エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【近親相姦】海を見たくて【秘密】

ある日、母親と『久しぶりに海を見たくない?』と、話をしていると母親は乗り気で、「父さんに言ってみるね」と言っていた。

金曜日の夜に母親が「今から海を見に行かない?私、一度で良いから朝日が昇る所を見たいんだけど?」と、父親に楽しげに言うと、父親は面倒くさそうな顔で「行きたければ、お前達で行ったらどうだ・・・」と返して来た。
その言葉で多少、ムッとした母親は俺に「○○、支度しなさい!今から二人で行くわよ!」と、そそくさと準備を始めた。

車は母親が使っている軽自動車で、22時ぐらいに家を出発した。

こんな深夜に道で走るのは初めてで、免許が無い俺は助手席に座り夜の風景を眺めていた。2時間ぐらい走ってファミレスを見つけて休憩。深夜のファミレスは学校帰りに友達と寄る雰囲気とは全く違い、客も店員も何か異人の様に感じる。

普段だったら眠って居る時間にこうしてファミレスに居る。そんな事が新鮮な興奮を覚え目が冴えていた。
一時間ぐらいの休憩の後に再び車を走らせ、海岸通りに辿り着いた母親は‥

「疲れた〜、腰とか背中痛〜〜い」と言い始めるが、かと言って免許証も無い俺が運転を代わる訳にも行かず・・・

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年1月23日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【フェラチオ】義妹が風俗嬢に!【クンニ】

義理の妹’31才が回春エステで‘くみ(25)’という名で働いていた。
前から義妹を右手のオカズにしていたオレは、当然ホテルへと呼んだ。
彼女は驚いていた。すでに1カ月程働いていて、基本の手コキ、フェラ以外に‘アナルに指入れられた’‘オシッコするとこ見せた’とお客との変態行為まで暴露。ベッドでたまらずディープキス!小さいオッパイを揉みながら手をパンティの中へと…温かい湿り気の茂みの中を掻き分け、中指の先でクリをいじった。
そのまま膣に2本の指を入れると‘ちょっとぉ、指が中に入ってるんだけど’と困惑気味!しかし指を出し入れしてやると喘ぎ声になっていく。パンティを脱ぎ取り、股を広げじっくり観察。いつもオカズにしていた秘部を見て‘義妹のアソコって、こうなってるんだ!と顔を近づけた。
段々とツンと鼻につく尿素混じりの香りが漂ってきた。おそらくマンカスと残尿が蒸れた臭いだろう。思わず舌先を出し、クリと花弁を舐めた。最初は塩味を感じたが、舐めるうちにオレの唾液で洗われたのか臭みがとれていった。
舌でペロペロしていたら感じてきたらしく、キュートなお尻をピクピクとさせていた。するとシワがよったお尻の穴が見えた。なんとも綺麗な穴。今まで見たことのない綺麗な義妹の菊の花。指先でこちょこちょと弄った。と同時に、マンコの穴はどうなっているのかとおもい、指で広げると若干紅く染まっていたが、興奮していた俺はさらに酸っぱくなっていったマンコの穴に舌を突っ込んだ。
オレは夢にまでみた義妹のマンコをクンニ中にとうとう発射してしまったf^_^;
義妹のblogです↓

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年1月23日 | エッチ体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【ゲイ】これも近親相姦?【ホモ】

