エッチ体験談まとめ 最新更新情報!

【王様ゲーム】勿体無いほど美形の人妻  告白【乱交】

M君に始まった童貞狩り…S子はすっかり嵌ってしまいました。
後日専門学校生17歳君とも会い、変態初体験を経験させます。S子がねだるので車や携帯を買い与えると、度々家を留守にするようになりました。
不審に思い携帯の履歴を調べると、すべて消去しています。ひとしきり通った相互観賞クラブ。
気が合う数人とグループを作り、乱交や貸し出し、スワップなどもやっていました。
私はS子が誰と寝ようと構わないけど、秘密だけは持たないようにと言っていましたが・・・。
秘密・・・バレない様にする。これが刺激のキーワードです。S子は私に内緒でほかの男達と遊ぶ楽しみに気付いたようです。
限りない欲望を求めるS子・・・。
私も暫くは見て見ぬ振りをしていましたが、一応相談するとは言え外泊までするようになったS子に苛立ちました。
昨夜はどこに行ったのか問いただします。
S子は出会い系で見つけたM男君と遊んできた・・・といいました。M男君・・・
二人だけで会わせ、DVDに録画した二人のSMプレーを私は見ています。映像の中でのS子は革製のボンデージに身を包み、手には鞭を持ち、わざと化粧をどぎつくしてSMの女王様そのものです。S子の下半身にそそり立つペニスバンド、跪きしゃぶる若い男・・・男はS子のペニスをしゃぶりながら、ちぢこまった自分のチンポを扱いています。
“この下手くそ!そんなしゃぶり方じゃ感じないでしょ?もっと一生懸命しゃぶりなさい!”と言うや手にした鞭で男の尻を“ピシっ!”と鞭打ちます。
“ほらほらぁ、しっかりしゃぶって私のチンポをビンビンにするのよ!後で沢山お尻を掘ってやるから!”
実際、男を四つん這いにさせアナルにペニスを出し入れするS子。男は〝あ~ん…S子様気持ちいいです…もっと奥までチンポで突いて下さい・・・”
と言いながら男は自分のチンポを扱きたてている映像。衝撃的だったのは、S子と男が双頭の極太ディルドをお互いのアナルに突っ込んで、四つん這いで腰を振りあってるシーン・・・。男を四つん這いにさせ、S子は自分のオマンコにディルドを入れ、反対側を男のアナルに突っ込んで腰を振るプレーは圧巻でした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年1月29日 | エッチ体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

