと私がからかわれます、
 私にも それが妻の魅力だと思います、
 年甲斐も無く週二回はこなしております、
 目を閉じ悶える表情は顔を見てるだけで感激です、
 それが、5年目位経ったある休日の日、私は久し振りにパチンコの帰り、車を駐車場に入れ車から出ようした時二階のベランダで妻が洗濯物を乾しているのが見えました、
 それを下から覗き見している高校生が2人いました、
 妻はそんな事には 全く気にせず洗濯物を乾していました、
 休みが1週間に1回なので洗濯物も多く、その作業はなかなか終わりません、
 2人は必死にスカートの奥を覗いている様子でした

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年4月9日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