僕は現在19才のフリーターです。僕には3才年上の兄ちゃんがいるんだけど兄ちゃんは高校卒業後すぐに家を出ていっちゃいました。親とトラブって出ていったみたいなんだけど、何があったかまでは知りませんでした。今でも親とは全く連絡をとりあってないみたいなんだけど、僕とだけは、しょっちゅうメールのやりとりをしていました。兄ちゃんは背が低くて目がパッチリしてて幼い頃から女の子と間違われるような感じでやんちゃで叱られてばかりの僕をいつも庇ってくれる優しい兄ちゃんでした。
そんな兄ちゃんが出ていっちゃってから一度も会って無かったんですが昨年の夏から2人で住むようになったんです。
僕は高校卒業後やりたい事も見つからず就職もしないで軽く引きこもり状態だったんだけど、そんな僕を見かねた父親に毎日毎日、説教されて嫌気がさしていました。そのことをお兄ちゃんに相談したら『そっちで仕事を探すよりこっちの方がバイトなんかも沢山あるから、こっちで仕事探してみたら?住むとこなら、しばらく私の部屋においてあげるよ』と言われ僕も早く家を出たいと思ってたし『うん行く!』と即答しました。お兄ちゃんは『そのかわり私を見ても引いたりしないでね。』となんとも意味ありげなセリフを残してその日は電話を切りました!(私を見てもって……外見的なもの…?微妙にお姉言葉だし…もしかしてニューハーフに?…昔からそんな要素はあったしなぁ?…)なんて思ったりもしたけど(ハハハッ考えすぎか)とその時は家を出れることに浮き足だってて、それ以上は深く考えませんでした。その夜すぐにお兄ちゃんと一緒に住むことは伏せたまま『家を出て友達のところに住ませてもらい働くことに決めたから』と親に説明したら親も意味もなく毎日ブラブラされるよりマシと思ったのか快く承諾してくれた。
数日後お兄ちゃんから手紙が送られてきて、もちろん偽名で……(笑)
『仕事の時間帯が不定期で留守にしてる時が多いからマサ(僕)くんがくるとき留守だったら困るから地図と合カギ入れとくね。来るときはメールしてね』と書かれていた。
それから何日か過ぎ、いよいよ出発前夜『あした行くから』とメールしたら『明日は朝早くから仕事で帰りも遅くなっちゃうと思うから合カギ使って部屋に入ってていいよ。1人でたどり着ける?大丈夫?』知らない街に1人で行くのは初めてで少々不安もあったけど親にも明日出発するって言っちゃてるから予定変更もできないし『うん大丈夫だよ』と返信した!
翌日、駅まで親父に送ってもらい電車で2時間半の兄ちゃんの住む街に到着した。僕の住む街なんかとは大違いでビルなんかもたくさん建ってて迷いながらだけど何とかマンションまでたどり着いた。
『なんちゅう豪華なマンションなんだ?名前も合ってるし間違ってねぇよなぁ?どんな仕事したらこんなとこ住めるんだよ?』と思いつつ玄関をあけると、そこには女性用の靴ばかり。『あれっ彼女か誰かの靴か?まさかそれとも?予感的中?』恐る恐る部屋の中へ…家具、香り、化粧品、ぬいぐるみ、そこは絶対に男の一人暮らしの部屋じゃない。僕は恥ずかしながらまだ童貞で女の部屋にすら入ったことがないけど、そんな僕にでも解る『ここは絶対に女の部屋だ。』
悪戯心に火がつき部屋の中を物色しているとタンスが目に入った。ドキドキしながら1段ずつ開けると女の服ばかり、下着も女物ばかりで男物の下着は1枚も無かった。ここまで来たら、ほぼ間違いないなって思ってたんだけどアルバムを発見して確信へと変わった!
さとう里香をギャルっぽくした感じの写真ばかり…。だけど面影はある『間違いない兄ちゃんだ。やっぱりニューハーフになっちゃったんだ』
『引いたりしないでね』って、やっぱりこの事だったんだ。僕は複雑な気持ちのまま兄ちゃんを待つことにした。
『考えてみれば昔から女の子っぽかったし、それなりに要素はたくさんあったからニューハーフになったって別に不思議じゃないよなぁ。まぁブサイクならともかくめっちゃ可愛いし、少しタイプ…(笑)これから一緒に生活していくのもアリかなぁ(笑)。』
『なんて呼んだらいいんだろ?やっぱり今まで通り兄ちゃん?でも見た目は完全に女だしなぁ。う〜ん複雑だなぁ(笑)』なんて、くだらないことを考えられるまで落ち着いてきていました。
『それにしても遅いなぁ今日1日、疲れたし眠くなってきたよ』と僕はそのままリビングで朝まで寝ちゃいました。
朝、物音で目が覚めると台所で朝ゴハンを作る女性の姿が『おはよう昨日は遅くなっちゃってメンね。いま朝ゴハン出来るから、もう少し待ってて』ある程度、覚悟はしていたものの、いざ目の前にすると緊張してしまい呆然と立ち尽くした僕に『ビックリした?詳しい話は朝ゴハン食べた後でね』

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年1月23日 | エッチ体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【近親相姦】俺の家族はどMです【秘密】

私は43歳で4年前に再婚したました。妻は38歳で中3と中1の娘の連れ子がいます
妻は元々Mが強く、結婚する前からSMを楽しむ仲でした。
妻は痛いことされることが大好きです。痛いのを我慢している自分にすごく興奮する
そうで、鞭なんて喜びまくりです。
ある日、俺の仕事中に当時中2の長女が、万引きしたので引き取りにきてくれと連絡が
入り、迎えにいったんですけど。。。
仕事を途中で抜けたのもあったし。。そんな反省の色もなさそうなので、俺はかなり
激怒してしまったんですけど、「こいつ。。。わざと怒られるようなことしたな」と
「母親に似てるわ」と察しがつきました。とりあえず何もいわず、家に連れて帰りました
家につくなり、娘に正座をさせて問いただしました
「もっとわざと怒られるようなことしたな」
「いろいろとさみしいんやろ」「もっとかまってほしいんだな」
「年頃のおまえと向き合わなかった俺も悪かったな」といいました
「でも体罰はあたえるぞ」っていいったら「はい」と娘がいいました
「顔は叩かないからお尻だせ」と3発たたいてやりました