【王様ゲーム】妻を常務に預けてしまった(4)【乱交】

 妻を常務に預けてしまった(4)      龍 晃一 福岡空港に迎えに行くとお土産をどっさり買ってきた雅美の姿があった。私の見ている前で常務と雅美が抱き合ってキスをしていた。そして二人は別れて行った。そんな姿を観ていたことを知らないかのように笑顔の雅美が近寄ってきた。「お帰り、楽しかった—-」
「とっても楽しかったわ—-」
「ママ、お帰り」
「雅子にもお土産を沢山買ってきたよ」
「ママ、ありがとう」 雅子にはママが男と旅行に行っていたとは口が裂けても言えないことである。あどけない姿をとても可愛く思った。子供にはこんな辛い思いをさせたくないと思っているが、雅美の表情は笑顔で逢瀬を満喫した来たとしか思えなかった。それも仕方のないことである。どんなことにせよ、楽しく振り舞うことが前向きに生きることになる。 その方が私も嬉しかった。グアムのお土産で喜ぶ雅子を健やかに成長させなければならないと思えた。
 その夜、雅美の裸体を確認した。 結婚式の写メールでヘアが剃られたことは解っていた。首筋にも乳房にも太腿にもキスマークは無数に付けられていた。常務は私がチェックすることを知って無数に付けたようにも思えた。乳首を舐めると雅美は喘ぎだした。更に敏感な肉体にされている。乳首を舐めただけで膣から愛液が溢れていた。 雅美の愛液を啜りながら69の体位になり、私のペニスを咥えさせた。雅美の本当の主人は私なのだと3日間溜めていた精液を雅美の口に注いだ。大量の精液にも関わらず飲み干す雅美の姿に安堵していた。この日は、ペニスも元気であった。口の中に精液を放出しているのに元気そのもものである。そのまま濡れている膣の中に押し込んでいった。 濡れ濡れに愛液が溢れている膣の中にすんなりと納まった。膣の中に納めただけで雅美は悶えている。そんな雅美の表情を確認しながら激しくそしてゆっくりと深く捻じ込み、浅く差し込んだりしながら膣壁の感触を楽しんだ。30分の格闘の末、子宮に精液を振りまいた。この子宮は私の者だと言う意味を込めて——。「常務とは、毎日何発ぐらいしたの—–」
「そんなこと—-数えていないよ—-」
「わかるだろ—-朝一番にして—昼前に2回目をして、食後に3回目をしたとか—-」
「毎日、少なくても5回はしていたよ—-常務のは長いのよ—-一回に2時間ぐらいする時もあるの—」
「そんなに—-」
「常務は、舐めるのが好きなの—-膣に2時間ぐらい舐めていた時もあつたし—–眠っていたりしたので—-覚えていない」
「そんなものなの」 月曜日に会社に行くと朝礼が終わると常務に呼ばれた。
 常務から雅美の全裸の写真をパソコンの画面で見せてくれた。ホテルの室内だけでなく、海岸や海の中での写真もあった。明らかに誰かに撮影させていたように木陰でフェラしている写真や海の中で交わっている写真もあった。
「雅美は可愛いよ—私の妻にしたいよ—-結婚式の写真は—-」 チャペルの中で指輪の交換、キスのシーン、チャペルの中でドレスを脱がされた写真もあった。
「この4日間で1万枚以上撮影した」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年1月28日 | エッチ体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

【近親相姦】堕ちていく、私、【秘密】

私は小学5年生で、義父に処女を奪われました。でも、世間で言われる性的虐待って感じではなかった。
義父は、とても優しかったし、姦通も無理せずに、徐々に慣らしてくれた。母が他界して頼れるのが義父だけって状況下だったけど、私は毎日、義父の帰宅を心待にして、玄関でご奉仕フェラが、日課だった。
あの夜までは、
ある夜、いつも通りに、玄関でご奉仕フェラ。そして、お尻を突きだしフリフリして、おねだりすると、
(マジかよ)って声が、中年2人が、私と義父の結合部分を凝視して、鼻息を荒げてる。何が何だか?な私を2人は、義父から引き離した。
ヌポッて音をたてて引き離され。
輪姦されました。この2人に、義父は麻雀の借金が、あったんです。
義父の為なら、
これくらいと、まだ愛情があった。でも、義父は鬼畜だった。毎晩、客を取らされました中3までに、中絶を2回しました。
はやくから、
家を出る決心をしていたので、学校で、先生相手に、援交して稼ぎ。中学卒業と共に、上京しました。16の女の子には、冷たい街だった。
ウリしか仕事が無くて、でも状況は違う、自由の為の対価だし、私は、童顔だから、
パイパンにして、中1って誤魔化せば、客には困らなかった。18になってプーの彼氏が出来て、彼氏名義で部屋を借りて、住所を確保して、専門学校に通い。
就職した。二十代は、5〜6人の彼氏ができたけど、
不の連鎖かな、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月25日 | エッチ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【フェラチオ】娘の友達とのいけない関係【クンニ】