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年1月23日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】従姉の下着【秘密】

おれはスキーをやりに北陸のいとこのとこへ毎年行ってました。
初日滑りに行かず、家でだらだらしてただけでした。
深夜テレビを見ていると、いつの間にか1時を回っていました。
明日早いのでこれはやばいと思い、さっさと風呂に入って寝ることにしました。
脱衣所で服を脱いでいると、なんと籠の中にいとこのねーちゃんのパンツとブラが…(いま思うと叔母のやつだったかもw)
当時いとこは24歳。まぁ、かなり年の離れたいとこでしたが、顔も可愛く、胸も結構ありました。
おれは思わずブラを手にとると、まじまじと眺めました。
これがいとこ(さとみ・仮名)がつけてたブラなのかと思うと、これまでにないような興奮を感じたのを覚えてます。
おれは本能的にブラをとると、まじまじと見つめて、それを自分のアソコに巻き付けてオナニーを始めました。
刺繍がこすれて、思いの外気持ちよかったです。おれのアソコはもう射出寸前でした。
突然、脱衣所のドアが開きました。そこに立っていたのはさとみでした。
いまでもそのときのさとみの口の半開きになった顔は忘れません。
それでもおれは手を止めることができず、「はぁっ…」と情けない声を出してイッてしまいました。
はっと我に返ったおれは、さとみを見ました。もうだめだ、半殺しにされる、と覚悟を決めました。
しかし、さとみはそんな怒った様子も見せず、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年1月22日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ】元ヤクザの情婦にされた妻【NTR】

完全なヤクザとは言い難いんだが、妻が一年近く前から同じ町の飲食店のオヤジにヤリまくられている。
妻は37歳でオヤジは55くらいかな。
どうも元関係者のようだ。
間違いの始まりは妻が知勇学生の息子の学費稼ぎにその飲食店にパートに行きはじめたことからだった。
私と妻は結婚して15年。
一人息子も一昨年の春中学生になり、塾の費用やら何やらで家計も大変なので妻がパートに行き始めました。
妻は私と同じ年齢で当時37歳、身長160センチ、B88W63H86となかなかのグラマーで、
ルックスも目鼻立ちがはっきりしてチョット東南アジア系が入ったような、まあ近所でも美人で評判の私の自慢の女房でした。
妻のパート先は私の家から3キロほど離れた繁華街の外れにある、昼間は定食を出し、夕刻からは一杯飲み屋という飲食店でした。
年の頃50近い店主と少し年上の奥さんの二人でやっている店で、妻は最初は昼どきの繁忙時の店員として働き、洗い物をして帰るという勤務でした。
妻が働き始めて二カ月ほど経った一昨年の6月、店主の奥さんが病気で入院になり、奥さんの頼みもあって、妻が前日の洗い物をしに朝の間も店に行くようになりました。
妻は殆ど毎日、自転車に乗って朝から店に行き、午後4時頃買い物をして帰宅するという生活でした。
ところが直ぐに奥さんが亡くなり、店は暫く休みになりました。
妻も別の働き口を探そうとしていたんですが、店主から店を手伝ってほしいと連絡があり、一昨年の盆あけからまた店に行き始めました。
夜は別の若い子を雇っていたようで、妻は以前のとおり朝と昼の仕事に行っていました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月19日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】元彼の腹癒せに兄と…【NTR】