私と娘の友達との体験談の事です。
それは娘と友達の恵理が小学一年生の頃からだと思います。
恵理は同じマンションに住んでいて何時も私の娘と遊んで居ました。
そして休み前にはお泊まりするようになり最初は月に二回位だったのですがある日を境に休み前には必ずお泊まりする様になったのです。
私はそんなに言う程ロリコンではありませんでしたが恵理との関係でどっぷりとはまってしまいました。
いつもの様に恵理がお泊まりに来ていて娘が
「お父さんの部屋で寝る」
と言い出して娘と恵理がその日は私の部屋で寝る事になり妹は嫁さんと寝る事になったのです。
そして夜も遅くなり娘と恵理は布団に入り娘はあっと言う間に寝てしまい恵理は中々寝付かれずにもぞもぞとしていました。
私も眠くなり布団に入りました。
私の隣は恵理でもう寝たのか?と見れば寝ていました。
又私はなぜか恵理に触れれば興奮して来るのです。
お風呂で洗ってやる時には半起ちになったりするのです。
それから変に意識してしまい中々寝れずにいてもう娘は熟睡状態で朝まで起きません。
そして私はいきなり恵理のアソコをパジャマの上から触り初めたのです。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月24日 | エッチ体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【王様ゲーム】堕ちていく、私、3【乱交】

彰様の調教は、
器具を使った調教で、アナルが大好きなの。初めは痛かったけど、今はアナルでも感じるわ。彰様は逢うと初めに浣腸して、更にシャワーヘッドを外して、アナルにぬるま湯を注入し中を洗浄してから責めます。逢う前に洗浄したら叱られます。
2人のご主人様にローテーションで調教されて、
ノーパンで、ローターを仕込み出勤しています。
そんなある日に
部長に呼ばれて、福岡支社と大阪支社の売上が下がってるから、販売シュミレーションを行えって言われて、出張になった。部所に戻ると、来客が来たとの事で、ロビーに向かうと彼氏だった。
まだあきらめてなかったのね。
喫茶店に移動して別れ話をした。
でも聞き分けがないのよね。
別れる意味が解らないって、私は股を開き彼氏に、ローターの紐がでてるアソコを見せた。何があったんだってビックリしてるから、淫乱な女なの、貴方にはふさわしくないって言うと、生唾飲みながら、勃起したってさ。テーブルに潜り込み彼氏のチンポを久々にフェラしたら、大興奮して、別れるからセフレはダメかって、意外なセリフ、縛られないならセフレは、大歓迎だけど、貴方には私を満足させられるかしらって、捨て台詞で、別れた。帰宅途中に2人のご主人様は、今夜は都合が悪いと連絡があり。
仕方なく部屋で、オナニーかなって思った矢先に、彼氏から連絡があった。乗り気じゃなかったけど、待ち合わせのカラオケの部屋に入ると、5人の男がパンツ姿で待ち構えてる。私は直ぐに全裸になり。口とアソコとアナルに、3本刺しにされて、3時間の責め続けられて、身体中に射精されて、萌えたわ。彼氏から、満足したかって、聞かれ、また呼んでねって答えてた。
福岡に出張して、大阪に移動した。和人様と駅前で、待ち合わせて、
どんな事になるかワクワクしてるわ
つづく。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月23日 | エッチ体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

【学校で】ソフトなレズチックSM【エッチ】

私、『美奈代』が中学生の頃ですから7年前になります。
とても仲の良い友達がおりました。
名前を『法子』としておきます。
活発で明るく、男の子っぽい娘で、運動系クラブからの誘いすらある娘でした。寒い冬の夜だったのは覚えてます。
私の家は共働きで大抵は私1人ですごしてました。
法子がよく来てくれていましたし泊まる事もしばしばありましたが、両親も彼女のことを信頼していた為、
咎められる事はありませんでした(まあ小娘2人でなにか悪さもないとの判断でしたが)。夜に炬燵で録画しておいたBS放送を観ていた私達でした。
が、女性が緊縛されてもがくシーンを見た時、法子が「やってみよっか」と言い出したのです。
「な、何で?」
「だって美奈代ってよく1人で留守番だしさ。強盗とか入ってきたら縛られちゃうよきっと」
「いやいや、意味わかんないから」
「だから対処と慣れよ」
運動系の彼女に勝てるはずもなく、雑誌等を束ねるビニール紐で後ろ手に縛られちゃいました。
「ほどいてよ~」
足首まで縛られ、私は抵抗が出来なくされました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年12月21日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談

【友達】山の中で【セフレ】

私(裕子)が露出プレイで知り合った男と小豆島にドライブに行った時の話です。午前中は24の瞳で撮影場所になった分校やオリーブ園など観光巡りを楽しみ、昼過ぎから山道のハイキングコを散歩しました。遊歩道から見渡せる瀬戸内海が気持ちを癒してくれます「ちょっと脱いでみないか?」男の声に小さく頷くとブラウスのボタンを外し上着とブラジャーも一緒に脱ぎ捨て男に渡しました。清々しいそよ風が胸の膨らみを包み込むように吹いてきます。私は短めのスカートを捲りストッキングとパンティも一緒に脱ぎました。公共の遊歩道で、セミヌードになった私を男は携帯カメラで撮影しながら色々なポーズを要求してきます。暫くすると急に背中から抱きしめられ目隠しをされました「駄目よ‥恐いから‥」私は誰かに見られたらと思うドキドキ感を楽しんでいましたが、視界を失う事で不安と恐怖心が重なり心臓の鼓動が更に速まりました。男は私の両手を紐で縛り上げ、手綱のようにしながら山道を登り始めました「アッ!」周りの木の枝が肩を触れるだけでドキッとします「ねえ!‥何処に行くの?」男はいい所だからと言って手綱を引きながら時々シャッターの音だけが響いてきます「此処でいいか」男が立ち止まるとガサッと枝が擦れる音に合わせ紐で縛られた腕が頭の上へと引っ張られました「ねぇ、何をするの?」私の問いかけに「これから裕子を放置するのさ!‥いいだろ‥誰かに見つかって何をされるか考えてみろよ!‥」男は小刻みに震える私の乳房を撫でるように触りながら、厚い唇を重ねてきました「イヤッ‥恐い!」男はスカートのホックを外すとファスナーを下げます。フワリとスカートが腰から足元に落ちると私は生まれたまんまの素っ裸でした「お願い‥紐を解いて」先程までの和やかな露出から一転して私は鳥肌が立ち恐怖心が過り始めました「大丈夫だよ‥運が良ければ誰にも見つからないし‥もし見つかっても親切な人なら助けてくれるよ」男は首を横に振り続ける私の太股を開かせ、右手で股間の肉ヒダを掻き分けてきます。男の指は膣穴の奥へと挿入してグチュグチュと濡れたオマンコを確認していました「もし‥恐い人に見つかったら抵抗するなよ‥何でも言う事きいて犯らせてやれば‥殺される事はないよ‥多分?」男は、目隠しをされ何も見えない、此処が何処なのかも判らない私を1人残し離れて行きました。私の耳には遠ざかる足音だけが響いてきます。
私(裕子)は男と訪れた島で裸のまま山に中に放置されていました。両手を紐で縛り高く吊り上げられ、目隠しをされた私の耳には、風で揺れる枝と葉っぱの擦れる音と鳥の鳴き声だけが聴こえていました。時々近付を通る人の声と笑い声に私は身体をくねらせながら通り過ぎるのをジッと祈っていました。時が過ぎ、甲高い話声に私はドキッと背筋が震えました。女性?しかも中年のオバサン達の笑い声が近付いて来ます(お願い!気付かないで)私は心の中で祈り続けました「なに?あれ‥」「裸で吊るされてるわよ」甲高い声が私の耳に入ってきます(ダメ‥通り過ぎて)しかし薮を掻き分ける音が次第に大きくなり人の気配を肌で感じました「アナタ!此処で何してんの?」オバサンの問いかける声がハッキリ聴こえます。周りに他の人の気配も感じました「警察に連絡しましょうよ!」と言う言葉に「すみません‥警察だけは電話しないで下さい」私は必死に頭の上で縛り付けられた腕を揺らしながらオバサン達に訴えました「何これ?」別のオバサンが何かを見つけたようです「へぇ~!露出プレイなんだ」急にオバサン達が笑いだし、私の目隠しを外しました。