「このチケット慰謝料代わりに貰っておくわねっ!」そう言って浮気していた彼氏に別れを告げたのが今から丁度一年前…
その時半ば奪い取る様に貰って来た、某リゾートホテルの宿泊ペアチケット…
私は女友達と行ってやろうと思っていたのですが、チケットの注意事項には男女カップルに限る…の文字が…
私は直接問い合わせてみましたが、やはり返答は注意事項に書いてある通りでカップルの為に用意した部屋だから女性同士は遠慮して欲しいとの事でした…
そうなるとタダ捨てるのでは元彼の懐が痛むだけで私の煮えくりかえった腸は鎮まるどころか余計に沸き立つばかりで、どうしてやろうと思い立ったのが、一緒に行く相手を見つける事でした…
けど3年間一途に付き合った私が直ぐに別の彼氏(候補)を見つけるなんて事は出来ず、けど悔しいままなのは嫌なので、そこで3歳上の兄(25歳)と一緒に行こうと思ったのです。
「お兄ちゃん…」「ん?」「今度の週末って何か用事ある?」と私は少し甘えた感じに聞いてみると、私の事が好きな兄は絶対嫌がらずに聞いてくれると分かっていたので「いや、何も無いよ…」と予想通りの答えが返って来ました♪
そこで事情を話すと案の定、一緒に行ってくれる事になりました。
当日、兄の運転する車でホテルのある所へ行き、チェックインには少し早かったので、周辺の観光スポットをプラプラして時間を潰しました。
そして、そろそろ時間になったのでホテルへ向かい私は後で元彼に見せつける為にホテルの写メを撮りました。
チェックインの時、予約者が変わっているので誤魔化すのにちょっと戸惑いましたが、何とかチェックイン出来、部屋へ案内されました。
部屋はそこそこ広くベッドルームとリビングルームの2部屋と、内風呂から続く露天風呂があり、露天風呂は源泉かけ流しの24時間いつでも直ぐに入れる温泉風呂がありました。
ベッドはダブルベットで部屋の色調はブラウンを基調に落ち着いた大人な雰囲気でとてもリラックス出来る部屋でした。
取り合えず夕食までの時間、大浴場へそれぞれ入浴しに行きました。
夕食は豪華でこれも写メをしっかり撮り美味しい料理に美味しいお酒で満足した私達は部屋に戻ろうとしたら、兄が「部屋でもう少し飲もうぜ♪」と売店でおつまみと缶ビールと缶チューハイを数本買って戻りました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年1月19日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】キャンプ場で 続き3【浮気】

 私は10年も前から妻が自分の兄と近親相姦していた事が分かり、裏切られたようなしかし驚きの方がよけいでした。
 妻は何度も私に謝りました。そしてもう兄とはセックスしないという約束をしました。
 私は自虐的な感じで、妻に今までの兄との性行為を色々と聞きだしました。妻は話してくれました。
 妻が高一の時に兄と関係を持ち、それからというもの毎日のようにセックスしていてようです。親が帰ってくる少し前に制服を着たままリビングでセックスしていたらしく、夏休み中の昼間は親はいないので一日中セックスしていた事もあるという事でした。
 縛ってSM的なセックスや、オシッコかけあい、剃毛もあり、私が体験した事もないような事もやってたそうです。
 また、私が出張してる時などは家に来てセックスしてたようです。 私は妻が正直に話してくれた事で少しは気持ちが楽になったようです。
 兄との性行為を聞いてるうちに私のペニスはギンギンに勃起して妻に襲い掛かりました。
 激しくピストンして私は妻に聞きました。
 「どうだ?兄より気持ちいいか? どうだ?」
 妻は答えません。 やはり私より兄の方がいいんだ。ちくしょー! それでも妻は悪いと思ったのか喘ぎはじめます。
 「ああん・・あん・・あっ・・いい・・いいよ・・きもちいい・・もっと・・」
 「ねえ・・いいか?きもちいいか? おれもすごくいい」 早漏な私はもういきそうです。
 「ああん! あん!」 妻のアソコは凄いビショビショです。
 「ああ~ だめだ~もういきそう・・・」
 

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年1月19日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】キャンプ場で 続き2【浮気】

 キャンプ場で妻の兄妹性行為を見せられた私はそれからというもの毎日悶々とした生活が続いていた。
 ある日久しぶりに夫婦の営みの時、私は口に出さしてくれと頼みました、すると妻はいやと答えた。 私は迷うことなくあの時の事を話した。
 「こないだみんなでコテージに泊まった時、お前は口で受け止めていたじゃないか」
 妻はハッとした顔になり
 「えっ!気づいてたの・・!」
 「あれだけのいい声を聞かされたんじゃ、寝てられないよ。」 私は怒った顔で
 「お前ら、いつもあんな事やってんのか! 兄妹でよ! いつからの関係だ!」
 問い詰めるともう10年前からだという事だ。 妻が16歳の高校生の頃からだそうだ。 なんという兄妹だ、結婚してからもたまに関係はあったのだそうだ。
 私は愕然とした。 

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年1月19日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】あの人の…【NTR】

彼にプロポーズされた。
嬉しくて涙が止まらなかった。
プロポーズされた事、結婚したい気持ち、
あの人に報告しなくちゃいけないな…
メールした。
『明後日、おいで。』
返事がくる。
「いいよ、結婚しても…」
私を見下ろしながら、あの人はそう言った。
一週間して、あの人は私と彼のアパートに来た。
彼は留守。
「結婚のお祝いしてあげるよ。」
珍しく、あの人が私の中に入ってくる。
あ…お祝いって…そういう意味?
何となく気付いた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||

2014年1月19日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