眩しさで一瞬目眩がしましたが、私を取り囲むように3人のオバサンが呆れ顔で立ち竦んでいました「イヤッ‥見ないで」私の声を打ち消すように「アンタ‥誰かに見て欲しくて吊るされてたんじゃないの」背後からお尻を撫でる手。前から乳首を摘まみツンと伸ばし笑っているオバサン「まぁ!若いから仕方ないわね?」口々に罵倒する言葉を浴びせられ、私は身体をオモチャにされていました「これ見なさい」厳つい顔のオバサンが私に見せた物はビニール製の透明バッグで、中にはバイブやロープ・コンドームなどが入っています。それとB5サイズの用紙にマジックで『露出狂女を調教中‥ご自由に犯してください』と書かれていました。オバサン達に体中を触られ鳥肌が立っている私に一人のオバサンがバイブを唸らせながら膣穴に挿入してきます。別のオバサンはロープを腰に巻付け股の間を通してバイブを固定してきました「サぁ!これでよし‥行きましょうか」再び目隠しをされ股ぐらにバイブを突っ込まれた私を残してオバサン達は口々に笑い声と馬鹿にした言葉を残し立ち去って行きました。嫌でもバイブに反応してしまう身体をくねらせながら、時間だけが通り過ぎました。次に聴こえて来た音はバイクのけたたましい爆音でした。枝を倒しながら近付いて来ます。
私(裕子)が全裸のまま木の枝に両手を吊られ数時間がたった頃です。バイクの爆音が響き私を取り囲むように走り続けています。私にとって目隠しをされ誰かも判らない人達に取り囲まれる恐怖心は今でも忘れられない出来事です。暫くしてバイクの爆音が停まり男達の話声が聞こえてきました「見ろよ!ホンマに吊るされてるぞ」「早く犯っちまおうぜ!」何本もの手が私の体を這い回ってきます「お願いです‥助けて‥」私の言葉に笑い声だけが返ってきました。男が目隠しを剥ぎ取るように外し私の顔を覗き込みました。まだ若い男達で、今でも皮ジャンと金髪の印象が記憶に焼き付いています。背後の男の手がお尻の溝を撫で、オマンコに挿入されていたバイブを掴むと上下に動かします「アッ!‥」咄嗟に腰を振りましたがガッチリ羽交い締めにされ全ての自由を奪われました「アンタ‥ど変態なんだろ!」男達5人に罵倒され体中を触られる私は言葉を失いました。背後の男が太股を開きバイブを引き抜くとチンポを挿入してきます。既に膣穴は濡れヌルッと私の意思には関係無く受け入れてしまいました「イヤッ‥ゴムを着けて‥」吊るされた木の枝が激しく揺れ、男達の興奮も高まっています。私の願いとは裏腹にオマンコに中出しされると、膣穴からドロリと精液が垂れ落ちました。両手の紐を外された私は、男達の眺める前で正座を強制され「裕子の体を‥自由に犯して下さい‥ご主人様!」と言わされていました「ご主人様!だってさ‥」男達の笑い声と罵倒の言葉が響き渡りました。私は四つん這いで口とオマンコに男達のチンポを受け入れ、夥しい量の精液を受け入れました。成熟した乳房は男達の手形で赤く腫れ上がり、それでも容赦なくチンポを挟みパイ擦りを強制されました。私は徐々に意識を失いかけ我慢していたオシッコをしてしまい挿入中の男に飛沫を飛び散らしました「この野郎!」笑い声が響き渡るなか、恥をかいた男は私に平手打ちを浴びせ、だらしなく口を開いたオマンコに拳を挿入して犯しました「ウッ‥!」泣いても藻がいても続く拷問とレイプで私の胎内は男達の精液で溢れ、挙句にはアナルにも挿入されていました「そろそろ行こうぜ」やっと解放されると思った私の体に暖かいモノが注がれ始めました。一人の男が私の乳房を目掛けオシッコをしています。それに誘われるように他の男達も私を取り囲むようにチンポを出してオシッコを降り注ぎます。(裕子は男達の公衆便所女

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2013年12月20日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校で】合宿で…part1【エッチ】

私は特にその子の事を同性愛者だと思った事はないし、普通の友達だとおもってた…
(はぁ~みんな寝ちゃった…ヒマだなぁ~)
(もう私も寝よ♪)
布団に入った途端、
キィ…とドアの音が聞こえた。
やば、見回りの人?
すると、ギシッギシッと階段をのぼる音が聞こえた。
(えっ!?こっち来る!!)
ボフッ!!
(!?)
(誰…!?)
怖くて寝たふりをしていた。
…どうして私の上に覆い被さって…
スゥーと寝ている感じに息を吸うと、相手が寝ていると確認したのか私のパジャマのボタンを一つ一つ外していく…!
(嫌っ怖い!!)

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2013年12月20日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談

【浮気】女友達のお願い SとM【不倫】

ゴールデンウィークも終わり、普段の生活に戻った。
休日中は、俺の両親が「泊まりに来い。」と俺達家族を招待していたので、
この時だけは俺自身も実家に泊まらされる羽目になり、自由と言うものは全く無かった。
それに仕事で休みなど無かったせいか余計にストレスが溜まっていた。
俺はずっとA美の事を思っていた。
彼氏とどうなったのか凄く気になっていた。
ゴールデンウィークが明けた日の昼休みにA美からメールが入った。
「電話してもいい?」
俺はこの日は現場に入っていて電話が出来る状態では無かったので、
「ごめん。現場に入っているから今は無理。」とメールを返信し、
ものの30秒もしない内に「了解です。」とA美からの返信メールが入った。
「やはり駄目だったんだな。」とたったこれだけのA美からのメールでそう悟った。
はっと思い出したように俺はメールをし直す。
「今日から4日間現場に入るからその後俺から連絡する。」
本当にメールは面倒臭いので嫌いだ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月14日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【学校で】双子の姉妹を性的にいじめ その5【エッチ】

2年の冬。この日は私らと双子で街へ遊びに行った。
今日は双子には服装の指定をしていない。
ただ、普通に遊びに行くから気合い入れておしゃれしてくるようにだけ言った。
待ち合わせ場所の駅前に姉弟が来る。いつもより明るい表情だ。
お揃いの丈の長いコートを着ている。
普段学校に着てくるのとは違う、おしゃれでデザインのいいコートだ。
お揃いのデザインなのは、性別が分からないようにするために私らが選んだからだ。
姉はうっすらと化粧していて、弟とそっくりな顔なのにより女らしい。
私らは駅の広い障害者用トイレに全員で入ると、姉弟に着替えするから服を全部脱ぐように言った。
弟は「今日は普通に遊びに行くんじゃないんですか?どうして服を脱ぐんですか?」と珍しく口答えをしたが、
ビンタして「いいから脱ぎなさい」と叱りつけた。姉弟は不思議そうな顔をしながらも服を脱いでいく。
姉弟が服を脱ぐたびに私らが受け取る。この日は生意気にも下着までつけていた。
姉の下着は彼氏とのデートに着て行くような勝負用と言うかかなり気合の入った大人っぽい下着。
「やだあ、普通に遊びに行くだけなのにこんなの着けて。あんた男でも誘うつもりだったの?」と冷やかす。
弟はTシャツとトランクス。「女のくせに色気がないね。男の下着着てちゃだめでしょ」と馬鹿にする。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月14日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談
10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

このページの先頭へ